駒ケ岳 服装 8月

長野県駒ケ岳・千畳敷に観光旅行した時の服装 体験談(8月)

長野県駒ケ岳・千畳敷に観光旅行した時の服装 体験談(8月19日)

8月19日、長野県駒ケ根市から駒ケ岳ハイウェイを専用路線バスで登り
ロープーウェイしらび平駅(標高850M)よりロープーウェイで千畳敷駅(標高
2612M)まで一気に登って千畳敷カールを観光旅行したとき、ポロシャツ・
チノクロスパンツ・スニーカーという服装で行きました。

 

駒ケ根は真夏ですので午前9時頃体感気温30度ほどで標高2612Mの
駒ケ岳・千畳敷が気温14度と気温差が15度ほどあり、空気がひんやりして
うっすら寒く感じました。

 

軽いタイプ薄手のジャケットかジャンパーがあった方が良いとおもいます。千畳敷
カールー近辺は観光散歩コースがあるので山道を滑らず歩けるスニーカーは必須
です。間違っても皮靴やヒールがある靴は避けてください。

 

またその観光散歩道は割合高低差があり、コースの長さも思ったより距離が
あるのでズボンも出来るだけ動きやすいものを履いていって下さい。

 

(49歳 男性 愛媛県在住)

 

 

 

中部地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP