カーゴパンツに合うカーディガン

カーゴパンツ+カーディガンの着こなし方

カーゴパンツとカーディガンを合わせる着こなし方

カーゴパンツ(モカ)・カーディガン(黒)・カットソー(白)・シューズ(黒)

 

カーゴパンツとカーディガンを合わせた着こなし画像

 

気軽に履けるカーゴパンツに、ゆったりとしたカーディガンを合わせた、休日にピッタリなコーデです。ポイントは、細身のカーゴパンツを合わせるという点です。丈が長めのカーディガンなので、シルエットはスッキリとまとめるようにするとGOODです。

 

インナーに清潔感のある白のVネックカットソー、シューズは大人っぽく黒のリアルスウェードバブーシュシューズで引き締めます。もう少しアクティブにという場合はデニムパンツと合わせます。

 

 

カーゴパンツ(黒)・カーディガン(ワイン)・カットソー(グレー)・ブーツ(黒)

 

黒のカーゴパンツにワインのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ワインという色はより大人っぽくシックに見せることが出来る色です。そんなワイン色のカーディガンをメインとしたコーディネートです。襟元のデザインがオシャレで、しっかりとしたニット記事なので着膨れせず、春や秋の羽織りものとしても活躍しそうです。

 

ボトムスはカジュアルなカーゴパンツですが、ブラックなので落ち着いた印象になっています。レースアップブーツもブラックにすることで、下半身がスラっとした印象になっています。

 

 

カーゴパンツ(カーキ)・カーディガン(黒)・カットソー(白)・シューズ(黒)

 

カーキのカーゴパンツに黒のカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのカットソーの上に着ているのは実はカーディガン。襟やボタンなどデザインがまるでテーラードジャケットのようでとてもオシャレです。軽く羽織れますし、カッチリし過ぎないので気軽に着まわせるのが嬉しいアイテムです。

 

ボトムスはカーキのカーゴパンツというカジュアルな1枚をセレクトしています。ベルトをつけると良いアクセントに。スウェードのバブーシュシューズはブラックでカーディガンと合わせ全体を上手くまとめています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーゴパンツとカーディガンを合わせる着こなし方 A

カーゴパンツ(チャコール)・カーディガン(ネイビー)・カットソー(グレー)・ブーツ(茶)

 

チャコールのカーゴパンツにネイビーのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

編みこみショールカラーのカーディガンはシックな印象になります。インナーにスクリューネックカットソーを組み合わせることで、上品さもプラス。

 

ボトムスは、ミリタリーな要素があるきれいめシルエットのカーゴパンツを合わせて全体を引き締めた着こなしにしています。足元はライトブラウンのブーツにすることで、明るい色が入ります。スリムな着こなしにしたい人に向いている着こなしです。

 

 

カーゴパンツ(グレー)・カーディガン(グレー)・カットソー(黒)・シューズ(ベージュ)

 

グレーのカーゴパンツにグレーのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ラフな印象を持つ二本のラインが特徴のキレイめカーディガンと美シルエットのカーゴパンツを合わせた着こなしです。二本ラインと同色のカットソーの組み合わせがこなれた感じに見せてくれます。

 

カーゴパンツは暗めのグレーにすると、カーディガンとのグラデーション効果。ベルトもチラ見せさせています。足元はベージュの靴でバランスが取れます。あっさりとしたような印象ですが、しっかりと随所が決まったコーディネートです。

 

 

カーゴパンツ(カーキ)・カーディガン(グレー)・ボーダーシャツ(ネイビー)・ブーツ(茶)

 

ダボっとしたカーゴパンツにグレーのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ニットカーディガンを七分丈にすると、肌寒い初夏にぴったりの装いになります。このコーディネートで使われているのは麻混で、涼しさをプラス、さらにマリンボーダーが爽やかな印象をあたえてくれます。

 

カーゴパンツでラフな印象に仕上げると、ハード&ソフトの仕上がりになります。足元は茶色のブーツでハードに引き締まります。ペンダントがアクセントとなり、カジュアルなコーディネートの完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーゴパンツとカーディガンをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カーゴパンツにカーディガンを合わせるなら、カーディガンの種類が重要ですね。私なら、例えばペンドルトンが出しているようなノルディック柄の物を選びますね。ショールカラーのタイプならアウターとしても使えそうですのでオススメです。靴は、ボトムがカーゴパンツなので、エンジニアブーツなんていいかもしれませんよね。【男性 20代】

真っ白な無地のワイシャツを着て、その上に少し明るめの色のセーターを気持ちダボっとした感じで重ね着したい。少し暖かくなってきた季節だったらピンクとか秋だったら、オレンジとか。ボトムスは逆にぴったりサイズのあっ黒いカーボパンツを着用したい。ボトムスをチノパンではなくカーボパンツにすることでラフさをだしたい。【男性 20代】

カーゴパンツにカーディガンを合わせる場合、インナーに気を使いたいですね。カーゴパンツと相性のよいデニムシャツにしたり、チェック柄にするとよいかと思います。あとはハンチングなどの帽子で全体をまとめると活動的な感じでうまくまとまるかと思います。あまりきちっとした不陰気にはしたくないのでカーディガンは前開きで。【男性 30代】

私自身が行っているコーディネートを参考までにご紹介します。カーゴパンツは綿の無地ベージュ、靴はスニーカーorブーツでカラーはベージュ・こげ茶・赤みの茶、カーディガンはこげ茶orチャコールで薄手のもの、インナーは無地タートルでグレー、アウターは薄手のジップアップブルゾンorダウンでグレートーン。これに同色系かオレンジ系のマフラーでいかがでしょうか?【男性 30代】

カーディガンはネイビーカラーで襟のついた細身のもので、ボタンが首元まであるものを着用します。カーディガンのボタンは全てとめます。インナーにはホワイトカラーのシャツを合わせ、シャツはパンツにしまいます。ブラックカラーの太目のレザーのベルトをします。カーゴパンツはベージュカラーでスリムフィットのものを合わせます。靴はブラックカラーのシンプルなデザインのスニーカーです。【男性 30代】

 

好感のもてるカーゴパンツとカーディガンの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カーゴパンツとカーディガンの組み合わせでは、定番のカーキやネイビーのパンツにシンプルな無地のカーディガンや、少しかわいげのある感じのカーディガンを合わせるスタイルに好感が持てます。グレーや黒のカーディガンが好きですが、中には白などの明るい色のTシャツや襟付きシャツを着ているのが清潔感があって好きです。カーディガンはポケット付きやカラーボタンなど、少しかわいげがあるものも良いです。【女性 30代】

カーゴパンツの色はベージュ、カーディガンの色はグレー、インナーにはボタンダウンのシャツを合わせるとおしゃれだと思います。シャツの色は淡いブルーかピンクがいいです。そうするとさわやかに見えます。靴は、凝ったデザインのカラフルなスニーカーか、ごつい感じの靴で色はブラウンが良いと思います。さらに、カーディガンの袖は腕まくりして、シャツが袖口から見えるように、くしゃっとさせるとおしゃれに見えますよ。【女性 20代】

カーゴパンツに、インナーはロングか半袖などのVネックTシャツ、長めの丈のカーディガンを合わせると脱力系でおしゃれに見えます。カーゴパンツはだらしなく見えないようにウエストに合ったサイズのものがいいです。カーディガンの丈は絶対に長めの方がいいです。色は全体的にカーキや紺や茶色や黒などのベーシックなもので、ポイントでピンクや紫などが入っているとおしゃれです。【女性 30代】

 

カーゴパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーゴパンツ+カーディガンの着こなし方関連ページ一覧

スリムカーゴパンツの着こなし方
ワイドでルーズになりがちなカーゴパンツも、時にはスリムにカッコよく履きこなしたいもの。タフな印象のカーゴパンツを、男らしく、かつ大人っぽく綺麗に着こなすためのポイントを、写真を例に挙げてご紹介します。
ダボダボカーゴパンツの着こなし方
ダボダボ感のあるカーゴパンツは、トップスをきれいめコーディネートするとバランスがとれやすいです。カーキのパンツの場合は、黒、グレー、赤、茶色をちりばめると良いです。
カーゴパンツ(黒)の着こなし方
タフな印象の強い黒のカーゴパンツも、シルエットの美しいタイプならシンプルで上品なコーデに早変わり。全体にスリムな印象にまとめる事で、スッキリとして大人っぽい、なのにどこか男らしい、味わい深いスタイルが完成します。
カーゴパンツ(カーキ)の着こなし方
キレイめシルエットのカーゴパンツは、昨今大人気のアイテム。中でも、定番のカーキはかっこよく着こなしたいものです。キレイめカーゴパンツなら、ジャケットなどと合わせて上品に着こなすのもおススメです。
カーゴパンツ(ベージュ)の着こなし方
カーゴパンツの中でも定番中の定番と言えるのが、ベージュカラーです。爽やかな風合いのボトムスを着こなすには、トップスとのバランスが重要。ラフで、清潔感も失わないベージュカーゴのコーディネートを写真と共にご紹介します。
カーゴパンツ(オリーブ)の着こなし方
ベージュに比べて個性の強いオリーブカラーのカーゴパンツは、スタイリッシュに履きこなせれば、周囲の視線を引き付ける事間違いなしです。シャツやインナーとのコーデにこだわれば、カジュアルなカーゴパンツを綺麗に着こなせます。
カーゴパンツ(迷彩柄)の着こなし方
カーゴパンツの男らしさを目いっぱい楽しみたいなら、やっぱり迷彩柄が外せません。ワイドシルエットの迷彩カーゴを、だらしなくならずに、カッコ良く決めるコーディネートを、写真と共にご紹介しています。
カーゴパンツ+ジャケットの着こなし方
カーゴパンツは幅広ならラフやカジュアルに、細身の物ならキレイめにと、使い分けができるアイテムです。また、合わせるジャケットのボリューム感に合わせて幅広・細身を選ぶことで全体のバランスもとりやすいです。
カーゴパンツ+コートの着こなし方
カーゴパンツはタイトな形の物であればミドル丈コートと合わせてもスッキリと着こなすことができます。ミリタリーテイストのコートに黒のカーゴパンツを合わせれば男らしさもグッとUP。足元はレザーのブーツでまとめます。
カーゴパンツ+パーカーの着こなし方
カーゴパンツ、パーカーはカジュアルにゆったりと着るのも良いですが、タイトな物を選べばクールな印象に仕上がります。インナーは白のカットソーを合わせ、パーカーからチラ見せするとオシャレです。
カーゴパンツ+セーターの着こなし方
カーゴパンツにセーターを合わせる場合、グレーやカーキなどの渋めの色でまとめると大人のオシャレな雰囲気が演出できます。また、セーターからちらりとのぞく程度に黒のインナーを見せるとさらにオシャレ度UPです。
カーゴパンツ+シャツの着こなし方
カーゴパンツとシャツでシンプルにコーディネートする場合、シャツは綺麗なストライプ柄の物などがおすすめです。あれこれ重ねるのではなくシンプルにまとめることで大人の上品さを印象付けてくれます。靴は茶色を合わせます。
カーゴパンツ+カットソーの着こなし方
大人っぽさを感じさせるグレーのカットソー、黒のカーゴパンツの組み合わせに、ボーダー柄のインナーをプラス。トップスを重ね着にするとオシャレ感がUPします。インナーはチラ見せ程度にするとキレイにまとまります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP