カーディガン tシャツ コーデ

カーディガン+Tシャツの着こなし方

カーディガンとTシャツを合わせる着こなし方

カーディガン(黒)・Tシャツ(白)・デニムパンツ・スニーカー(白)

 

黒のカーディガンと白のTシャツを合わせた着こなし画像

 

何かとルーズになりがちな、デニム主体のカジュアルカーディガンコーデ。スッキリきれいにまとめるコツは、インナーのTシャツです。白のシンプルなアイテムをチョイスする事で、全身の印象をさわやかに引き締め、カーディガンの持つ柔らかなシルエットを引き立ててくれます。

 

どんなカーディガンにも、ボトムにも合わせやすいので、着こなしの幅も広い白Tシャツ。カーディガンコーデには欠かせないアイテムのひとつです。

 

 

カーディガン(ネイビー)・Tシャツ(ベージュ)・デニムカーゴ(ユーズド)・シューズ(黒茶)

 

ネイビーのカーディガンに白いTシャツとユーズドのデニムを合わせた着こなし画像

 

スタンドカラーのオシャレなカーディガンを着こなしたコーディネートとなっています。カーディガンのデザインがスタイリッシュなのでプリントTシャツの上に羽織るだけで、かなり決まった組み合わせとなります。

 

上半身がタイトなラインなのでボトムスはデニムのカーゴパンツで少しだけルーズにし、さらに足元はダークブラウンのバブーシュシューズでカジュアル感をプラスしています。

 

 

カーディガン(マスタード)・カットソー(白)・デニム(ユーズド)・スニーカー(茶)

 

マスタードのカーディガンに白のカットソーとユーズドのデニムを合わせた着こなし画像

 

普段モノクロ系のコーディネートを好む人は、マスタードは使いにくい色に感じるかもしれませんが、実はとてもカジュアルに仕上がる色なんです。白いプリントカットソーにマスタードのカーディガンを羽織り、優しくカジュアルなイメージになっています。

 

ボトムスはユーズドのデニムカーゴ、足元はカーディガンと同系色のブラウンのトレッキングスニーカーで統一感をプラス。野外デートにもピッタリな、アクティブなコーディネートに仕上がっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーディガンとTシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

Tシャツは半袖かロンTを選びます。5分丈や7分丈などは上に羽織ると着ているときに気持ち悪いのでなるべく避けます。カーディガンとTシャツであれば、それぞれ無地か、Tシャツにプリントものの物を選んで合わせます。色はカーディガンは黒や青、Tシャツは基本白で無地かプリントもの。個人的にはシンプルなほうが好きなので大抵そうします。注意する事は色使いと最初に書いた丈の長さです。【男性 30代】

シンプルな服装が好みですので、インナーには白か薄い色の無地系のTシャツを着用して、その上から黒や紺と言った濃い色のカーディガンを羽織ります。パンツも暗い色でジーンズを中心に履くと思います。シューズはカジュアルな感じを表しつつ、明るい色を足元に取り入れるために、白いスニーカーを履きます。年齢的にはシンプルな服装がしっくりときます【男性 30代】

カーディガンとTシャツを合わせる場合は、Tシャツは必ず白シャツと決めています。白いTシャツはアウターの色を選びませんから、その分カーディガンでいろんな冒険ができます。原色のカーディガンでも良いし、モノトーンでも大丈夫。けどモノトーンだと落ち着きすぎちゃうから、やっぱ青のカーディガンかな、僕の好みは。あとは首元に小物を合わせて、完成です。【男性 30代】

カーディガンの着こなしの際には、次の事に気をつけています。1…比較的丈のコンパクトなもの、袖口はリブになっているものでタイトに着こなしたいです。2…インナーに着るものよりも暗めの色、もしくは派手な色や柄で着こなしのアクセントor引き締めに使用する。3…インナーの襟は広めにとる(カットソーならVやUネックなどで襟元を開けてみせる)ことで小顔効果を狙う【男性 20代】

ライトブルーカラーの細身のカーディガンにホワイトカラーのTシャツをインナーに合わせます。できるならカーディガンのボタンがホワイトカラーであるならアクセントとなりおしゃれです。ベージュカラーのニット帽をかぶり、黒縁の伊達メガネをかけます。パンツは細身のブラックカラーのものを合わせ靴はホワイトカラーのスニーカーを合わせます。【男性 30代】

 

好感のもてるカーディガンとTシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

Tシャツとカーディガンを合わせるなら、ストールに半端丈のチノパン、デッキシューズで綺麗めに!大人のリラックスって感じでカッコいいです!綺麗色のカーディガンだったら、肩からたらした袖をスカーフのように緩く胸の前で結んで、さし色として使ってもいいですね。緩くなりがちな組み合わせなので、リラックスした中にもどこかかっちりとした部分を残していると素敵です。【女性 20代】

カーディガンとTシャツの着こなしは、きちんと感をうまく気崩した感じが好きです。プレッピー風のカーディガンのインにカラフルなロゴTを合わせたり、ブリティッシュ風味のVカーデのインにロックTを合わせたり、あまり地味に色合わせをせず、自由に組み合わせているコーディネートに好感がもてます。小物もあえてレザーシューズではなくスニーカーをあわせているとかっこいいです。【女性 30代】

カーディガンとTシャツの着こなしは、きちんと感をうまく気崩した感じが好きです。プレッピー風のカーディガンのインにカラフルなロゴTを合わせたり、ブリティッシュ風味のVカーデのインにロックTを合わせたり、あまり地味に色合わせをせず、自由に組み合わせているコーディネートに好感がもてます。小物もあえてレザーシューズではなくスニーカーをあわせているとかっこいいです。【女性 30代】

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーディガン+Tシャツの着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
半袖カーディガンの着こなし方
半袖カーディガンにVネックカットソーを合わせると爽やかカジュアルに仕上がります。グレーと白で上半身を配色すると重ね着でも重苦しくならずに済みます。ベージュのカラーパンツ、ブラックのレザーサンダルで完成です。
ボタンなしカーディガンの着こなし方
Uネックカットソー、カーゴパンツ、レースアップブーツのカジュアルスタイルも、ボタンなしカーディガンを軽く羽織れば程よいラフ感が出て大人の魅力UPです。軽く着ているのにオシャレを感じさせるコーディネートです。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(グレー)の着こなし方
グレーのカーディガンは、ホワイトシャツで清潔感を出しつつ、ブラウンのカーゴパンツ、黒のスウェードバブーシュシューズで暖かみのある大人カジュアルスタイルに仕上げます。通学や軽いお出掛けにもピッタリなコーデです。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのカーディガンは、白のインナー、ベージュのボトムス、ダークブラウンの靴でまとめます。シャツで爽やかさをプラス、シンプルなストレートパンツを合わせ、バブーシュシューズで大人っぽく仕上げます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダー柄カーディガン、白のVネックカットソー、サルエルカーゴパンツで爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。レースアップブーツを合わせればさらに男らしさがUPします。ネックレスを合わせてもGOOD。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+ジャケットの着こなし方
デザインにこだわったハイネックカーディガンはオシャレですが、上に羽織るジャケット選びが難しいもの。同じくスタンドカラー気味に羽織れるフード付きタイプのジャケットとと合わせれば、立体感あるコーデを楽しめます。
カーディガン+コートの着こなし方
カーディガンの上にコートを羽織るのは、秋冬のノーブルなコーディネートです。カーディガンの上品なスタイルを引き立てるには、コートもキレイめシルエットのアイテムをチョイスし、スマートに着こなすのがポイントです。
カーディガン+シャツの着こなし方
カーディガンのインナーに悩んでいるなら、断然シャツがおススメです。特に、シンプルで飾り気のないホワイトシャツは、どんなデザインのカーディガンとも好相性。落ち着いた大人のカジュアル感を引き立ててくれます。
カーディガン+カットソーの着こなし方
カジュアルになり過ぎなカーディガンとカットソーのコーデも、色遣いとレイヤードにこだわれば、スタイリッシュなオフスタイルを演出できます。シルエットの違いで全身のコーデにメリハリを加える、大人っぽい着こなしです。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カラーパンツの着こなし方
インパクト抜群の柄物カーディガンには、デニムでまとめた無難なスタイルより、カラーパンツでメリハリをつけるのがおススメです。トップスの魅力を最大限に引き出せる色遣いで、周囲とは一味違うオシャレ感を楽しめます。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP