カーゴパンツに合うコート

カーゴパンツ+コートの着こなし方

カーゴパンツとコートを合わせる着こなし方

カーゴパンツ(黒)・コート(カーキ)・ブーツ(黒)

 

タイトな黒のカーゴパンツとカーキ色のコートを合わせた着こなし画像

 

カーゴパンツにアウターを合わせる場合、ショート丈コートとのコーデが多いですが、タイトな形のカーゴパンツならミドル丈コートとの相性も良いです。こちらでは黒のタイトカーゴパンツに、ミリタリーテイストのコートを合わせました。

 

ダボッとせずにスマートに仕上がっています。また黒×オリーブの配色は男らしさを演出するのに良い組み合わせです。シューズも男らしさを感じさせるレザーの編み上げレースアップブーツでまとめます。

 

 

カーゴパンツ(ベージュ)・Pコート(黒)・シャツ(白)・シューズ(黒)

 

ベージュのカーゴパンツに黒のPコートを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのボタンシャツの上にブラックのPコートを着ています。Pコートはミリタリーな雰囲気と丈が短いので、足長効果があるのが魅力的です。Pコートはやはりデザインが魅力的なので是非ボタンは留めて、シャツは襟や裾を見せる程度がオシャレです。

 

ボトムスはベージュのカーゴパンツで重厚感のある上半身をスッキリと見せています。足元はブラックのバブーシュシューズで全体をまとめています。

 

 

カーゴパンツ(デニム)・コート(モカ)・カットソー(黒×ボーダー)・スニーカー(黒)

 

デニムのカーゴパンツにモカのコートを合わせた着こなし画像

 

トップスはブラックとボーダーのカットソーアンサンブル。さりげなくチラ見せしているネック部分と裾がとてもオシャレです。ボトムスはデニムのカーゴパンツで上下ともにカジュアルな着こなしです。

 

その上に羽織っているのがミリタリーコート。がらっと雰囲気が変わり、大人のコーディネートになっています。トレッキングスニーカーはブラックで全体をまとめ、大人カジュアルなスタイルとなっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーゴパンツとコートを合わせる着こなし方 A

カーゴパンツ(カーキ)・コート(茶)・カーディガン(グレー)・・ブーツ(茶)

 

カーキのカーゴパンツにカーディガンとコートを合わせた着こなし画像

 

キレイめシルエットのショート丈のトレンチコートと、ワイルド感のあるカーゴパンツをアースカラーで合わせている着こなしです。インナーは明るい静かな配色の白シャツとグレーのカーディガンの組み合わせ。

 

カーディガンはボタンはきっちり留めず、下を2つくらい空けるのがポイントです。シャツはベルトが見えるくらいの着丈で。ショート丈のトレンチコートは着回しがいろいろとできる便利なアイテムです。

 

 

カーゴパンツ(グレー)・コート(ベージュ)・シャツ(ネイビー)・ブーツ(茶)

 

グレーのカーゴパンツにベージュのコートを合わせた着こなし画像

 

シンプルにコートとシャツ、グレーのカーゴパンツが組み合わさることで、垢抜けした大人っぽい着こなしになります。シャツはボタンの色が違うものを選び、トレンチコートはWボタンになっていて前を閉じるとピーコートのようになります。

 

パンツもカーゴと千鳥格子にすることで、ラフさもプラスされています。足元はベルトつきのデザインブーツにすることで、引き締まった印象をあたえてくれます。

 

 

カーゴパンツ(カーキ)・コート(黒)・カーディガン(グレー)・シャツ(白)・ブーツ(茶)

 

カーキのカーゴパンツに黒のコートを合わせた着こなし画像

 

全体的に引き締まった印象になる暗色は、上から下にかけて明るくするのがポイントです。この写真のようにコートに黒を選ぶなら、インナーはグレー、パンツはカーキにすると、スリムな印象を与える着こなしになります。

 

カーディガンは編み込みレザーベルトが見えるようにショート丈をチョイス。ここではシルエットのキレイなコートを使ってきっちりときれいめスタイルにするのではなく、あえてカーゴパンツを合わてカジュアル感をプラスして抜け感を作っています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーゴパンツとコートをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カーゴパンツにコート、地味な色で固め過ぎると労働者風になってしまいそうなので、インナーや足元を工夫したいところだ。明るい色、ピンク色とかのラルフローレンあたりのシャツと、ブラウン色のスエードの靴で合わせると良いかも。長めの白のマフラーをコートの上に見せる感じでまいてアクセントつけるのも良いのではと思う。【男性 30代】

まず、ホワイトカラーのシャツの上にグレーカラーの細身でリブ編み、Vネックのニットを合わせます。その上にベージュカラーのシングルタイプのコートを羽織ります。素材はコットンで細身のものです。カーゴパンツはスリムフィットスタイルのものでカラーはブラウンです。靴はブラックカラーのシンプルなデザインの革靴を合わせます。【男性 30代】

ボトムは,薄い茶系のカーゴパンツに濃い茶色のダナー系マウンテンブーツをあわせます。インナーは,ヘンリーネックの白いTシャツにグレー系のパーカーをあわせます。チャックが上下どちらからも開け閉めができるタイプか,トレーナータイプがベストです。その上に濃いグリーンやネイビーのコートをコーディネートします。もちろん,パーカーはコートの上から出して。もし,これで寒いようであれば,濃い色のダウンベストをコートの下にあわせます。【男性 40代】

カーゴパンツにコートは冬の定番の着こなしですね。カーゴパンツならコートはメルトンPコートで色はブラックが合わせやすいと思います。パンツの色がベージュでもカーキでも合いますね。インナーはシャツとカーディガンなんかどうでしょうか。シャツはホワイトでカーディガンはわりとどんな色でも合うと思いますが、ネイビーなどいいかもしれませんね。【男性 20代】

カーゴパンツにコートを合わせる時は、フード付きの中綿入りのナイロン製のハーフコートを合わせます。パンツがカーキのときはネイビーブルーか薄いアーミーグリーンを合わせます。中には黒か焦げ茶のタートルネックのセーターを着ます。靴は茶系のデザートブーツを。スポーティな格好にあうニット編みの大きめのマフラーとニットの手袋も。【男性 40代】

 

好感のもてるカーゴパンツとコートの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カーゴパンツは細身が好みです。コートは大きすぎると昭和っぽいから、ジャストサイズを選ぶべきだと思います。個人的には、ファーや余計な飾りがついていないシンプルでベーシックなものが、いやらしくなくて好感が持てます。それにはっきりした色とか柄のマフラーを合わせてたり、インナーを色柄物にしてたりするとお洒落っぽく見えて更に良いと思います。【女性 20代】

少し細身できれいめのカーゴパンツ、色は黒、ベージュ、カーキなどの定番色がいいと思います。長めのコートを合わせるとしたら、アトリエコートをざっくりと羽織るスタイルが、かっこいいですね。短い丈のものなら、紺のPコートやショートトレンチとコーディネートすると、全体のイメージがピリっとしまるので、合わせてもらいたいアイテムです【女性 20代】

私が好きなカーゴパンツとコートのコーディネートは、コートはロングではなくショート丈のものを、カーゴパンツは男性らしいゆったりとしたものを合わせられたスタイルです。首回りのあいたコートの場合は、タートルネックを合わせられても素敵ですね。個性的なコートを合わせられても、おしゃれでいいですね。とても男性らしいコーディネートですので、好感が持てます。【女性 20代】

 

カーゴパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーゴパンツ+コートの着こなし方関連ページ一覧

スリムカーゴパンツの着こなし方
ワイドでルーズになりがちなカーゴパンツも、時にはスリムにカッコよく履きこなしたいもの。タフな印象のカーゴパンツを、男らしく、かつ大人っぽく綺麗に着こなすためのポイントを、写真を例に挙げてご紹介します。
ダボダボカーゴパンツの着こなし方
ダボダボ感のあるカーゴパンツは、トップスをきれいめコーディネートするとバランスがとれやすいです。カーキのパンツの場合は、黒、グレー、赤、茶色をちりばめると良いです。
カーゴパンツ(黒)の着こなし方
タフな印象の強い黒のカーゴパンツも、シルエットの美しいタイプならシンプルで上品なコーデに早変わり。全体にスリムな印象にまとめる事で、スッキリとして大人っぽい、なのにどこか男らしい、味わい深いスタイルが完成します。
カーゴパンツ(カーキ)の着こなし方
キレイめシルエットのカーゴパンツは、昨今大人気のアイテム。中でも、定番のカーキはかっこよく着こなしたいものです。キレイめカーゴパンツなら、ジャケットなどと合わせて上品に着こなすのもおススメです。
カーゴパンツ(ベージュ)の着こなし方
カーゴパンツの中でも定番中の定番と言えるのが、ベージュカラーです。爽やかな風合いのボトムスを着こなすには、トップスとのバランスが重要。ラフで、清潔感も失わないベージュカーゴのコーディネートを写真と共にご紹介します。
カーゴパンツ(オリーブ)の着こなし方
ベージュに比べて個性の強いオリーブカラーのカーゴパンツは、スタイリッシュに履きこなせれば、周囲の視線を引き付ける事間違いなしです。シャツやインナーとのコーデにこだわれば、カジュアルなカーゴパンツを綺麗に着こなせます。
カーゴパンツ(迷彩柄)の着こなし方
カーゴパンツの男らしさを目いっぱい楽しみたいなら、やっぱり迷彩柄が外せません。ワイドシルエットの迷彩カーゴを、だらしなくならずに、カッコ良く決めるコーディネートを、写真と共にご紹介しています。
カーゴパンツ+ジャケットの着こなし方
カーゴパンツは幅広ならラフやカジュアルに、細身の物ならキレイめにと、使い分けができるアイテムです。また、合わせるジャケットのボリューム感に合わせて幅広・細身を選ぶことで全体のバランスもとりやすいです。
カーゴパンツ+パーカーの着こなし方
カーゴパンツ、パーカーはカジュアルにゆったりと着るのも良いですが、タイトな物を選べばクールな印象に仕上がります。インナーは白のカットソーを合わせ、パーカーからチラ見せするとオシャレです。
カーゴパンツ+セーターの着こなし方
カーゴパンツにセーターを合わせる場合、グレーやカーキなどの渋めの色でまとめると大人のオシャレな雰囲気が演出できます。また、セーターからちらりとのぞく程度に黒のインナーを見せるとさらにオシャレ度UPです。
カーゴパンツ+カーディガンの着こなし方
カーゴパンツにカーディガンを合わせたオフコーデは、白のインナーに丈が長めのゆったりとしたカーディガンを軽く羽織るように着ると、オシャレな雰囲気を演出できます。カーゴパンツは細身の物を選んでスッキリと見せます。
カーゴパンツ+シャツの着こなし方
カーゴパンツとシャツでシンプルにコーディネートする場合、シャツは綺麗なストライプ柄の物などがおすすめです。あれこれ重ねるのではなくシンプルにまとめることで大人の上品さを印象付けてくれます。靴は茶色を合わせます。
カーゴパンツ+カットソーの着こなし方
大人っぽさを感じさせるグレーのカットソー、黒のカーゴパンツの組み合わせに、ボーダー柄のインナーをプラス。トップスを重ね着にするとオシャレ感がUPします。インナーはチラ見せ程度にするとキレイにまとまります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP