チノパン ベージュ 着こなし メンズ

チノパン(ベージュ)の着こなし方

チノパン(ベージュ)の着こなし方

チノパン(ベージュ)・デニムシャツ・カットソー(白)・シューズ(黒茶)

 

ベージュのチノパンにデニムシャツを合わせた着こなし画像

 

落ち付きのあるシンプルなイメージで人気のベージュのチノパンは、淡色のトップスとのコーディネートを楽しむことができます。だらしない印象にならないために、シルエットは美しいシューカットタイプをチョイスします。

 

定番の白カットソーと合わせるなら、上にデニムシャツやジャケットを重ねて、メリハリを付けます。トップスが軽いので、足元はシックなスウェードシューズなどで引き締めます。大人っぽいカジュアルスタイルなら、デートでも好印象を受けやすくなります。

 

 

チノパン(ベージュ)・ジャケット(ワイン)・カーデ(グレー)・シャツ(紺)・ブーツ(茶)

 

ベージュのトのパンにワインレッドのジャケットを合わせた着こなし画像

 

ベージュのチノパンにシャツとカーディガンの組み合わせはキレイめスタイルの定番ですが、トップスの色合いを少し変えてみるとオフにハマる気軽さが演出できます。

 

例えば、写真のようにサックスカラーのシャツ、グレーのカーディガンといった組み合わせです。チノパンはやや細身の物を合わせればGOOD。アウターでごまかしがちな冬の装いも、これなら室内に入ってアウターを脱いでも大丈夫。映画館やディナーデートもバッチリキマります。

 

 

チノパン(ベージュ)・ジャケット(オリーブ)・カーディガン(紺)・ブーツ(茶)

 

ベージュのチノパンにジャケットとカーディガンを重ね着で合わせた着こなし画像

 

ベージュのチノパンを凛々しく着こなしたい時には、トップスをダークカラーで配色するとキレイにまとまります。またカーディガンやセーターのようなニット素材を使うと柔らかい印象がプラスされ、優しい大人の雰囲気に。

 

ハイネックならマフラーを巻かずとも温かく、首回りをスッキリと見せられます。トップスがダークカラーでスッキリとしているのでチノパンは窮屈なものでなくてもOK。タイトすぎず、ワイドすぎない物を合わせます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

チノパン(ベージュ)の着こなし方 A

チノパン(ベージュ)・カットジレ(黒)・カットソー(ワイン)・シューズ(ベージュ)

 

ベージュのチノパンにカットジレを合わせた着こなし画像

 

少し暖かい日にベージュのチノパンで爽やかさアップです。トップスにワインの七分丈カットソーに、黒のカットジレをあわせると、シンプルながらもワインが差し色となった優しいコーディネートになります。

 

ペンダント、バングル、腕時計と言ったアクセサリーでまとめ、足元はチノパンより少し濃いベージュでまとめれば、温かな日差しが似合う着こなしになります。

 

 

チノパン(ベージュ)・カーディガン(グレー)・ストライプシャツ(黒×白)・ブーツ(黒)

 

ベージュのチノパンにマフラーを合わせた着こなし画像

 

茶色に近い濃いベージュのチノパンを選び。そこにカーディガンとマフラーを組み合わせると、肌寒い日のお出かけスタイルになります。

 

カーディガンは遊び心を入れたデザイン、マフラーはシンプルに黒と白のストライプにすると、お互いがケンカせずにすっきりまとまって見えます。シャツはさらに薄い色の、ライトグレー、足元はマフラーに合わせた黒、チノパンに合わせたベージュの靴底のブーツで温かみを出します。

 

 

チノパン(ベージュ)・カーディガン(グレー)・チェックシャツ(赤)・ブーツ(茶)

 

ベージュのチノパンにカーディガンを合わせた着こなし画像

 

一般的な色合いのベージュのチノパンとショールカラーカーディガンの組み合わせです。ショールカラーは上品さがあり、一見堅苦しいように思えますが、インナーに色褪せのあるヴィンテージ風のチェックシャツを取り入れると、カジュアルかつラフなコーディネートになります。

 

またシャツの赤が差し色となり単調な配色になることを防いでくれます。カーディガンのシルエットの影響で全体的にすっきりとまとまって見えるコーディネートに仕上がっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ベージュのチノパンをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

自分がもっているのは少し太めのチノパンです。トップスは細身のものを合わせるようにしています。ラガーシャツ、パーカーなどが多いです。ラガーシャツはカラフルなもの(グリーン&ネイビー、ブルー&レッド)、パーカーはグレーです。自分の場合、この太目のチノパンを着用するときはかなりラフな感じになりますが、だらしなくならないようトップスは細身のものを着るようにしています。 【男性 30代】 

チノパンと言ったら、やっぱりベージュ系が王道だと思います。トップスは、冬はGジャンが多いです。中には、シャツでも、パーカーでも結構いいと思います。カジュアルなだけに、あまり硬めのものや、重い印象のものは合わせないように心掛けています。夏でも、チノパンに、Tシャツとかでもカッコがつくので、使いやすいです。【男性 20代】

ブラウン系のも持っていますが、ベージュの方が色合わせの守備範囲が広いようです。青系、グレー系、もちろん白系、黒系も合わせやすい。ただ、グレー系の場合は濃いめの色を選んでいます。ベージュと淡い色を合わせると、全体にぼんやりしてしまうようなので。靴はブラウンが多いですが、紺のスニーカーの時もあります。ただ,黒はNGにしています。前、グリーン系の靴と合わせている人を見て「おしゃれだな」と思いましたが、自分では自信がありません。上級のコーディネイトのような気がしたので。【男性 30代】

私はベージュ色のチノパンをよくはきます。ベージュ色のチノパンはどの服にも合わせやすくいいパンツですよね。私はベージュ色のチノパンには、トップスはシャツとカーディガンを合わせることが多いです。シャツはブルー系か白系で、カーディガンはグレーが多いです。他にはTシャツを合わせてもいいですね。靴はブラウン系のブーツなんかがいいと思います。【男性 20代】 

ベージュのチノパンは着回しが楽なので、誰もが一着は持っているのではないでしょうか。特に強い主張が無く何にでも合う為に、私の場合、おでかけの時に迷ったらベージュチノの出番になってしまいます。清潔感を演出したい時には白無地のトップスに合わせ、気分によってはポロシャツに合わせる事もあります。個人的にはポロシャツに合わせる事も気に入っているのですが、妻には「おっさんくさい」と不評です。【男性 30代】

 

好感のもてる男性のベージュ色のチノパンの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

若手のヘアメイクアーティストさんで、いつもベージュのチノパンを穿いていて素敵な人がいます。その人は、アーガイル柄の紺や白のニットに、細めのベージュのチノパンを合わせて、かわいい感じで着こなしていることが多いです。アイロンのきちんと掛かったシャツの襟を見せて、お洒落感と清潔感のバランスがとても良いです。【女性 30代】

ベージュのチノパン……困った時のベージュって位に、コーデしやすい色みですよね?なので、小物のベルトでワンポイント魅せる着こなしをおススメします☆Vネックのニットで鎖骨を見せて、ココ色気ポイントです←細めのチノパン、ブラン系のベルトと靴。これだけで『グッ』と大人の印象になります。また、ベルトを見せるコーデをする事で、見た目にも違ってきますよ! 【女性 20代】

ベージュのチノパンは何にでも合うけれど、地味な印象にもなってしまいがちなアイテムだと思います。白や黒と合わせる人が多いですが、私はきれいめな色のアイテムと合わせたコーディネートが好きですね。ピンクのシャツとか、ブルーのニットとか。柄モノとの相性も良いので、チェックのシャツやアーガイルニットも良いと思いますよ。 【女性 20代】

 

チノパンの着こなし方一覧に戻る

 

チノパン(ベージュ)の着こなし画像集(迷ったときのコーディネートの参考に!)

このエントリーをはてなブックマークに追加


チノパン(ベージュ)の着こなし方関連ページ一覧

チノパン(黒)の着こなし
黒のチノパンは、大人のカジュアルコーディネートには欠かすことのできないアイテムです。キレイめトップスと合わせても良いですが、ここではラフなスタイルのコーディネートをご紹介。余裕のある大人のオフスタイルを目指します。
チノパン(グレー)の着こなし方
シックなグレーカラーのチノパンは、大人のキレイめスタイルには欠かせないアイテムです。無造作に着るだけではどこか決まらない定番コーディネートを、ワンランク上のオシャレスタイルに変えるコツをご紹介します。
チノパン(カーキ)の着こなし方
それ一本で様になる、カーキのキレイめシルエットのチノパン。ボトムスの存在感を引き立てる、シンプルコーディネートがおススメです。上品かつラフな大人のカジュアルスタイルで、周囲と差を付けます。
チノパン(緑)の着こなし方
大人のキレイめカジュアルを極めたいなら、トライしたいのが緑色のコーディネート。深みのあるカラーをチノパンに効かせて、シンプルな中にもオシャレ上級者の雰囲気を漂わせます。コーデのポイントを、写真と共にご紹介します。
チノパン(ブラウン)の着こなし方
つい黒やベージュに逃げてしまいがちのチノパンですが、味わい深いブラウンカラーもおススメです。大人の落ち着きを思わせるブラウンのチノパンを、上品さとカッコ良さを併せ持つコーディネートで着こなすポイントをご紹介します。
スリムタイプのチノパンの着こなし方
スリムタイプのチノパンを選ぶなら、トップスが着膨れしないように、上半身もスマートな着こなしをすることをおすすめします。足が細すぎる人やピチピチになる人などは避けた方が無難なアイテムです。
クロップドのチノパンの着こなし方
涼しい着こなしをしたい時に便利なアイテムです。7分袖のシャツやカーディガンにも合わせやすく、ブーツなどもよく合います。サックスのデニムシャツと着こなすことで爽やかな印象になります。
ジップ付きのチノパンの着こなし方
普通のチノパンだとカジュアルさに欠けると感じる人には、個性的なジップ付きのチノパンがワイルドさが出て、男らしい独特な雰囲気の着こなしになります。
ブーツカットのチノパンの着こなし方
ブーツカットは古いというイメージもありますが、足のラインをキレイに見せてくれるので、体型とブーツカットのチノパンがマッチすれば今風にきれいに着こなすことができます。
ローライズのチノパンの着こなし方
丈の短いアウターと合わせれば、ベルトのチラ見せがオシャレに見えるローライズのチノパン。アンダーウェアも一緒にローライズにすることで、下着が見えてしまうことは防げます。
チノカーゴの着こなし方
カーゴパンツの男らしさと、チノパンの履きやすさを兼ね備えた、チノカーゴが人気です。カーゴらしいメリハリの効いたデザインは、シンプルなトップスとも好相性。定番コーデをこなれ感たっぷりに着こなすコツをご紹介します。
チノパン+ジャケットの着こなし方
チノパンはキレイめからカジュアルまで色々なトップスとの相性が良く着回し抜群のボトムスです。ハード系のジャケットと合わせてもカッコよく決まります。シューズの色はジャケットとのバランスを見ながらまとめます。
チノパン+コートの着こなし方
コート×チノパンツのコーデでは、インナーにボタンダウンシャツなどのキレイめアイテムをチョイスすると、爽やかさや清潔感のある印象に仕上がります。チノパンに黒のミドル丈コートで男らしく、爽やかにコーデします。
チノパン+パーカーの着こなし方
チノパンにパーカーを合わせてゆったりと過ごしたい休日は、Vネックインナー、ジャガード柄パーカー、黒のチノパンでコーデするとキレイにまとまります。男らしさや大人っぽさを感じさせる印象に仕上げるのがポイントです。
チノパン+セーターの着こなし方
チノパンにセーターを合わせる場合は、インナーに白シャツをチョイスするとトラッドなキレイめスタイルにまとまります。靴は締りのある黒で決まりです。また、インナーを黒のVネックに代えると、程よいラフ感が出ます。
チノパン+カーディガンの着こなし方
ベージュのチノパンにホワイトシャツの組み合わせは、カーディガンがキレイに決まるコーディネートです。合わせるカーディガンは大抵の物なら外しがありませんが、アーガイル柄ならより大人っぽい仕上がりになります。
チノパン+シャツの着こなし方
カーキのチノパンに黒色のワイヤーネックシャツ、インナーにタンクトップ、足元を黒のトレッキングスニーカーでまとめれば大人カジュアルコーデの完成です。また、男らしさを出すならインナーはグレーがおすすめです。
チノパン+カットソーの着こなし方
チノパンにカットソーを1枚羽織るだけでキレイめのラフスタイルに仕上げることができます。ダラッとした印象にならないように、チノパンは深みのあるブラウン系カラーをチョイス、トップスは5分袖がおすすめです。
チノパン+Tシャツの着こなし方
Tシャツと合わせるチノパンをクロップドタイプにすると涼しい着こなしになります。シンプル過ぎになりがちな組み合わせですが、レイヤード風にしたり、ネックレスや足元で調整します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP