中部地方 旅行 服装

中部地方へ行った時の服装 体験談

中部地方へ行った時の服装についての体験談

中部地方にある八方池

このカテゴリでは、中部地方に行く時の服装について迷っている方の参考材料になるよう、実際に行ったことがある方の体験談を募集し掲載しています。

 

中部地方に行く予定のある方はぜひ確認してみてください。

 

※気温は「時間帯、天気、標高、場所、風速」などの影響で
変わることも視野に入れながら、服選びをしてみてください。

 

体験談一覧

長野県軽井沢町へ旅行に行った時の服装 体験談(5月)
前日まで東京は暑かったので、上は長袖Tシャツ1枚、下はジーンズという恰好で行きました。軽井沢までは新幹線で行ったのですが、駅に降り立ってからの印象は「案外涼しい」でした。
長野県軽井沢へ行った時の服装 体験談(6月)
軽井沢駅で電車を降りると、陽射しが強く暑いことは変りありませんでしたが、風が涼しく、日陰に入ると、日光があたっている場所とかなり温度差がありました。
長野県軽井沢へ行った時の服装 体験談(8月)
自転車を乗りたいのにカジュアルな服を用意してこなかった。という人は結構います。結果、動きづらい、シワがつく、など悩みます。なので、散策希望の人は気軽な服で行って良いかと思います。
長野県軽井沢へ行った時の服装 体験談(9月)
標高の高い場所へ旅行へ行くとき、または台風があった次の日などは天気予報で詳しく気温の予想を見ておいた方がいいと思いました。
長野県軽井沢へ行ったときの服装 体験談(11月)
昼間はそんなに寒いということはなく、マフラーも不要でしたが、ダウンジャケットでちょうどいい感じ。朝、ホテルの近くを散歩したときには、マフラーも巻きました。
長野県長野市の善光寺へ行った時の服装 体験談(1月)
寒いというより、痛いです。私も長野県在住ですが、地域によって気候がだいぶ変わります。軽井沢などのほうが寒いですが、それでも東北や新潟に近い寒さを感じました。
長野県長野市戸隠村に観光旅行に行った時の服装 体験談(9月)
午前9時頃、駐車場で車を降りたとき、気温は20℃で長袖シャツだけでは少し肌寒い感じがしましたが、日差しが強くすぐに暑くなりそうな感じでした。
長野県志賀高原に彼女とスキーに行った時の服装 体験談(1月)
昼間はスキーをするのでスキーウエアを着ます。滑っていると風が冷たい風が当たりますので、防止とゴーグルは絶対に必要です。また志賀高原の風はほかのスキー場と違います。
長野県茅野市へ観光旅行に行った時の服装 体験談(4月)
霧ケ峰高原まで行くと標高はさらに高くなります。私が霧ケ峰高原を訪れた時は、曇り空だったため肌寒く感じられました。さすがに長袖シャツ1枚では辛くなってきたので、上にフリース生地のジャンパーを羽織りました。
長野県長野市へキャンプに行った時の服装 体験談(5月)
半袖になれる格好で行けばよかったかと思います。しかし、そこからキャンプ場(野尻湖)の方へ向かうと長袖でも少し寒く、一枚マウンテンパーカー(はおりもの)をもっていったので重宝しました。
長野県安曇野市旧豊科へ法事に行った時の服装 体験談(6月)
三千m級の北アルプス連峰と、千m級の山に挟まれた盆地でもあり、豊科に着いたのがまだ暗い朝方、車の中ではTシャツと長袖の上着をめくっていましたが、さすがに外に出るときには長袖にしないと寒さを覚えました。
長野県と富山県の県境、立山アルペンルートに行った時の服装 体験談(7月)
山頂へ向かうにつれ、さすがにひんやりしてきました。それでも天気が良かったせいか、半袖でも十分に過ごせました。このアルペンルートは様々な乗り物を乗り継ぐので、はやりスニーカーを履いて、動きやすい服装にしておくと良いと思います。
長野県伊那市へ保養目的で行った時の服装 体験談(8月)
長野と言えば夏でも涼しいイメージがあり、実際に泊まった民宿にはエアコンの類いは付いていませんでした。真夏だと子供達は肌着は着ずにTシャツなど一枚で過ごしますが、念の為肌着を用意。
長野県諏訪市へ霧ヶ峰に行った時の服装 体験談(8月)
まるで冬山の様な感覚すらしたのを覚えています。季節が真夏であっても高い山へ足を運ぶ時には是非長袖長ズボンをお勧め致します。もっと言うのであれば軽めのダウンジャケットもあれば正解かなと思います。
長野県駒ケ岳・千畳敷に観光旅行した時の服装 体験談(8月)
軽いタイプ薄手のジャケットかジャンパーがあった方が良いとおもいます。千畳敷カールー近辺は観光散歩コースがあるので山道を滑らず歩けるスニーカーは必須です。
長野県・上高地に行った時の服装 体験談(9月)
昼間でもパーカーが手放せない程の気温であった。平野部の気温からマイナス8〜10度くらいであったと思う。また、夕方になると急に冷えてきて暖房が必要になる程である。
長野県諏訪市へ友人達とオフ会に行った時の服装 体験談(10月)
夕刻になるにつれて気温は前日よりもグングンと落ち、あっという間に自分の服装では耐えられない気温となってしまいました。荷物になるからと上着を持ってこなかった自分を悔やんだ次第です。
長野県白馬村へボルダリングに行った時の服装 体験談(10月)
おそらく、ロングTシャツ辺りがベストだったかもしれません。朝夕は流石に寒く、10度を切っていましたので、フリースぐらいが、ちょうど良かったです。
長野県白馬村へスノーボードに行った時の服装 体験談(12月)
一日我慢して次の日はさらに服を着込んで滑りました。皆さんもスキー場に行く時は可能であれば暑いと思えるくらい着込んで、暑い時には上着を開けて滑るとちょうどいい感じになると思います。
長野県松本市の美ヶ原高原美術館付近で星を見に行った時の服装 体験談(10月)
山頂の人の格好も非常に身軽な装いでしたがとても長袖一枚な自分たちではなかなか耐え難い温度で5分もしないうちに車に駆け込まざるをえないぐらいに寒い思いをしたのを覚えています。
長野県松本市へ観光に行った時の服装 体験談(12月)
夜になると風が出てきて、雪もぱらついてきたので、さすがに寒くなり、マフラーをしてしのぎました。現地の人たちも完全に冬の服装で街中を歩いていました。
長野県上田市美ヶ原高原美術館に観光旅行に行った時の服装 体験談(10月)
美術館に着くと、想像していた以上の寒さでした。まだ10月下旬とはいえ、さすが山の気候は平地とは違いました。展示は屋外が大半なので、早速購入したジャケットを着用しましたが、それでちょうど良かったです。
長野県松本市美ヶ原へ山歩きに行った時の服装 体験談(11月)
現地では車でかなり高度を上げたせいか、街では感じなかった冷気がはっきりと分かるほどで、ジャケットではなくもっと厚手の真冬に使うようなロングコートが欲しくなる程でした。
長野県伊那市にある友達の家に遊びに行った時の服装 体験談(12月)
友達も寒いと言っていたのでダウンの下にTシャツとヒートテック、厚手のスエットとスニーカーという組み合わせで行きました。ニット帽も持っていったんですがあって良かったです。
長野に続く飯田線の果てまで一人旅に行った時の服装 体験談
帰りは濡れたTシャツは脱いで長袖のカッターシャツを直で来てその上にジャンパーを羽織ました。長野の高地に行けば行くほど気温が下がるので、始発駅の豊橋駅からはだんだんと気温が下がっていきます。帰宅してすぐに寝こみました。
石川県金沢市にグルメ旅行に行った時の服装 体験談(2月)
雪国ではありますが、気温が高めなので、雪はかなり水分を含んでいて、また融雪機が設置されているので、足元はしっかりとした防水性の靴がいいと思いました。
石川県金沢市へ観光に行った時の服装 体験談(3月)
当日こちらを出発するときは良かったのですが現地に着いたら昼から雪が降り出し桜に雪が積もりました。結局寒すぎてホテルから殆ど出掛けませんでした。
石川県七尾市に温泉旅行に行った時の服装 体験談(4月)
私たちは完全に日本海側の気候をなめていました。荷物との兼ね合いで服装を軽くすることはよくあるかと思いますが、今後はより注意して旅行に行きたいと思いました。
石川県加賀市へ温泉とウルトラマンランドに行った時の服装 体験談(8月)
日中は非常に暑くデニムを履く余裕などなく、ハーフパンツでちょうどよかったです。ハーフパンツが苦手な人は綿製のパンツなどがいいと思いました。
新潟県南魚沼郡湯沢町へスキーに行った時の服装 体験談(1月)
スキーを始めると当然のように汗をかきますから、発熱性のあるシャツを何枚も持って行っていたため着替えをして体が冷えるのを防ぐようにしていました。
新潟県六日町へスノーボードに行った時の服装 体験談(2月)
普段東京で着ている格好にさらに、一枚多く着ていないと寒くて震えてしまう気温でした。保温性が高い薄手のシャツはほとんどの人が着ていたと思います。
新潟県神立高原へスキーに行った時の服装 体験談(3月)
リフトやゴンドラを使って上のほうに来るとかなり寒く、吹雪になっていました。口のあたりを覆うマスクのようなものがあるのですが、それを持ってくるのを忘れてしまい、スキーを滑って降りてくるのは顔が痛くて寒くてけっこうきつかったです。
新潟県南魚沼郡湯沢町に家族旅行に行った時の服装 体験談(8月)
周りを山で囲まれているだけあって、夏はかなり暑く、私は川遊びもできるよう、Tシャツに五分のジーンズ、サンダルといった服装でこのホテルへ向かいました。
新潟県奥只見へキャンプに行った時の服装 体験談(10月)
ここは日本でも有数の豪雪地帯で夏でも毛布が必要なほどであることを次の日に近くの人からの話で聞きました。この時期にキャンプをする人はほとんどいないともいっていました。
新潟県津南町へ家族旅行に行った時の服装 体験談(11月)
スニーカー、カーゴパンツ、シャツに簡単なフリースという服装で行ったのですが、おもったよりも標高が高く、また風が強かったためハイキング中は寒い思いをしてしまいました。
山梨県の河口湖へ湖上祭を見に行った時の服装 体験談(8月)
富士山のふもとですから、多少涼しくなるだろうと思っていましたが予想以上でしたね。娘は持っていった薄い上着ではまだ寒そうだったので、その場でジャンバーを買いました。
山梨県清里に一週間アルバイト行った時の服装 体験談(9月)
最後のお風呂をいただいてあとはもう寝るだけ。そのときに感じました。「猛烈に寒い!」。Tシャツと半ズボンではとてもいられません。あとで聞いたら日が沈んでから急に気温が下がるそうです。
山梨県南都留郡富士河口湖町へ富士山の観光旅行へ行った時の服装 体験談(10月)
。日差し予防に持っていった、普通のツバ広帽子は日差しを避けるためよりも寒さを緩和させることに役立っていました。10月の富士山は想像以上に寒い、もっと暖かい恰好で来ればよかったなぁと思いました。
山梨県清里に紅葉狩りへ行った時の服装 体験談(秋)
丘の上で紅葉を眺めながらホノボノお昼でもと計画してましたが、実際は罰ゲームさながら鼻水をズルズル・奥歯はガチガチと寒さを我慢しながらの食事でした。
岐阜県郡上市ひるがの高原へスキーに行った時の服装 体験談(1月)
当日はスウェットを1枚中に着込んでいました。スキーウェアなので保湿性や保温性が高く暖かい熱が内側にこもりっぱなしで滑っていないと気持ちが悪いくらい暑かったです。
岐阜県ダイナランドへスキーに行った時の服装 体験談(2月)
スキー旅行はスキーをした後の服装を、どのように解放的にできるかが大事だと感じました。スキー後は温泉に入りました。下着類は間違いなく着替えますし、忘れやすいのは靴下です。
岐阜県高山市にキャンプへ行ったときの服装 体験談(7月)
予想を大きく上回る寒さで、持ってきていた服だけではとても寝られませんでした。その日の夜は車に積んであった毛布と代えのシャツをさらに着込んで、ようやく寝られるようになりました。
岐阜県垂井市へ旅行に行った時の服装 体験談(8月)
北海道在住の私たちには岐阜の8月はとても蒸し暑く、私はTシャツにデニムでサンダルというとてもラフな格好でしたがそれでも暑かったです。そして日差しが強く、帽子も必需品だと感じました。
岐阜県飛騨市へ旅行に行った時の服装 体験談(9月)
山は寒いとは聞いていたので念のため軽いジャケットを持って行っていたのでそれを着ずにはいられませんでした。しかしそれでもかなり寒かったので厚手のジャケットを持っていくことをおすすめします。
愛知県稲沢市に会社の出張に行った時の服装(7月)
ビジネススタイルでもノーネクタイの人達が多かったです。また手にネクタイや上のスーツが入った袋を持っていたので客先でつける形を取っていたのだと思います。
愛知県名古屋市へ旅行に行った時の服装 体験談(12月)
服装に関して思ったことは、重ね着できるようにしておくべきということです。微調整はどうしても現地で必要になってくると思います。脱着しやすいように、複数用意しましょう。
愛知県長久手町へ現地調査に行ったときの服装 体験談(12月)
早朝の明け方などは濡れていたりして滑りやすくて苦労した記憶もあります。ざっくりまとめると、名古屋の町中だと思わず、風の強い内陸を想定して準備をまとめると安心だと思います。
富士登山に行った時の服装 体験談(8月)
登っている間、何時間も雨に打たれるので水が浸みてくると非常につらいです。晴れ間はたった一度だけで、他はずっと雨の中を登り、8合目の山小屋に着きました。
静岡県伊豆市へ旅行に行ったときの服装 体験談(3月)
カーディガンを脱ぐとちょうど良い温度でしたので、温度調整ができる服装で行くのがベストだと思います。観光地ではまだコートを着込んでいる人が多く見受けられました
静岡県裾野市のサファリパークに行った時の服装 体験談(5月)
サファリパークは山の方にある・・・というのを忘れていました。日中はそれでも朝より気温が上がってきて少しは過ごしやすかったけれど、服装を間違えたことにその日一日悩み、いつもよりは楽しめなかったのを覚えています。
静岡県の富士山へ観光で行った時の服装 体験談(7月)
五合目まで着いてみると、我々のような軽装の方々はあまりいませんでした。多くの方が、登山用の防寒服とパンツと夏なのにこの厚着は無いのではないかと思わせる服装で、靴もザイルのついたものを履かれていました。
静岡県伊豆市へ行った時の服装 体験談(10月)
日中に観光等で動き回るのであれば、Tシャツの替えもあれば思い切り動き回れると思います。夕方に行った足湯では、マウンテンパーカーやジャケット等の軽いアウターを着ている人が多かったです。
静岡県伊豆市へ旅行に行った時の服装 体験談 (11月)
山の天気は変わり易いというので、山へ旅行へ行こうと考えている方は、ダウンジャケットやコート等の厚着の上着と、あとは急に雨が降っても良いように傘を持っていく事をオススメします。
静岡県御殿場市へ買い物に行った時の服装 体験談(11月)
店舗によっては空調温度が高くて厚手のジャンバーなどは汗をかいたかもしれません。ダウンジャケットを着込んでいる人とかも見かけましたが、私は意外と快適に過ごせました。
福井県福井市へ出張に行った時の服装 体験談(2月)
底の深く切り込まれた長靴が必需品です。しかし雪の無い都会からその姿で出張する訳にもいかず、底の切り込みの深いショートブーツは、雪国に出張する時の必需品だと改めて思いました 。
福井県坂井市東尋坊への観光に行った時の服装 体験談(6月)
気温はあるのですが日本海の崖際ということもあり風がすごい吹いていました。おそらく風速10m近くは出ていたと思います。おかげで体感温度がとても低く、ポロシャツだけではすごい寒かったです。

着こなしガイド TOPページへ

 

中部地方へ行った時の服装 体験談記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP