カーディガン シャツ 着こなし

カーディガン+シャツの着こなし方

カーディガンとシャツを合わせる着こなし方

カーディガン(黒)・シャツ(白)・デニムパンツ・シューズ(黒茶)

 

カーディガンとシャツを合わせた着こなし画像

 

トラッドなショート丈カーディガンから、個性的なロング丈カーディガンまで、幅広いアイテムと合わせやすいインナーが、シンプルな白シャツです。特に秋冬は、素材で温かさを感じさせる、厚手で柔らかみのあるタイプがぴったり。

 

カーディガンの持つ優しい雰囲気を引き立て、ラフになり過ぎる事なく、全体のシルエットを引き締めてくれます。ルーズな印象になりがちなロング丈カーディガンも、写真のようにシックに着こなせます。

 

 

カーディガン(紺)・シャツ(紺)・パンツ(ベージュ)・ブーツ(茶)

 

紺のカーディガンにベージュのパンツを合わせた着こなし画像

 

爽やかで女性受けの良いコーディネート。お出かけやデートにもピッタリなので似合う方は是非取り入れてみてください。ボタンダウンシャツは、よく見ると襟元がストライプとなっておりカーディガンを脱いでもオシャレに決まる一着です。

 

ネイビーのカーディガンで上半身は濃さの違うネイビーで合わせることで統一感を出しています。ボトムスはベージュ、レースアップブーツは茶色の中間色を選び、優しい印象にしています。

 

 

カーディガン(黒)・シャツ(赤チェック)・ダメージデニム・ブーツ(茶)

 

黒のカーディガンに赤チェックシャツとデニムのを合わせた着こなし画像

 

トップスの赤チェックシャツはカジュアルコーディネートの定番。特に、ボトムスに履いているネイビーのストレッチデニムとの相性がとても良いです。靴はブラウンのレースアップブーツでさらにカジュアル感をプラスしています

 

アウターとして着ている黒のカーディガンでストレッチデニムと共にスッキリとしたボディラインを出し、大人のカジュアルコーデに仕上げています。

 

 

カーディガン(黒)・シャツ(白)・カラーパンツ(黒)・ブーツ(黒)

 

ライトグレーのカラーパンツに白シャツと黒のカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのボタンダブルシャツを黒カーディガンに合わせると、女性にも好評の爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。ブラックのカーディガンとライトグレーのカラーパンツと合わせ、明るめモノクロコーデの完成。

 

ライトグレーのパンツは明るめのアイテムともマッチするので、非常に合わせやすいです。ブーツもブラックをセレクトし、全体的にまとまりある着こなしになっています。ボトムスをブラックにして前を閉じれば事務所などでも使えるコーディネートになります。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーディガンとシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カーディガンとシャツを合わせる場合は、ありきたりかもしれませんが、無地のカーディガンにストライプかチェックのシャツを合わせます。その際、カーディガンとシャツの色合いは同系色にしています。シャツがチェックなら若々しく、ストライプなら大人っぽくスマートな印象を与えられると思います。ただ間違ってもダーク系統は避けること。【男性 30代】

カーディガンとシャツの組み合わせなら襟付きのシャツを選びます。若い人はTシャツなどの丸首のインナーとカーディガンをあわす人も見かけますがやはり、カーディガンのアイテムからすると胸元周りのデザインが襟付きのもののほうがしっくりきます。素材もニットが多いので色目も地味めのものや色味があってもダークな色が多いカーディガンは白い色か薄い色のシャツを合わせます。パンツはジーパンやカーゴパンツなどのワイルド系よりも上品なチノパンやウールパンツのほうが相性がいいと思います。【男性 40代】

ショールカラー(丸みを帯びた襟)で細身、そして色はネイビーで生地の厚めのボタン付ウールカーディガンをホワイトのコットンシャツの上に合わせます。ちなみにカーディガンのボタンはきちんととめます。パンツはベージュ、もしくはブラウンのスリムフィットスタイルのものを合わせます。靴はホワイトカラーでシンプルなデザインのものをもってきます。 【男性 30代】

カーディガンとシャツを合わせる場合は基本的に両方とも無地です。インナーのシャツは白だったらカーディガンは大抵の色は合うので気分で変えます。カーディガンが厚手の物の場合はインナーにチェックのネルシャツなどを合わせます。柄はギンガムチェックでキレイ目に。パンツはチノでもジーンズでも。靴はカジュアルにしたい場合はスニーカー、落ち着いた印象にしたい場合は革靴やブーツを選びます。【男性 30代】

カーディガンとシャツならよほど外さない限り無難な感じにまとまりますが、白シャツと青シャツを使うとその中でもハズレがないです。白シャツならどんな色でもまとまります。それだとちょっとつまらないようならドットなどの柄を使うか、青シャツにチェンジしちゃいます。お気に入りはドットの青シャツです。そこにお気に入りのループタイを足すとちょっとこだわりも出てきて良い感じです。【男性 10代後半】

 

好感のもてるカーディガンとシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

シャツとカーディガンを合わせる時は、カーディガンの前は留めないで、羽織りもののように着ている感じが好きです。中にベストやタイループを合わせたり、スカーフを緩めに巻いたりして綺麗めに着ていると好感が持てます。体格のいい人だったら、シャツのボタンを第2くらいまで開けていても素敵。カーディガンを閉めて着る場合は、上にジャケットを羽織ってベストのように着ているとかっこいいですね【女性 20代】

カーディガンはVカットのもので、それにボタンダウンのシャツを合わせたスタイルが好きです。カットが開きすぎると、高校生の制服のような印象になるので、シャツの第二ボタンと第三ボタンの間くらいの開き方がおしゃれな印象になると思います。カジュアルな素材のカーデを選べばジーンズにも合うので、素材次第でいろいろなアイテムと組み合わせることができそう。【女性 30代】

カーディガンとシャツのコーディネートなら、Vネックのローゲージカーディガンと白シャツを合わせた着こなしが好きです。カーディガンはブリティッシュグリーンが一押しですが、ネイビーでワンポイントやラインが入っているようなデザインもいいと思います。さらにその上に、ダッフルコートやピーコートをはおっているのも好感度大です。【女性 30代】

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーディガン+シャツの着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
半袖カーディガンの着こなし方
半袖カーディガンにVネックカットソーを合わせると爽やかカジュアルに仕上がります。グレーと白で上半身を配色すると重ね着でも重苦しくならずに済みます。ベージュのカラーパンツ、ブラックのレザーサンダルで完成です。
ボタンなしカーディガンの着こなし方
Uネックカットソー、カーゴパンツ、レースアップブーツのカジュアルスタイルも、ボタンなしカーディガンを軽く羽織れば程よいラフ感が出て大人の魅力UPです。軽く着ているのにオシャレを感じさせるコーディネートです。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(グレー)の着こなし方
グレーのカーディガンは、ホワイトシャツで清潔感を出しつつ、ブラウンのカーゴパンツ、黒のスウェードバブーシュシューズで暖かみのある大人カジュアルスタイルに仕上げます。通学や軽いお出掛けにもピッタリなコーデです。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのカーディガンは、白のインナー、ベージュのボトムス、ダークブラウンの靴でまとめます。シャツで爽やかさをプラス、シンプルなストレートパンツを合わせ、バブーシュシューズで大人っぽく仕上げます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダー柄カーディガン、白のVネックカットソー、サルエルカーゴパンツで爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。レースアップブーツを合わせればさらに男らしさがUPします。ネックレスを合わせてもGOOD。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+ジャケットの着こなし方
デザインにこだわったハイネックカーディガンはオシャレですが、上に羽織るジャケット選びが難しいもの。同じくスタンドカラー気味に羽織れるフード付きタイプのジャケットとと合わせれば、立体感あるコーデを楽しめます。
カーディガン+コートの着こなし方
カーディガンの上にコートを羽織るのは、秋冬のノーブルなコーディネートです。カーディガンの上品なスタイルを引き立てるには、コートもキレイめシルエットのアイテムをチョイスし、スマートに着こなすのがポイントです。
カーディガン+カットソーの着こなし方
カジュアルになり過ぎなカーディガンとカットソーのコーデも、色遣いとレイヤードにこだわれば、スタイリッシュなオフスタイルを演出できます。シルエットの違いで全身のコーデにメリハリを加える、大人っぽい着こなしです。
カーディガン+Tシャツの着こなし方
カジュアルなデニムスタイルにさっとカーディガンを羽織るなら、インナーは断然白のTシャツがおススメです。シンプルかつスマートな色遣いが、爽やかなカーディガンコーデをだらしなくなる事なく決めてくれます。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カラーパンツの着こなし方
インパクト抜群の柄物カーディガンには、デニムでまとめた無難なスタイルより、カラーパンツでメリハリをつけるのがおススメです。トップスの魅力を最大限に引き出せる色遣いで、周囲とは一味違うオシャレ感を楽しめます。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP