長野 服装 5月

長野県長野市へキャンプに行った時の服装 体験談(5月)

長野県長野市へキャンプに行った時の服装 体験談(5月)

5月5日頃に長野県長野市にキャンプ目的で行きました。服装は寒いかと思い長袖シャツとロングスカートの下にスパッツ、厚手靴下、山靴をはいていきましたが、市内は太陽を直にあびるせいか思いのほか夏日のような気温だったので車の中でもとても暑かったです。

 

最近は長野もこの時期は暑いという事を後から聞きました。なので半袖になれる格好で行けばよかったかと思います。しかし、そこからキャンプ場(野尻湖)の方へ向かうと長袖でも少し寒く、一枚マウンテンパーカー(はおりもの)をもっていったので重宝しました。

 

バンガローなので眠るときは寒さは気になりませんでしたが、キャンプ場ではみなさんやはりはおりものを持っている方が多く、気温の変化に対応できるような服装でした。野尻湖はとても気持ちのいい場所で空気もよく、なんといっても朝にはまだ雪の残るアルプスを見れたのが素晴らしかったです。

 

空気がおいしいの外で飲むコーヒーは最高の一杯でした。早朝散歩されている方もたくさんいて、夏には外国人の方がたくさんきて避暑地としてにぎわうそうです。また夏になったら行きたいと思います。

 

(32歳 女性 神奈川県)

 

 

 

中部地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP