カーゴパンツに合うセーター

カーゴパンツ+セーターの着こなし方

カーゴパンツとセーターを合わせる着こなし方

カーゴパンツ(カーキ)・セーター(グレー)・カットソー(黒)・シューズ(黒)

 

カーキのカーゴパンツとグレーのセーターを合わせた着こなし画像

 

ちょっとしたお出掛けでもオシャレ感のある装いにしたいという方は多いはず。こちらはカーゴパンツにセーターを合わせた休日スタイルにピッタリなコーデです。セーターは大人の雰囲気漂うグレーをチョイス。インナーは黒のカットソーです。

 

そして、カーゴパンツで渋めの色にまとめれば完成です。ここで着用しているのはアンサンブルタイプのセーターなのですが、手持ちの物で重ね着する場合には、インナーは少しのぞく程度に見せるのがポイントです。

 

 

カーゴパンツ(カーキ)・セーター(ブラック)・シャツ(黒)・シューズ(黒)

 

カーキのカーゴパンツにブラックのセーターを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのボタンダウンシャツの上にブラックのセーターを着て、シックやレイヤードスタイルにしています。セーターがモノクロのアーガイルのデザインなので、地味になり過ぎずシックなカジュアルになっています。ボトムスはカーキのカーゴパンツ。

 

サテン素材で高級感があり、また細身のラインで引き締め効果もある1枚です。足元のバブーシュシューズはリアルスウェードで高級感があるので大人っぽいコーディネートにはもってこいです。

 

 

カーゴパンツ(黒)・セーター(ボーダー)・カットソー(白)・シューズ(グレー)

 

黒のカーゴパンツにボーダーのセーターを合わせた着こなし画像

 

ボーダー柄は、色によっては子供っぽく見えてしまうものもありますが、こちらは黒とグレーのモノクロなので大人の男性にもピッタリの1枚です。中にカットソーを着てもスリムなラインになり、ごわつきません。

 

ボトムスはブラックのカーゴパンツで全体的にスリムなラインとなっています。バブーシュシューズは薄めのグレーで軽さを出しています。更にブラックのジャケットなどを羽織っても、かっこいいコーディネートになります。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーゴパンツとセーターを合わせる着こなし方 A

カーゴパンツ(カーキ)・セーター(黒)・シャツ(茶)・ブーツ(茶)


カーキのカーゴパンツに黒のセーターを合わせた着こなし画像


セーターは無地の黒ではなくデザインニットソーにすると、ラフでカジュアルな印象になります。インナーに白シャツの襟をさりげなく出して、ストールを巻くとシンプルにならず、ほどよくオシャレな雰囲気になります。

ボトムスは定番のカーゴパンツですが、少し股上が浅めで足を若干長く見せる効果があります。足元は茶色のブーツで全体のバランスを整えるのがポイントです。春先におすすめのおしゃれコーディネートです。寒い時は、黒のジャケットを合わせるとOK。


カーゴパンツ(カーキ)・ボーダーセーター(ネイビー)・シャツ(白)・ブーツ(茶)


カーキのカーゴパンツにボーダー柄セーターを合わせた着こなし画像


ボーダー柄のセーターは、細めの白線の一番下が差し色になっているものを選ぶと、一枚でも、オシャレな雰囲気になります。インナーにシャツを着てきれいめの要素をプラスしています。

ボトムスは、少しワイルド要素のある定番のカーゴパンツで男らしい着こなしに。差し色ボーダーのセーターのみをインナーにする時は、アウターにチェックシャツやデニムシャツを前開けして着こなせばOKです。


カーゴパンツ(カーキ)・セーター(ベージュ)・シャツ(白)・ブーツ(茶)


カーキのカーゴパンツにベージュのセーターを合わせた着こなし画像


思わず上に何か組み合わせたくなるセーターには、濃いめのカーキのカーゴパンツがカジュアル感をアップさせます。それでいて大人の男性風に見えるのは、写真のような細いラインの入ったシャツを組み合わせているから。

カーゴパンツもタイトなものを選ぶと、すっきりとした大人っぽい着こなしになります。足元をブーツで締めれば、全体的にスリムな印象になります。さらっと着こなして、どこにでもいけるようなコーディネートです。


着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーゴパンツとセーターをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カーゴパンツは作業着です、なのでトップスにセーターなどをあわせるときはエルボーパッチが入ったラフな感じのセーターや襟元がルーズな感じのセーターをあわせたいですね。色はアイボリーやミリタリーグリーンなどのちょっと暗めのトーンで派手にならない感じがよく合うかと思っています。セーターの中には白いシャツやカットソーなどでゆったり着こなすといいかと思います。【男性 30代】

チェックの少し暗めのシャツをトップスとして着て、その上に白系のボタンのセーターカーディガンを羽織る。ボトムスのカーゴパンツは黒系やくらいネイビーを選び少し全体的にゆったりを意識して着る。帽子はなにもかぶらず、靴は落ち着いた感じのスニーカー以外のものを選びたい。アクセントに腕時計やなにかチョーカーもありかも。【男性 20代】

セーターはクルーネックで細身、カラーはホワイトカラーのものを着用します。その下にはTシャツを着用しますがそれが見えてしまわないようにします。首にネイビーカラーのマフラーを巻きます。カーゴパンツはブラウンカラーでスリムフィットタイプのものを合わせます。靴はブラックカラーのシンプルなデザインのスニーカーです。【男性 30代】

Vネックでジャストサイズの白いセーターにレギュラーサイズのオリーブのカーゴパンツを穿きます。スリムなカーゴパンツではなくレギュラーサイズなのがポイントです。男らしさが出ます。カーゴパンツにセーターを合わせて着るならこれで決まりでしょう。アウターは黒系のレザーブルゾンが似合います。足元は抜けを出すために白いスニーカーで完璧です。【男性 20代】

「春先のきこなし」なら、セーターは手編みっぽいざっくりしたウールで、色は明るい青(空色、水色)にほんの少しグレーが混ざっている感じ。インナーはオフホワイトかアイボリーの綿シャツ。ボタンダウンなど襟のあるもの。カーゴの色はモスグリーンよりもう少し明るい、それでいて落ち着いたグリーン系。ベルトは濃いブラウン。靴は明るいブラウン系のレザー。キャメルあたりが自然かなと思います。全体に「落ち着いた明るさ」をイメージした配色です。【男性 30代】

 

好感のもてるカーゴパンツとセーターの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カーゴパンツとセーターの組み合わせで好きなのは、カーキのパンツに茶色やグレーのセーター、ネイビーのパンツにグレーや黒のセーター、といった色の組み合わせが好きです。セーターの首元は、パンツとの相性次第でもありますが個人的には丸首が好きです。セーターの中から白い服などが少し出ている感じも好きです。どちらも大きすぎずジャストフィットなサイズを着ている人に好感が持てます。【女性 30代】

カーゴパンツとセーターのコーディネートをされる時は、セーターは黒や茶色、グレーなどの落ち着いた色のものが合いますね。インナーはシンプルなモノトーンのものか、ボーダーなどの柄物を合わせられるとオシャレで好感を持ちます。カーゴパンツは、ポケットのデザインなどがスッキリした、タイトなものがいいですね。足元はスニーカーがよく合うと思います。【女性 20代】

寒い冬の日はカーゴパンツとセーターの組み合わせがいいな。セーターはあんまりフィットせずに大きめがかっこいい。下に長袖のトレーナーを着て、少しもこっとしているのもいいな。セーターは少しダークなグレーが、季節的にも合うよ。カーゴパンツも少し緩めのサイズがいいな。靴は少しごつい革靴だと似合うよ。冬だから全体的にダークにまとめてくれたらかっこいいな。【女性 30代】

 

カーゴパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーゴパンツ+セーターの着こなし方関連ページ一覧

スリムカーゴパンツの着こなし方
ワイドでルーズになりがちなカーゴパンツも、時にはスリムにカッコよく履きこなしたいもの。タフな印象のカーゴパンツを、男らしく、かつ大人っぽく綺麗に着こなすためのポイントを、写真を例に挙げてご紹介します。
ダボダボカーゴパンツの着こなし方
ダボダボ感のあるカーゴパンツは、トップスをきれいめコーディネートするとバランスがとれやすいです。カーキのパンツの場合は、黒、グレー、赤、茶色をちりばめると良いです。
カーゴパンツ(黒)の着こなし方
タフな印象の強い黒のカーゴパンツも、シルエットの美しいタイプならシンプルで上品なコーデに早変わり。全体にスリムな印象にまとめる事で、スッキリとして大人っぽい、なのにどこか男らしい、味わい深いスタイルが完成します。
カーゴパンツ(カーキ)の着こなし方
キレイめシルエットのカーゴパンツは、昨今大人気のアイテム。中でも、定番のカーキはかっこよく着こなしたいものです。キレイめカーゴパンツなら、ジャケットなどと合わせて上品に着こなすのもおススメです。
カーゴパンツ(ベージュ)の着こなし方
カーゴパンツの中でも定番中の定番と言えるのが、ベージュカラーです。爽やかな風合いのボトムスを着こなすには、トップスとのバランスが重要。ラフで、清潔感も失わないベージュカーゴのコーディネートを写真と共にご紹介します。
カーゴパンツ(オリーブ)の着こなし方
ベージュに比べて個性の強いオリーブカラーのカーゴパンツは、スタイリッシュに履きこなせれば、周囲の視線を引き付ける事間違いなしです。シャツやインナーとのコーデにこだわれば、カジュアルなカーゴパンツを綺麗に着こなせます。
カーゴパンツ(迷彩柄)の着こなし方
カーゴパンツの男らしさを目いっぱい楽しみたいなら、やっぱり迷彩柄が外せません。ワイドシルエットの迷彩カーゴを、だらしなくならずに、カッコ良く決めるコーディネートを、写真と共にご紹介しています。
カーゴパンツ+ジャケットの着こなし方
カーゴパンツは幅広ならラフやカジュアルに、細身の物ならキレイめにと、使い分けができるアイテムです。また、合わせるジャケットのボリューム感に合わせて幅広・細身を選ぶことで全体のバランスもとりやすいです。
カーゴパンツ+コートの着こなし方
カーゴパンツはタイトな形の物であればミドル丈コートと合わせてもスッキリと着こなすことができます。ミリタリーテイストのコートに黒のカーゴパンツを合わせれば男らしさもグッとUP。足元はレザーのブーツでまとめます。
カーゴパンツ+パーカーの着こなし方
カーゴパンツ、パーカーはカジュアルにゆったりと着るのも良いですが、タイトな物を選べばクールな印象に仕上がります。インナーは白のカットソーを合わせ、パーカーからチラ見せするとオシャレです。
カーゴパンツ+カーディガンの着こなし方
カーゴパンツにカーディガンを合わせたオフコーデは、白のインナーに丈が長めのゆったりとしたカーディガンを軽く羽織るように着ると、オシャレな雰囲気を演出できます。カーゴパンツは細身の物を選んでスッキリと見せます。
カーゴパンツ+シャツの着こなし方
カーゴパンツとシャツでシンプルにコーディネートする場合、シャツは綺麗なストライプ柄の物などがおすすめです。あれこれ重ねるのではなくシンプルにまとめることで大人の上品さを印象付けてくれます。靴は茶色を合わせます。
カーゴパンツ+カットソーの着こなし方
大人っぽさを感じさせるグレーのカットソー、黒のカーゴパンツの組み合わせに、ボーダー柄のインナーをプラス。トップスを重ね着にするとオシャレ感がUPします。インナーはチラ見せ程度にするとキレイにまとまります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP