清里,服装,9月

山梨県清里に一週間アルバイト行った時の服装 体験談(9月)

山梨県清里に一週間アルバイト行った時の服装 体験談(9月)

9月1日から1週間程度、山梨県高根町の「清里」に行きました。
ロッジの管理人のアルバイトのためです。友だちに頼まれて
リゾート地だし、少しゆっくりできるかなと思って引き受けました。

 

9月とはいえ、灼熱の東京。避暑地とはいえ現地もまだまだ暑いと
いうことで都心とあまり変わらない服装でいきました。Tシャツ、半ズボン、
裸足、サンダル。一応荷物の中には長ズボンもいれていきました。

 

電車を乗り継いで現地に着いたところ、やはり暑い。空気はからりと
していますが日差しがとても強くこんな服装で正解だと感じました。

 

ロッジについてひと通り仕事を教えてもらい、掃除、食事のお手伝い
などなどをし初日を終えました。最後のお風呂をいただいてあとはもう
寝るだけ。そのときに感じました。「猛烈に寒い!」。Tシャツと半ズボン
ではとてもいられません。

 

あとで聞いたら日が沈んでから急に気温が下がるそうです。長袖の
Tシャツをせめてもってくるべきでした。しかも寝間着として用意して
いたのもこの服装。毛布1枚ではとても寝られませんでした。

 

関東近郊の避暑地に行く場合は、朝晩の寒暖の差に気をつけてください。
冬用、とまでいかなくても最低気温を調べてそれに合った服装を準備した
方がいいと思います。自分は結構暑がりな方なのですが寒さにかなりやら
れました…。

 

 

 

中部地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP