ダッフルコートとは

ダッフルコートとは

ダッフルコート

ダッフルコートとは

 

ダッフルコート【duffel coat】とは、北欧の漁師が着用していた上着が
元になっている厚手のコートのことです。非常に防寒性に優れています。
ダッフルコートの最大の特徴のトッグルという独特の木製ボタンは、かじかんだ
手や手袋をした手でも留め外しができやすいように工夫されています。
前合わせも右上、左上と自由に入れ替えられます。

 

ダッフルコートの着こなしはこちら

 

ダッフルコートの素材

 

寒さの厳しい北欧で着用されていたので、保温性の高い素材を使用します。
最も多く使用されているのが、メルトンウールです。メルトンウールは仕上げに
縮絨(しゅくじゅう)を行い表面が毛羽立っているので、風を通しづらく保温性
に優れています。ポリエステル、フリース、ヘリンボンウールなども見かけます。

 

また、独特の形をしたトッグルも、木製だけでは無く水牛の角を使用する場合
もあります。トッグルを止める紐の素材も、麻、革などがあります。

 

ダッフルコートの歴史

 

元々は北欧の漁師の仕事着とされていますが、ダッフルコートが世の中に広まる
ようになったきっかけは第二次世界大戦時にイギリス海軍で採用されたことです。
軍放出品として一般に流れたことで、徐々に広まり始めました。
また、イギリス海軍のモンゴメリー将軍がキャメルのダッフルコートを愛用していた
ことでも知られています。

 

大人のダッフルコートの着こなし

 

ダッフルコートはどうしても学生用のコートのイメージがありますが、元々は
漁師、軍人の防寒具ですから着こなし次第では大人でも着ることができます。
オフホワイトのフィッシャーマンセーターにダッフルを合わせるのは、定番の
コーディネートです。

 

また、トッグルが角製で紐がレザーなら高級感があり、大人のスタイリッシュな
スーツの上に合わせてもかっこいいですね。やはりイギリス人はダッフルの着こ
なしが上手なので、映画などで着こなしを参考にするのもいいかもしれません。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ダッフルコートとは関連ページ一覧

コートとは
通勤・通学など、外気から体や服を保護するために欠かせないコートですが、用途やデザイン、素材は様々、冬のファッションにも欠かせません。コートにまつわる話、知識などについて色々と解説しています。
ピーコートとは
軍服として始まったピーコートは日本でも定番のコートとして愛されており、素材もデザインも非常に多様化しています。全年代で着こなすことができるピーコートの情報について、色々と調べてみました。
トレンチコートとは
通勤のときに便利なアウターといえばトレンチコートです。いまや普遍的ともいえるファッションアイテムの一つで、年齢問わず着こなすことができます。トレンチコートのことについて、色々と解説しています。
モッズコートとは
ミリタリーのイメージが強いモッズコートですが、カジュアルファッションに広く活用されている冬の定番アイテムです。モッズコートの素材やディテールについて、解説しています。
ステンカラーコートとは
トレンチコートと並んで、定番のコートとして広く親しまれているのがステンカラーコートです。通勤着として愛用している人も多く見かけますね。ステンカラーコートの素材や由来について、色々と解説しています。
ニットコートとは
秋冬のメンズファッションに一味加えたいなら、ニットコートが最適です。ファッションに敏感な人ならすでに抑えていますが、そんなにっとコートの様々なお役立ち情報について、詳しく解説しています。
デニムコートとは
デニムコートは着ている人がそれほど多くはないので、カジュアルファッションに差を付けたい時には便利なあり手無です。デニムコートの素材や選び方など、様々な情報について解説しています。
キルティングコートとは
このところ、ブリティッシュトラッドを愛する人を中心に、キルティングコートの人気が高まっています。そんなキルティングコートの素材やティテールなどについて、詳しく解説しています。
ウエストコートとは
ファッションでは、同じアイテムでも時代や国によって呼び方が異なります。ウエストコートもその一つで、様々な呼び方をされます。ここではウエストコートについて説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP