安曇野 服装 6月

長野県安曇野市旧豊科へ法事に行った時の服装 体験談(6月)

長野県安曇野市旧豊科へ法事に行った時の服装 体験談(6月2日)

6月2日頃、法事があり、長野県は安曇野市、旧豊科へといってきました。

 

三千m級の北アルプス連峰と、千m級の山に挟まれた盆地でもあり、豊科に
着いたのがまだ暗い朝方、車の中ではTシャツと長袖の上着をめくっていましたが、
さすがに外に出るときには長袖にしないと寒さを覚えました。

 

法事の日は梅雨入り前の少々蒸し暑い日でもあり、礼服の上着を姿では少々
暑さを覚えるほどで、これも盆地ならではなのかもしれません。

 

その後、山間の墓地で墓参りをし、精進落としの食事場所へと向かい、古い古民家
でもあってYシャツ姿であれば過ごしやすくかったのですが、庭に出るときなどはYシャツ
でも少々暑さを覚えるほどでした。

 

その後、1泊して翌日に帰路につきましたが、やはり盆地でもあり、夜は結構寒くなり
長袖でないと寒さを覚えるほどです。

 

この時期であれば、半袖と上に着る長袖の上着などがあれば事足りると思いますが、
重ね着や長袖の上着などがあれば、気温の変化にも対応できると思います。

 

(53歳 男 千葉県在住)

 

 

 

中部地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP