ニットコートとは

ニットコートとは

ニットコート

ニットコートとは

 

ニットコートとは、ニットで出来たコート丈のアウターです。
セーターコートという呼び方もあります。
腰を覆うぐらいのショート丈が多いですが、中にはロング丈も見かけます。
デザインは様々で、ピーコートやダッフルコートのように仕立てたものも人気です。

 

ニットコートの着こなしはこちら

 

ニットコートの素材

 

ウールやカシミヤで出来た毛糸から編まれるニットコートは上質で高価ですが、
アクリルなど化学繊維で作られたものが一般的で低価格なものもあります。

 

ニットコートの主な模様

 

ニットには様々な模様や編み方がありますが、そのうち代表的なものは以下の通りです。

 

【ケーブル編み】
縄のような模様が浮き出す編み方です。
アランセーター、フィッシャーマンセーターでもよく見かけます。

 

【カノコ編み】
ポロシャツの生地の表面のように、鹿の子の背中模様のような網目のことです。
総カノコのニットコートもあれば、ケーブル編みと合わせたタイプもあります。

 

【ノルディック柄】
北欧の伝統的な模様で、トナカイやもみの木などをモチーフに使用されます。

 

【フェアアイル柄】
多色使いの幾何学模様が特徴できです。雪の結晶模様を良く用います。

 

ニットコートのお手入れ方法

 

ニットコートは表面が柔らかで、日常の防寒着として最適ですが、デリケート
なのでお手入れ方法に気を付けなくてはいけません。まず、長持ちさせるため
には連日で着用しないことです。1日着たらホコリをはらって、湿気を取るため
に陰干ししましょう。

 

また、虫喰いにも最も弱い繊維なので、防虫対策をしなくてはいけません。
特にウールやカシミヤは虫が付きやすいので、要注意です。アクリル製でも汚れが
付いていると虫喰いができるので、保管するときには清潔にしてから防虫剤を置きます。

 

肩崩れしやすいので、表示に従って手洗いするかドライクリーニングが鉄則です。
乾かすときにも水分の重さで崩れてしまわないように、バスタオルで水分を拭き
取ってから形を整え、日陰に干します。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ニットコートとは関連ページ一覧

コートとは
通勤・通学など、外気から体や服を保護するために欠かせないコートですが、用途やデザイン、素材は様々、冬のファッションにも欠かせません。コートにまつわる話、知識などについて色々と解説しています。
ダッフルコートとは
学生のコートのイメージがあるダッフルコートですが、そのデザインや素材は多様化していて、コーディネートもアレンジしやすくなっています。ダッフルコートの様々な情報について解説しています。
ピーコートとは
軍服として始まったピーコートは日本でも定番のコートとして愛されており、素材もデザインも非常に多様化しています。全年代で着こなすことができるピーコートの情報について、色々と調べてみました。
トレンチコートとは
通勤のときに便利なアウターといえばトレンチコートです。いまや普遍的ともいえるファッションアイテムの一つで、年齢問わず着こなすことができます。トレンチコートのことについて、色々と解説しています。
モッズコートとは
ミリタリーのイメージが強いモッズコートですが、カジュアルファッションに広く活用されている冬の定番アイテムです。モッズコートの素材やディテールについて、解説しています。
ステンカラーコートとは
トレンチコートと並んで、定番のコートとして広く親しまれているのがステンカラーコートです。通勤着として愛用している人も多く見かけますね。ステンカラーコートの素材や由来について、色々と解説しています。
デニムコートとは
デニムコートは着ている人がそれほど多くはないので、カジュアルファッションに差を付けたい時には便利なあり手無です。デニムコートの素材や選び方など、様々な情報について解説しています。
キルティングコートとは
このところ、ブリティッシュトラッドを愛する人を中心に、キルティングコートの人気が高まっています。そんなキルティングコートの素材やティテールなどについて、詳しく解説しています。
ウエストコートとは
ファッションでは、同じアイテムでも時代や国によって呼び方が異なります。ウエストコートもその一つで、様々な呼び方をされます。ここではウエストコートについて説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP