出雲 服装 12月

島根県出雲大社へ参拝に行った時の服装 体験談(12月)

島根県出雲市へ出雲大社参拝に行った時の服装 体験談(12月21日)

師走の忙しい時期に当時学生だった私は、一人旅をしようと思い電車で
島根県出雲市に向かいました。目的は出雲大社と、あと鉄道好きの私と
しては廃止になった大社線の線路跡をこの目で見ておきたいという、今と
なっては「何もこの時期に・・」という感じの旅行でした。

 

当然思いつきの旅行なので、荷物の中身もあまり考えてなく普段着ている
服を適当に詰めて電車に乗りました。電車の中は異常なぐらいに暖かくて、
自分が持ってきた服でさえも「ちょっとオーバーかな」と感じたほどでした。

 

ですが、電車が九州を抜けて本州に入ったあたりから、電車の窓越しに
普段あまり南国では見かけることのない雪がちらつき始め、出雲に着いた
時には銀世界でした。

 

この時ほど後悔したことはなかったです、「もっと厚手の服を持ってくるんだった」
と。それから私は旅行に行く際には、必ず旅行先の気温と今住んでいる場所
の気温との差を確かめるようにしています。

 

あとかならずパーカーとかダッフルコートなど、上から羽織れる物を持っていくよう
にしています。最近はネックウォーマーもいいアイテムだと思います。

 

(41歳 男性 鹿児島県在住)

 

 

 

中国地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP