カーゴパンツに合うジャケット

カーゴパンツ+ジャケットの着こなし方

カーゴパンツとジャケットを合わせる着こなし方

カーゴパンツ(黒)・ジャケット(紺)・カットソー(ボーダー)・シューズ(黒)

 

黒のカーゴパンツと紺のジャケットを合わせた着こなし画像

 

カーゴパンツは幅広な物だとカジュアルに、細身のものならキレイにとコーデを楽しめるのが魅力です。ジャケットを合わせる場合もそれと同じで、ラフやカジュアルに仕上げる時は幅広、キレイめに仕上げるなら細身というように選べます

 

こちらのコーデはインナーにボーダーカットソー、アウターにキルティングデザインのジャケットを合わせたものです。ジャケットにボリュームがあるので、カーゴパンツは細身のものをチョイスしています。

 

 

カーゴパンツ(カーキ)・ジャケット(ワイン)・カットソー(グレー)・スニーカー(茶)

 

カーキのカーゴパンツにワインのジャケットを合わせた着こなし画像

 

上半身はVネックのカットソーアンサンブルに、ワインのファー付きジャケットを着ています。丈が短めで、トップスの裾が軽く見えるくらいが野暮ったくならずオシャレに着こなせます。

 

ボトムスはカーキのカーゴパンツでカジュアルな印象に。ルーズ過ぎず、スリム過ぎずちょうどいいラインを作り出しています。スニーカーはブラウンでジャケットのワインとの色の調和をとり全体を上手くまとめています。

 

 

カーゴパンツ(カーキ)・ジャケット(黒)・シャツ(白)・シューズ(黒)・マフラー

 

カーキのカーゴパンツに黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのボタンシャツにブラックのテーラードジャケットはカッチリスタイルの基本とも言える組み合わせ。さらに首元にマフラーを巻くことで引き締まった印象になります。

 

ボトムスは、カーキのカーゴパンツで上手い具合にハズしており、カジュアルなイメージをプラスさせています。足元はカッチリスタイルに合うレザーのバブーシュシューズでカッチリとカジュアルを上手く融合したコーディネートとなっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーゴパンツとジャケットを合わせる着こなし方 A

カーゴパンツ(カーキ)・ジャケット(デニム)・シャツ(白)・ベスト(黒)・革靴(茶)

 

カーキのカーゴパンツにデニムジャケットを合わせた着こなし画像

 

カーゴパンツにジャケットだけでは堅苦しい印象になりがちですが、フードつきのデニムジャケットにすることでラフな印象になります。インナーの白シャツ+黒のベストの組み合わせが体全体をスリムに見せてくれています。

 

きっちりとしたスタイルも取り入れながらカジュアルさも忘れない、そんな着こなしです。足元は茶色の革靴で全体のバランスが整います。バックはベストと靴の色に合わせています。

 

 

カーゴパンツ(カーキ)・ジャケット(グレー)・カットソー(ボーダー)・ブーツ(茶)

 

カーキのカーゴパンツにストライプジャケットを合わせた着こなし画像

 

ボトムスはサスペンダー付きのボリュームのあるカーゴパンツでラフに、トップスは夏にも使える5分袖ジャケットとボーダーカットソーできれいめに仕上げている着こなしです。

 

ふわふわ感のあるストライプ生地のジャケットはかっちりとした中にもカジュアルさがありインナーにボーダーカットソーを組み合わせると、細いストライプジャケットとの相乗効果で、より爽やかな印象になります。ブーツは折り曲げて、チェックデザインをチラ見せさせる独特な履き方でワイルドさをプラス。

 

 

カーゴパンツ(カーキ)・ジャケット(グレー)・デニムシャツ(ネイビー)・ブーツ(茶)

 

カーキのカーゴパンツにグレーのジャケットを合わせた着こなし画像

 

ジャケットの首元のボリューム感が「包容力」のある男をアピール。ジップデザインで単調になりません。きれいめのカーキのカーゴパンツは足を引き締めて見せてくれます。

 

インナーにネイビーのデニムシャツを取り入れると男らしさがアップします。編みこみのベルトをちらりと見せることで、ワイルドさもプラスされかっこよくなります。足元がドレープブーツを合わせています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーゴパンツとジャケットをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

アウトドアの印象があるカーゴパンツですが。ジャケットと合わせるのも面白いですね。上下全てダブつくとストリート感が強くなりますが。私は、Vネックのシャツに、ジャケットは硬い質感のキレイめなものを羽織ると落ち着きが出るので、よく合わせます。足元も、ダブついてだらしなく見えないように、革のブーツでまとめることが好きです。【男性 30代】

ミリタリー風のカーゴパンツ、色はオリーブのオーソドックスなものに、アイロンのかかった白シャツと黒、または紺のジャケットを着ます。アクセサリーは、時計とブレスレットのみで、シンプルにします。特徴としては、しっかりめの服装をカーゴパンツで少し砕けた感じにするところです。なので崩すところはカーゴパンツのみで、その他はきっちりした感じにします。【男性 20代】

まず、ホワイトカラーのコットン素材のボタンダウンシャツを着用します。その上にダークネイビーカラーのシングル2つボタンジャケットを着用します。細身で若干丈の短めのもので、素材はウールです。シャツはパンツにしまい、ブラックカラーのレザーの太目のベルトをします。カーゴパンツはスリムフィットタイプのものでカラーはブラウンです。靴はブラックカラーのシンプルなデザインの革靴です。【男性 30代】

カーゴパンツにジャケットというと、一見ミスマッチの様に思いますが、最近のカーゴパンツは昔と違って本当に種類が豊富です。私はだいたい細身のカーゴパンツを選んでいますが、最近、自分のコーディネートでハマっているのは、スウェット生地のカーゴパンツにコーデュロイのジャケットを合わせることです。結構オシャレ上級者に見えて誰にでも似合います。【男性 30代】

カーゴパンツにジャケットはいい組み合わせですよね。ジャケットはテーラードジャケットがいいと思います。カーゴパンツはスリムタイムが合うでしょう。インナーはカットソーなんかどうでしょうか。柄があってもいいですし、無地でもいいと思いますよ。靴はブーツがいいと思います。ジャケットが黒ならブーツはブラウンにしたらどうでしょう。【男性 20代】

 

好感のもてるカーゴパンツとジャケットの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カーゴパンツのワイルドさに、あえてジャケットを合わせるのが似合う人ってすごく上級者っぽく見えます。ジャケットも普通のテーラードじゃなくてちょっとデザインが凝ってたりすると更に「おお〜」ってなります。中に派手めな柄のバンドTとかがチラ見えしてるのも好みです。あとジャケットからパーカーのフードが出てるのにも何故かきゅんとしてしまいます【女性 20代】

私が好きなカーゴパンツとジャケットのコーディネートは、ジャケットはキレイめなシンプルなものを、カーゴパンツは男性らしいゆったりとしたものを合わせられたスタイルです。カーゴパンツがゆったりしている場合は、ジャケットはタイトめな物の方が、シルエットがすっきり見えますのでいいですね。インナーも単色のシンプルなものの方が、すっきりするので好感が持てます。【女性 20代】

タイトで、かっちりした感じのテーラードジャケットに、シンプルな白いカットソーのコーディネートは、清潔感があって女の子は好きなスタイルです。そこに、カジュアルなカーキやベージュのカーゴパンツを合わせると、大人っぽくなりすぎないし、おしゃれ上級者っぽく見えるかな。このスタイルに時計など少し小物をプラスすると、よりおしゃれ感がでると思います【女性 20代】

 

カーゴパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーゴパンツ+ジャケットの着こなし方関連ページ一覧

スリムカーゴパンツの着こなし方
ワイドでルーズになりがちなカーゴパンツも、時にはスリムにカッコよく履きこなしたいもの。タフな印象のカーゴパンツを、男らしく、かつ大人っぽく綺麗に着こなすためのポイントを、写真を例に挙げてご紹介します。
ダボダボカーゴパンツの着こなし方
ダボダボ感のあるカーゴパンツは、トップスをきれいめコーディネートするとバランスがとれやすいです。カーキのパンツの場合は、黒、グレー、赤、茶色をちりばめると良いです。
カーゴパンツ(黒)の着こなし方
タフな印象の強い黒のカーゴパンツも、シルエットの美しいタイプならシンプルで上品なコーデに早変わり。全体にスリムな印象にまとめる事で、スッキリとして大人っぽい、なのにどこか男らしい、味わい深いスタイルが完成します。
カーゴパンツ(カーキ)の着こなし方
キレイめシルエットのカーゴパンツは、昨今大人気のアイテム。中でも、定番のカーキはかっこよく着こなしたいものです。キレイめカーゴパンツなら、ジャケットなどと合わせて上品に着こなすのもおススメです。
カーゴパンツ(ベージュ)の着こなし方
カーゴパンツの中でも定番中の定番と言えるのが、ベージュカラーです。爽やかな風合いのボトムスを着こなすには、トップスとのバランスが重要。ラフで、清潔感も失わないベージュカーゴのコーディネートを写真と共にご紹介します。
カーゴパンツ(オリーブ)の着こなし方
ベージュに比べて個性の強いオリーブカラーのカーゴパンツは、スタイリッシュに履きこなせれば、周囲の視線を引き付ける事間違いなしです。シャツやインナーとのコーデにこだわれば、カジュアルなカーゴパンツを綺麗に着こなせます。
カーゴパンツ(迷彩柄)の着こなし方
カーゴパンツの男らしさを目いっぱい楽しみたいなら、やっぱり迷彩柄が外せません。ワイドシルエットの迷彩カーゴを、だらしなくならずに、カッコ良く決めるコーディネートを、写真と共にご紹介しています。
カーゴパンツ+コートの着こなし方
カーゴパンツはタイトな形の物であればミドル丈コートと合わせてもスッキリと着こなすことができます。ミリタリーテイストのコートに黒のカーゴパンツを合わせれば男らしさもグッとUP。足元はレザーのブーツでまとめます。
カーゴパンツ+パーカーの着こなし方
カーゴパンツ、パーカーはカジュアルにゆったりと着るのも良いですが、タイトな物を選べばクールな印象に仕上がります。インナーは白のカットソーを合わせ、パーカーからチラ見せするとオシャレです。
カーゴパンツ+セーターの着こなし方
カーゴパンツにセーターを合わせる場合、グレーやカーキなどの渋めの色でまとめると大人のオシャレな雰囲気が演出できます。また、セーターからちらりとのぞく程度に黒のインナーを見せるとさらにオシャレ度UPです。
カーゴパンツ+カーディガンの着こなし方
カーゴパンツにカーディガンを合わせたオフコーデは、白のインナーに丈が長めのゆったりとしたカーディガンを軽く羽織るように着ると、オシャレな雰囲気を演出できます。カーゴパンツは細身の物を選んでスッキリと見せます。
カーゴパンツ+シャツの着こなし方
カーゴパンツとシャツでシンプルにコーディネートする場合、シャツは綺麗なストライプ柄の物などがおすすめです。あれこれ重ねるのではなくシンプルにまとめることで大人の上品さを印象付けてくれます。靴は茶色を合わせます。
カーゴパンツ+カットソーの着こなし方
大人っぽさを感じさせるグレーのカットソー、黒のカーゴパンツの組み合わせに、ボーダー柄のインナーをプラス。トップスを重ね着にするとオシャレ感がUPします。インナーはチラ見せ程度にするとキレイにまとまります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP