カーディガン ネイビー 着こなし

カーディガン(ネイビー)の着こなし方

カーディガン(ネイビー)の着こなし方

カーディガン(ネイビー)・シャツ(白)・カラーパンツ(ベージュ)・シューズ(黒茶)

 

ネイビー色のカーディガンとベージュのパンツを合わせた着こなし画像

 

ネイビーカラーのカーディガンで爽やかさとキレイ感を演出したコーディネートです。爽やかに見せるボタンダウンシャツをインナーにベージュのストレートパンツを合わせて、バブーシュシューズで大人っぽさをプラス。

 

どんなシーンでも外しのないコーデです。足元にダークブラウンを持って来れば配色的にもバッチリ決まります。キレイめなのに堅苦しくなく、爽やかさも感じる仕上がりになっていますので年齢を問わずに好まれます。

 

 

カーディガン(ネイビー)・7分袖デニムシャツ・パンツ(ベージュ)・スニーカー(白)

 

ネイビー色のカーディガンとカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

インナーにデニム7分袖シャツ、ネイビーのカーディガンを軽く羽織りベージュのカラーパンツを合わせた着こなしです。腰の位置にブラウンのベルトをチラ見せするとアクセントになりGOOD。

 

足元を白のキャンバススニーカーで軽やかにまとめれば、大人のキレイめラフスタイルの完成です。シワ加工シャツの程よいラフ感と、カーディガンのキレイ感が絶妙にマッチ。ランチや散歩など、オシャレにゆったりと過ごす休日にハマる装いです。

 

 

カーディガン(ネイビー)・シャツ(サックス)・カラーパンツ(黒)・パンツ(黒)

 

ネイビー色のカーディガンと黒のパンツを合わせた着こなし画像

 

目上の方との食事会や記念日など、今日は外せないという日に使えるネイビーカーディガンの着こなしがこちらになります。インナーはホワイトボタンダウンシャツで清潔感を演出し、さらにカラーパンツとカーディガンで清楚な印象に。

 

靴は大人っぽさを感じさせる黒をチョイスします。シャツとカラーパンツだけでも十分にキレイ感が出ていますが、そこにカーディガンを合わせる事で品を感じさせる装いになります。ビジネスカジュアルとしても使えるコーデです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ネイビーのカーディガンをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

インナーは、あまり派手目ではないチェック柄のシャツやわりと明るめのカットソーなどを合わせています。ボトムスは、主にチノパンで決めています。デニムは薄めの物を合わせることがありますが、濃いめの物だとぼやける感じがしますので、避けています。靴は、この時期だとブラウンのブーツを良く履いて合わせています。あまり地味にならないような着こなしを考えています。【男性 30代】

私はカーディガンが好きでよく着ています。最近着ているのはネイビーのカーディガンです。ちょっと色に特徴があっておしゃれですよね。私はおもにシャツの上にカーディガンを合わせています。カーディガンの前を開けてもいいですし、閉じてもサマになりますよね。そのシャツにネクタイを締めてもオシャレです。シャツの色は白かブルー系にしています。あとはジャケットの下にカーディガンを着たりもしますよ。【男性 20代】

ネイビーのカーディガンのような定番アイテムを身につける時は、奇をてらわずに清潔感を意識してシンプルな着こなしを心がけています。オーソドックスなスタイルというのは、基本的に安心感のあるスタイルだと考えているので、定番スタイルを変に崩して冒険するのは、個人的には好きではありません。なので、ネイビーのカーディガンであれば、ズバリ白シャツにベージュのチノパンという王道スタイルが一番気に入っています。【男性 30代】

カーディガンはよくジャケットと合わせて着ることが多いので色の組み合わせは重要です。ジャケットとシャツの間にちらりと見えるカーディガンの色は重要なアクセントです。ネイビーはブラックなどの濃い色にはあまりあわないので避けるようにしています。反対に白や明るい発色の色にはよく合うので、明るめのジャケットとよくあわせます。【男性 30代】

ネイビーは前部分がジッパー式のカーディガンを着ています。少ししまった印象になるので、そういう気分の時に着ています。例えば、子連れでない夫婦だけのお出かけの際等です。アウターは、黒のスタンドカラーコートなどに合わせています。パンツはグレーのウールパンツやジーパンが多いですね。インナーは白ベースのシャツが多いのではないでしょうか。【男性 30代】

 

好感のもてる男性のネイビー色カーディガンの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

定番ですが、ネイビーのカーディガンには白いボタンダウンのコットンのシャツがよく合うと思います。ラルフローレンとかから出ている割と厚手のコットンのものなんかがいいですね。清潔感のある感じになると思います。他にはグレーのシャツも合うと思います。流行りのピンクのシャツはあまり合わないので辞めた方がいいかなと思います。【女性 30代】

カーディガンで、ネイビーの色合いだと夏場はともかく、冬場には寒い印象を持たれると思うので……温かい色合いと合わせると良いと思います。〜なので……極力、無地よりも柄モノと合わせる相性が良いでしょう☆また、同系色より濃いめの温かいマフラーとデニムで纏めると印象的には冬場でも爽やかな印象になるのではないかと思います!【女性 20代】

ネイビーは、男性を若々しく誠実に見せる色ですよね。ですから着こなしも、オーソドックスにあまり遊びすぎない感じが魅力的だと思います。スーツや、制服にも使われる色ですから、中にはやはり白ベースのシャツが着映えすると思います。ボトムスも定番の色のチノパンがおすすめです。全体的にキレイ目に決めてほしいなと思います。【女性 30代】

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 

カーディガン(ネイビー)の着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


カーディガン(ネイビー)の着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
半袖カーディガンの着こなし方
半袖カーディガンにVネックカットソーを合わせると爽やかカジュアルに仕上がります。グレーと白で上半身を配色すると重ね着でも重苦しくならずに済みます。ベージュのカラーパンツ、ブラックのレザーサンダルで完成です。
ボタンなしカーディガンの着こなし方
Uネックカットソー、カーゴパンツ、レースアップブーツのカジュアルスタイルも、ボタンなしカーディガンを軽く羽織れば程よいラフ感が出て大人の魅力UPです。軽く着ているのにオシャレを感じさせるコーディネートです。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(グレー)の着こなし方
グレーのカーディガンは、ホワイトシャツで清潔感を出しつつ、ブラウンのカーゴパンツ、黒のスウェードバブーシュシューズで暖かみのある大人カジュアルスタイルに仕上げます。通学や軽いお出掛けにもピッタリなコーデです。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダー柄カーディガン、白のVネックカットソー、サルエルカーゴパンツで爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。レースアップブーツを合わせればさらに男らしさがUPします。ネックレスを合わせてもGOOD。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+ジャケットの着こなし方
デザインにこだわったハイネックカーディガンはオシャレですが、上に羽織るジャケット選びが難しいもの。同じくスタンドカラー気味に羽織れるフード付きタイプのジャケットとと合わせれば、立体感あるコーデを楽しめます。
カーディガン+コートの着こなし方
カーディガンの上にコートを羽織るのは、秋冬のノーブルなコーディネートです。カーディガンの上品なスタイルを引き立てるには、コートもキレイめシルエットのアイテムをチョイスし、スマートに着こなすのがポイントです。
カーディガン+シャツの着こなし方
カーディガンのインナーに悩んでいるなら、断然シャツがおススメです。特に、シンプルで飾り気のないホワイトシャツは、どんなデザインのカーディガンとも好相性。落ち着いた大人のカジュアル感を引き立ててくれます。
カーディガン+カットソーの着こなし方
カジュアルになり過ぎなカーディガンとカットソーのコーデも、色遣いとレイヤードにこだわれば、スタイリッシュなオフスタイルを演出できます。シルエットの違いで全身のコーデにメリハリを加える、大人っぽい着こなしです。
カーディガン+Tシャツの着こなし方
カジュアルなデニムスタイルにさっとカーディガンを羽織るなら、インナーは断然白のTシャツがおススメです。シンプルかつスマートな色遣いが、爽やかなカーディガンコーデをだらしなくなる事なく決めてくれます。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カラーパンツの着こなし方
インパクト抜群の柄物カーディガンには、デニムでまとめた無難なスタイルより、カラーパンツでメリハリをつけるのがおススメです。トップスの魅力を最大限に引き出せる色遣いで、周囲とは一味違うオシャレ感を楽しめます。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP