カーゴパンツに合うシャツ

カーゴパンツ+シャツの着こなし方

カーゴパンツとシャツを合わせる着こなし方

カーゴパンツ(黒)・シャツ(白)・シューズ(黒茶)

 

カーゴパンツとシャツを合わせた着こなし画像

 

カーゴパンツとシャツのコーディネートで知的な雰囲気を演出しています。このコーデで使ったのは、淡いストライプ柄のシャツと、黒のカーゴパンツです。

 

ただの白シャツだけだと地味すぎる仕上がりになってしまいますが、ストライプ柄なので派手すぎずさり気ないオシャレを感じさせます。靴はブラウンカラーをチョイス。大きめのレザートートバッグを肩に掛ければ図書館や美術館へ行くのにもピッタリな大人の知的スタイルの完成です。

 

 

カーゴパンツ(キャメルベージュ)・シャツ(白)・サンダル(黒)

 

キャメルベージュのカーゴパンツに白のシャツを合わせた着こなし画像

 

ガーゼ素材のホワイトのシャツはオシャレな上に通気性がよく、着心地がいいのが特徴の1枚。色々な季節に楽しむことができます。7分袖ですが、袖をロールアップするとまた違った雰囲気を楽しめます。

 

ボトムスはキャメルベージュのカーゴパンツ。上下ともにスリムなラインなので、すっきりとした印象に見せます。足元はメッシュサンダルで暖かい日のお出かけにピッタリのコーディネートの完成です。

 

 

カーゴパンツ(黒)・シャツ(オリーブ)・ブーツ(黒)

 

黒のカーゴパンツにオリーブのシャツを合わせた着こなし画像

 

トップスのオリーブのボタンシャツは大人の雰囲気を演出する渋い色。これ1枚でももちろん、タンクトップやTシャツに羽織るだけでグッと落ち着いた印象になります。また、シンプルなデザインなので着回しがきくところも便利。

 

ボトムスはサテンストレッチのカーゴパンツというカジュアルなイメージもありつつ、高級感もある1着。足元はブラックのレースアップブーツでかっちりと決め、シックなコーディネートとなっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーゴパンツとシャツを合わせる着こなし方 A

カーゴパンツ(カーキ)・シャツ(デニム)・Tシャツ(白)・ブーツ(茶)

 

カーキのカーゴパンツに白のシャツを合わせた着こなし画像

 

定番シルエットのカーキのカーゴパンツはカジュアルな印象をアップさせます。少しだぼっとした感じのカーゴパンツに、「柄Tシャツ」と「シワ加工のヴィンテージ風に見えるデニムシャツ」を合わせると、男らしい爽やかな着こなしになります。

 

暖かい時期は七分丈のデニムシャツを選び、前開けして、柄とベルトを見せてネックレスを付けるとよりカジュアルに。足元はスリムなブーツでまとめています。

 

 

カーゴパンツ(カーキ)・シャツ(グレー)・5分袖カットソー(ブルー)・ブーツ(茶)

 

カーキのカーゴパンツに混麻シャツを合わせた着こなし画像

 

濃いカーキブラウンのカーゴパンツに、レーヨンのシャツと杢カットソーを組み合わせるときれいめで爽やかな印象になります。さっと着こなすだけで友達同士のお出かけや近所の散歩にも使えるコーディネートです。

 

全体的に大人っぽい雰囲気になり、春などの涼しい日にぴったりの装いです。インナーは無地ではなく杢(もく)デザインにすることで、さりげないおしゃれを実現。さりげなくバンクルも付けています。

 

 

カーゴパンツ(カーキ)・チェックシャツ(赤)・ブーツ(茶)

 

カーキのカーゴパンツにチェックシャツを合わせた着こなし画像

 

カーゴパンツにチェックシャツは定番のカジュアルスタイルですが、ここではチェックシャツ一枚だけをさらっと羽織っています。7分袖のチェックシャツで爽やかな印象にしながらがらも、少年っぽいあどけない印象も残している若々しいコーディネートです。

 

シンプルな組み合わせでも、「ボディーフィットしたシワ加工シャツ」「レザーバングル」「ダボっとしたカーゴパンツ」の組み合わせはワイルドな印象を残し、男らしい印象をあたえてくれます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーゴパンツとシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カーゴパンツはヘタをすると子供っぽくなりがち!絶対にスッキリとスマートに着たいからサイジングにこだわりたい!第一ボタンまで全部閉めた真っ白のコットンシャツをトップに、細身のストレートかテーパードのカーゴパンツで美脚ラインをつくってあげる。カラーはネイビーで、同系色の靴を合わせて脚長効果を狙う!gapとかにイイ感じのカーゴ置いてそう!【男性 30代】

最近のカーゴパンツは細身のものも多く、色もオリーブやカーキ以外のものも多いので、綺麗な格好にも対応できます。ですので、私はドレスシャツとカーゴパンツをあわせることにはまっています。靴もローファーやユーチップなど綺麗なものを選ぶことが多いです。文字にしちゃうと無茶に思える組み合わせですが、結構ハマりますのでオススメです。【男性 30代】

グリーンのカーゴパンツには黒色の上着を合わせるとシックに演出することが出来ますし、中は白いシャツなどを着てみるとお兄ちゃん系のファッションになるので結構かっこいいものになります。アウターをスカジャンなどにするとストリート系になるので、カーゴパンツはいろいろなファッションに組み合わせることが出来るのがポイントだと思います。【男性 20代】

カーゴパンツは、茶系。薄い茶色で、綿パンをラフにしたような感じのイメージ。シャツは、格子柄。色は、横線が赤、縦線が黒、その他の部分は白。ボタンダウンで、胸ポケットは左右にあるもの。ボタンの色は、くすんだ白。靴は、コーデュロイ地のローファーみたいなもので、色は黒。メガネは、緑や黄色などカラフルなものをかける。【男性 20代】

シャツはネルシャツ風のコットン素材のもので、カラーはホワイトとブルーを基調としたチェックのものを着用します。気候が暖かいなら袖をまくって着ることもできます。インナーにはホワイトカラーのTシャツを着用します。カーゴパンツはベージュカラーでストレートタイプのものを合わせます。靴はオレンジカラーのシンプルなデザインのスニーカーです。【男性 30代】

 

好感のもてるカーゴパンツとシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カーゴパンツとシャツの組み合わせでは、大きすぎないシャツを合わせてベルトが少し見えるくらいの着こなしが素敵だと思います。カーキやネイビーのカーゴパンツが好きですが、シャツと合わせるなら黒のカーゴパンツも良いと思います。おしゃれな白シャツと合わせたりしていると、着こなしが上手なんだなと思います。シャツは無地かシンプルなチェック柄などが好感持てます。【女性 30代】

シャツは丈は長すぎず短すぎずで、カーゴパンツは少し腰を低めに履いてベルトがちらりと見えているとカジュアル感がでます。シャツの素材はシワシワではない方が、だらしなく見えなくて素敵です。シャツは無地でも柄物でも大丈夫で、明るめな色だと春や夏っぽく、暗めの色は秋や冬にぴったりだと思います。ベルトの色を靴と合わせると統一感がでます。【女性 30代】

カーゴパンツにアイロンをかけていないシャツを着ると、だらしなく見えてしまいます。シャツはきちんとアイロンがけされたものを着るのが基本です。ベージュのカーゴパンツに、デニム調の生地のボタンダウンシャツを合わせるとおしゃれだと思います。袖口は腕まくりし、くしゃっとさせます。シャツの前ボタンを1つか2つ開け、裾はウェストの外側に出すと、こなれた感じで着こなせますよ。【女性 20代】

 

カーゴパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーゴパンツ+シャツの着こなし方関連ページ一覧

スリムカーゴパンツの着こなし方
ワイドでルーズになりがちなカーゴパンツも、時にはスリムにカッコよく履きこなしたいもの。タフな印象のカーゴパンツを、男らしく、かつ大人っぽく綺麗に着こなすためのポイントを、写真を例に挙げてご紹介します。
ダボダボカーゴパンツの着こなし方
ダボダボ感のあるカーゴパンツは、トップスをきれいめコーディネートするとバランスがとれやすいです。カーキのパンツの場合は、黒、グレー、赤、茶色をちりばめると良いです。
カーゴパンツ(黒)の着こなし方
タフな印象の強い黒のカーゴパンツも、シルエットの美しいタイプならシンプルで上品なコーデに早変わり。全体にスリムな印象にまとめる事で、スッキリとして大人っぽい、なのにどこか男らしい、味わい深いスタイルが完成します。
カーゴパンツ(カーキ)の着こなし方
キレイめシルエットのカーゴパンツは、昨今大人気のアイテム。中でも、定番のカーキはかっこよく着こなしたいものです。キレイめカーゴパンツなら、ジャケットなどと合わせて上品に着こなすのもおススメです。
カーゴパンツ(ベージュ)の着こなし方
カーゴパンツの中でも定番中の定番と言えるのが、ベージュカラーです。爽やかな風合いのボトムスを着こなすには、トップスとのバランスが重要。ラフで、清潔感も失わないベージュカーゴのコーディネートを写真と共にご紹介します。
カーゴパンツ(オリーブ)の着こなし方
ベージュに比べて個性の強いオリーブカラーのカーゴパンツは、スタイリッシュに履きこなせれば、周囲の視線を引き付ける事間違いなしです。シャツやインナーとのコーデにこだわれば、カジュアルなカーゴパンツを綺麗に着こなせます。
カーゴパンツ(迷彩柄)の着こなし方
カーゴパンツの男らしさを目いっぱい楽しみたいなら、やっぱり迷彩柄が外せません。ワイドシルエットの迷彩カーゴを、だらしなくならずに、カッコ良く決めるコーディネートを、写真と共にご紹介しています。
カーゴパンツ+ジャケットの着こなし方
カーゴパンツは幅広ならラフやカジュアルに、細身の物ならキレイめにと、使い分けができるアイテムです。また、合わせるジャケットのボリューム感に合わせて幅広・細身を選ぶことで全体のバランスもとりやすいです。
カーゴパンツ+コートの着こなし方
カーゴパンツはタイトな形の物であればミドル丈コートと合わせてもスッキリと着こなすことができます。ミリタリーテイストのコートに黒のカーゴパンツを合わせれば男らしさもグッとUP。足元はレザーのブーツでまとめます。
カーゴパンツ+パーカーの着こなし方
カーゴパンツ、パーカーはカジュアルにゆったりと着るのも良いですが、タイトな物を選べばクールな印象に仕上がります。インナーは白のカットソーを合わせ、パーカーからチラ見せするとオシャレです。
カーゴパンツ+セーターの着こなし方
カーゴパンツにセーターを合わせる場合、グレーやカーキなどの渋めの色でまとめると大人のオシャレな雰囲気が演出できます。また、セーターからちらりとのぞく程度に黒のインナーを見せるとさらにオシャレ度UPです。
カーゴパンツ+カーディガンの着こなし方
カーゴパンツにカーディガンを合わせたオフコーデは、白のインナーに丈が長めのゆったりとしたカーディガンを軽く羽織るように着ると、オシャレな雰囲気を演出できます。カーゴパンツは細身の物を選んでスッキリと見せます。
カーゴパンツ+カットソーの着こなし方
大人っぽさを感じさせるグレーのカットソー、黒のカーゴパンツの組み合わせに、ボーダー柄のインナーをプラス。トップスを重ね着にするとオシャレ感がUPします。インナーはチラ見せ程度にするとキレイにまとまります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP