島根 原付 旅行

島根県へ50cc以下の原付旅行に行った時の服装 体験談(9月)

島根県へ50cc以下の原付旅行に行った時の服装 体験談(9月27日)

9月27日頃に島根県の益田⇒出雲⇒宍道湖というルートで原付旅行に
行きました。原付を持っている友人と原付で貧乏旅行に行きたいと思い、
なけなしのお金で原付をレンタルし、旅行に行きました。

 

私は現在山口県に住んでいるので、隣の島根県なら原付でも行けるのでは
ないかと考え、友人と2人で行きました。服装としては転んだときのことを考え、
長袖シャツとカーゴパンツでした。

 

友人は原付で走ることができればそれで良いという人だったので3日間ひたすら
走り続けました。距離にすると700kmでしたが、その3日間でかなり日焼けしました。

 

日焼けをすると火照って暑いとも思えるのですが、いざ原付で走ると寒いという
状況に困りました。また日中と夜の寒暖差が激しく、夜に走っていたときは薄い
長袖シャツでは寒かったです。

 

寒さで歯をガチガチといわせながらも走り続けました。また貧乏旅行なので3日間
野宿でしたが、薄手のジャージ上下で寝袋で寝ると、起きてから鼻水が止まらなく
なりました。私はそのとき初めて原付に乗ったので寒さが想像できませんでした。

 

しかし友人は寒くなることを想定していたようでヒートテックを持ってきていました。
友人曰く早朝や日没後はヒートテックを着用していてちょうど良かったらしいです。
ちなみに周辺で見たバイクに乗っている人たちは革製の上着を着ていました。

 

そんな寒さを体感しながら700km無事走破しました。

 

(23歳 男性 山口県在住)

 

 

 

中国地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP