カーディガン ボタンなし メンズ

ボタンなしカーディガンの着こなし方

ボタンなしカーディガンの着こなし方

カーディガン(黒)・カットソー(白)・デニムカーゴパンツ・ブーツ(黒)

 

黒のボタンなしカーディガンとデニムカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

アウターにグレーのボタンなしカーディガン、インナーにホワイトのUネックカットソー、ボトムスにサルエルカーゴパンツを合わせ、足元をレースアップブーツで大人っぽくまとめたコーディネートです。

 

チャック、ボタン付き、フード付きなど、様々あるカーディガンですが、大人っぽく仕上げたい時はボタンなしカーディガンが使いやすいです。カーゴパンツのようなカジュアルアイテムも、軽くカーディガンを羽織れば良いラフさが出ます。

 

 

カーディガン(グレー)・カットソー(白+ジャガード)・カーゴ(ベージュ)・シューズ(茶)

 

グレーのボタンなしカーディガンとベージュのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

ボタンなしカーディガンは、インナーの上に軽く1枚羽織るだけで粋に決まるのが魅力ですがこちらのコーデにように、重ね着風にして着るとおしゃれ感がグッっとUPします。

 

こちらのコーデは、インナーに白のカットソー、ジャガードとボタンなしカーディガンを重ね着風に見せ、ボトムスにベージュのカーゴパンツ、足元はスウェードバブーシュシューズでまとめた着こなしです。ちなみに、着用しているのはフェイクレイヤードタイプです。

 

 

レイヤードカーディガン・カットソー(ボーダー)・カーゴパンツ(黒)・スニーカー(白)

 

ライトグレーのボタンなしカーディガンと黒のカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

簡単かつオシャレにボタンなしカーディガンのコーデを楽しみたいという方におすすめなのが、フェイクレイヤードデザインです。フェイクレイヤードガーディガンにボーダー柄タンクトップ、カーゴパンツを合わせたのがこちらのコーデです。

 

靴は白のスニーカーで軽やかな仕上りになっています。白・グレー・黒の3つの配色で、地味すぎずオシャレにこなれたセンスを感じさせます。もちろん手持ちのカーディガンを重ねてスタイリングしてもOKです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ボタンなしカーディガンをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

男性モノでは少ないですが、ボタンなしのカーディガンも組み合わせ次第では面白いです。ただし、シンプルな白Tの上に短めのボタンなしカーディガンとかの組み合わせだと、ちょっとフェミニンが強すぎて、個人的趣味ではないので、ボタンの変わりに刺繍とかが入っているものを選びます。インナーもシャツか、そうでなければやりセンターラインにデザインがあった方が良いです。【男性 30代】

オフィスで少し冷房が強い時に羽織る際に着ています。スーツに羽織ることが多いので、あまり派手な色を選ばないようしていますが、あくまで社内なので多少の色物は持っています。ボタンがあると、何かと引っかかったりして不便だったのですが、ボタンなしカーディガンだとそんな心配も不要で重宝しています。とても安く購入できるサイトがあるので、何色かまとめ買いをして週間などで着回すと、社内でも「オシャレ」と評判があがりますし、風邪を引くこともないので良いと思います。【男性 20代】

 

好感のもてる男性のボタンなしカーディガンの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ボタンなしカーディガンは色んなアイテムと組み合わせて着こなして欲しいです。結構着ている人が多いから、それだけだと「ただ流行っているから着た」みたいでイマイチかな、と。アイテムはなんでも、自分が似合うと思うもの(ハット、チョーカー、ブレス等)1つか2つくらいで収めると、シンプルでかっこよく見えます。【女性20代】

ボタンなしのカーディガンは着こなせば本当にファッション上級者という印象を受けます。個性が出てくるのがこのカーディガンなので、インナーはシンプルなものを合わせて欲しいです。せっかく個性的なカーディガンを着るのですから、ごちゃごちゃ合わせて頑張るのは逆に鬱陶しく感じることがあります。インナーを思いっきりシンプルにして首元のお洒落に挑戦していてもアリです。メリハリに気を付けているとついカッコいいなって見入ってしまいますね。【女性 30代】

ボタンなしのカーディガンはカジュアルな印象なので、下に浅めのブイネックを着てコットンのパンツを合わせたりすれば素敵な休日ファッションになると思います。ボタンがないことで、全体のポイントがない感じになるので、ベルトでインパクトを出すのもいいですね。帽子などの小物も合いそう。ともするとだらしない印象になりそうなので、髪の毛をきちっとセットしたり、清潔感を意識するのも大事。【女性30代】

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ボタンなしカーディガンの着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
半袖カーディガンの着こなし方
半袖カーディガンにVネックカットソーを合わせると爽やかカジュアルに仕上がります。グレーと白で上半身を配色すると重ね着でも重苦しくならずに済みます。ベージュのカラーパンツ、ブラックのレザーサンダルで完成です。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(グレー)の着こなし方
グレーのカーディガンは、ホワイトシャツで清潔感を出しつつ、ブラウンのカーゴパンツ、黒のスウェードバブーシュシューズで暖かみのある大人カジュアルスタイルに仕上げます。通学や軽いお出掛けにもピッタリなコーデです。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのカーディガンは、白のインナー、ベージュのボトムス、ダークブラウンの靴でまとめます。シャツで爽やかさをプラス、シンプルなストレートパンツを合わせ、バブーシュシューズで大人っぽく仕上げます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダー柄カーディガン、白のVネックカットソー、サルエルカーゴパンツで爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。レースアップブーツを合わせればさらに男らしさがUPします。ネックレスを合わせてもGOOD。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+ジャケットの着こなし方
デザインにこだわったハイネックカーディガンはオシャレですが、上に羽織るジャケット選びが難しいもの。同じくスタンドカラー気味に羽織れるフード付きタイプのジャケットとと合わせれば、立体感あるコーデを楽しめます。
カーディガン+コートの着こなし方
カーディガンの上にコートを羽織るのは、秋冬のノーブルなコーディネートです。カーディガンの上品なスタイルを引き立てるには、コートもキレイめシルエットのアイテムをチョイスし、スマートに着こなすのがポイントです。
カーディガン+シャツの着こなし方
カーディガンのインナーに悩んでいるなら、断然シャツがおススメです。特に、シンプルで飾り気のないホワイトシャツは、どんなデザインのカーディガンとも好相性。落ち着いた大人のカジュアル感を引き立ててくれます。
カーディガン+カットソーの着こなし方
カジュアルになり過ぎなカーディガンとカットソーのコーデも、色遣いとレイヤードにこだわれば、スタイリッシュなオフスタイルを演出できます。シルエットの違いで全身のコーデにメリハリを加える、大人っぽい着こなしです。
カーディガン+Tシャツの着こなし方
カジュアルなデニムスタイルにさっとカーディガンを羽織るなら、インナーは断然白のTシャツがおススメです。シンプルかつスマートな色遣いが、爽やかなカーディガンコーデをだらしなくなる事なく決めてくれます。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カラーパンツの着こなし方
インパクト抜群の柄物カーディガンには、デニムでまとめた無難なスタイルより、カラーパンツでメリハリをつけるのがおススメです。トップスの魅力を最大限に引き出せる色遣いで、周囲とは一味違うオシャレ感を楽しめます。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP