カーディガン 半袖 メンズ

半袖カーディガンの着こなし方

半袖カーディガンの着こなし方

カーディガン(ライトグレー)・カットソー(白)・カラーパンツ(ベージュ)・サンダル(黒)

 

ライトグレーの半袖カーディガンにベージュのパンツを合わせた着こなし画像

 

半袖カーディガンを爽やかスタイルにまとめています。アウターはグレーの半袖カーディガン、インナーはVネックのホワイトカットソー、ボトムスにベージュのカラーパンツ、足元はブラックの編み込みレザーサンダルでまとめています。

 

トップスにグレーとホワイトを合わせる事で、カーディガンとカットソーを重ねて着ても暑苦しさを感じない色合いになっています公園や海辺でのお散歩デートなどにピッタリな爽やかカジュアルコーディネートです。

 

 

カーディガン(グレー)・タンクトップ(ボーダー)・サルエルパンツ(黒)・サンダル(黒)

 

グレーの半袖カーディガンに黒のサルエルパンツを合わせた着こなし画像

 

ボーダータンクトップに半袖カーディガン、ボトムスにサルエルパンツを合わせ、編み込みレザーサンダルでカジュアルに決めたコーディネートです。

 

ボトムスは涼しげにクロップドパンツを合わせてもGOODですが、夏の縁日や花火大会など、日が暮れてからのお出掛けは、大人っぽい装いがハマります。インナーのボーダーが程よいカジュアル感と、爽やかさをプラス。薄手のカーディガンなら暑苦しい見た目にもならないのでおすすめです。

 

 

カーディガン(グレー)・カットソー(白)・ダメージデニム・サンダル(黒)

 

グレーの半袖カーディガンにダメージデニムを合わせた着こなし画像

 

カーディガンを羽織っても重たい雰囲気にならない夏の街歩きにぴったりな着こなしがこちらです。インナーに白のプリントカットソー、ボトムスはダメージ加工デニムパンツ。カーディガンは薄手のチャコールカラーです。

 

黒は男らしさをアップさせてくれる色ですが、夏は着こなすのが難しい色でもあります。そんな黒に変わって重宝するのがチャコール。白のインナーと合わせれば着こなしがしやすいです。ボトムスはベージュでもよく似合います。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

半袖カーディガンをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

半袖カーディガンの魅力は、春らしさを演出する際に発揮されます。Tシャツに半袖カーディガンを羽織るだけですごく雰囲気が出ます。お気に入りの組み合わせは、白Tにワインカラーの半袖カーディガンと、デニムのハーフパンツで、これは数年前からアイテムを入れ替えつつ毎年やっているコーディネイトです。今年は黒の半袖カーディガンと白Tにベージュのネクタイとチノパンという組み合わせも好評でした。【男性 20代】

私が半袖のカーディガンを着こなす時、半袖のカーディガンは濃い色のものをチョイスし、インナーに薄い色の薄い洋服を着こなすようにしています。パンツはデニムです。着こなす上で注意していることは、インナーまでしっかり気を使う事です。インナーだからあまり目立たないと言って生地の悪いものを着ていると逆に目立ってしまうので気を付けています。【男性 30代】

 

好感のもてる男性の半袖カーディガンの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

半袖カーディガンは、冬場のゴワゴワしたくないジャケットの中などに活用すると良いですよ!また、夏場に活用したカーディガンでも、カラフルなものだと冬場でも使えます。シンプルなジャケットの中にカラフルなカーディガンで見た目にも楽しいと思います。ボーダーにチノパンを合わせて女受けの良さもプラス。知的な印象よりもキュートさで、ハーフパンツにトライしてみても……。【女性 20代】

ハット帽を被って白いTシャツにカーデイガン、その上にジャケットをはおるようなスタイルは、ヘアスタイリストやアパレル関係者のような玄人っぽい印象です。隙の無いおしゃれ達人が、ジェケットを脱いだら半袖カーディガンだったとしたら、そのお茶目さと遊び心に緊張が一気に解けるような感じです。可愛いらしい男性は魅力的です。【女性 30代】

袖が短い分、他の丈よりカジュアルな印象が増すので、中に着るのはTシャツしかないでしょう。緩めのラインのものを選んで、カジュアルなTシャツ+ジーンズが一番好感が持てますね。腕が見えている分、皮のアクセサリーを付けてポイントにしてもいいかも。カーディガンの生地は透けないタイプのものが、メンズらしくていいですね。【女性30代】

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


半袖カーディガンの着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
ボタンなしカーディガンの着こなし方
Uネックカットソー、カーゴパンツ、レースアップブーツのカジュアルスタイルも、ボタンなしカーディガンを軽く羽織れば程よいラフ感が出て大人の魅力UPです。軽く着ているのにオシャレを感じさせるコーディネートです。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(グレー)の着こなし方
グレーのカーディガンは、ホワイトシャツで清潔感を出しつつ、ブラウンのカーゴパンツ、黒のスウェードバブーシュシューズで暖かみのある大人カジュアルスタイルに仕上げます。通学や軽いお出掛けにもピッタリなコーデです。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのカーディガンは、白のインナー、ベージュのボトムス、ダークブラウンの靴でまとめます。シャツで爽やかさをプラス、シンプルなストレートパンツを合わせ、バブーシュシューズで大人っぽく仕上げます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダー柄カーディガン、白のVネックカットソー、サルエルカーゴパンツで爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。レースアップブーツを合わせればさらに男らしさがUPします。ネックレスを合わせてもGOOD。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+ジャケットの着こなし方
デザインにこだわったハイネックカーディガンはオシャレですが、上に羽織るジャケット選びが難しいもの。同じくスタンドカラー気味に羽織れるフード付きタイプのジャケットとと合わせれば、立体感あるコーデを楽しめます。
カーディガン+コートの着こなし方
カーディガンの上にコートを羽織るのは、秋冬のノーブルなコーディネートです。カーディガンの上品なスタイルを引き立てるには、コートもキレイめシルエットのアイテムをチョイスし、スマートに着こなすのがポイントです。
カーディガン+シャツの着こなし方
カーディガンのインナーに悩んでいるなら、断然シャツがおススメです。特に、シンプルで飾り気のないホワイトシャツは、どんなデザインのカーディガンとも好相性。落ち着いた大人のカジュアル感を引き立ててくれます。
カーディガン+カットソーの着こなし方
カジュアルになり過ぎなカーディガンとカットソーのコーデも、色遣いとレイヤードにこだわれば、スタイリッシュなオフスタイルを演出できます。シルエットの違いで全身のコーデにメリハリを加える、大人っぽい着こなしです。
カーディガン+Tシャツの着こなし方
カジュアルなデニムスタイルにさっとカーディガンを羽織るなら、インナーは断然白のTシャツがおススメです。シンプルかつスマートな色遣いが、爽やかなカーディガンコーデをだらしなくなる事なく決めてくれます。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カラーパンツの着こなし方
インパクト抜群の柄物カーディガンには、デニムでまとめた無難なスタイルより、カラーパンツでメリハリをつけるのがおススメです。トップスの魅力を最大限に引き出せる色遣いで、周囲とは一味違うオシャレ感を楽しめます。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP