宮島 服装 10月

広島県廿日市市の宮島へ行った時の服装 体験談(10月)

広島県廿日市市の宮島へ行った時の服装 体験談(10月)

10月15日に、広島県廿日市市の宮島に行って参りました。少し早いとは思いましたが、少しずつ山も色づいてきたとのことでしたので、世界遺産である安芸の宮島の紅葉を観ること、厳島神社に参拝することを目標にしておりました。

 

とてもいいお天気に恵まれ、広島市内から約30分電車に乗ってフェリーに乗りました。宮島がフランスのモンサンミッシェルと姉妹都市になったことを初めて知りました。船酔いが酷い私は、フェリーに乗るのがとても心配でしたが、ほとんど揺れもなく、約20分ほどで宮島に到着しました。

 

宮島に降り立ち、名物の牡蛎、穴子、もみじ饅頭などを食べ、腹ごしらえをした後に紅葉谷公園まで向かいました。ですが、この年は例年よりもとても気温が高く、紅葉はとてもキレイで荘厳な雰囲気なのですが、厚手のニットにストール、デニムパンツにムートンブーツでは、暑すぎました。

 

山登り気分でヒールのないムートンブーツを選択したまではよかったのですが・・・。沢山間食をしてしまったので、お夕食までにカロリーを消費したいとは思っていたのですが、あまりにも暑すぎました。道行く観光客の方々も口々に、「暑い、暑い!」とおっしゃっていました。地元の方たちは半そででしたので、観光客と地元の方が一目でわかるほどでした。

 

この時期に宮島に行かれる際には、脱ぎ着のしやすい服装で行かれることをお勧め致します。厳島神社等,平坦地を歩かれる分には問題ないかもしれませんが。しかしさすが世界遺産。宮島は素晴らしいところでした。

 

 

 

中国地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP