ジャケット インナー カーディガン

カーディガン+ジャケットの着こなし方

カーディガンとジャケットを合わせる着こなし方

カーディガン(紺)・ジャケット(オリーブ)・チノパン(べージュ)・ブーツ(茶)

 

紺色のカーディガンとオリーブ色のジャケットを合わせた着こなし画像

 

ハイネックタイプのカーディガンは、それ一枚で個性を主張できるオシャレアイテム。その魅力を損なわないためにも、ジャケットは同様に襟を立てて羽織れるスタンドカラータイプがおススメです。

 

写真では、幾重にも襟が重なり立体感のある着こなしに。優しい印象のカーディガンにハード目のジャケットを合わせる事で、爽やかな男らしさが引き立ちます。女性からも好印象を得られやすいスタイルです。

 

 

ジャケット(黒)・カーディガン(ワインレッド)・カラーパンツ(カーキ)・ブーツ(黒)

 

黒のジャケットにボルドーのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ラクーンファーのついたフードがオシャレなジャケットを着こなしています。ボタンダウンシャツの上には上品で落ち着いたボルドーのカーディガンで大人っぽさを演出、ジャケットはジッパーを開けてカーディガンを見せることでスッキリした印象を持たせています。

 

上半身にボリュームがあるためボトムスはカーキのスリムのカラーパンツ。靴はブラックのレースアップブーツでジャケットと合わせています。

 

 

ジャケット(チャコール)・カーディガン(ブルー)・デニムパンツ・スニーカー(黒)

 

チャコールのジャケットに青のカーディガンとデニムを合わせた着こなし画像

 

トップスの、チェックのシャツと鮮やかなインクブルーのカーディガンの組み合わせで非常にカジュアルな印象を与えています。似合う人なら女性の好感も高く、デートにピッタリの組み合わせです。

 

ジャケットには、チャコールカラーのファー付きジャケットを着ていて派手になり過ぎないようにしています。ボトムスにストレッチデニムを履くことで下半身をスッキリめに仕上げています。足元のレースアップブーツはジャケットと統一感を持たせるブラックです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーディガンとジャケットをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

相当重装備になってしまいますが、この着こなしは冬に最適です。だいたいネイビーのジャケットにワインレッドかグレーのカーディガンを着て、パンツはベージュのチノパンにすることが多いです。そうすればジャケットを脱いでもカーディガンを脱いでもカラーバランスがおかしくなりませんので、おすすめできますよ。【男性 20代】

グレーのテーラードジャケットに鮮やかな青いカーディガンを合わせます。ボトムスはダークグレーの割とタイトなサルエルパンツ。靴は編み上げの黒いブーツを合わせて、アクセントに黒縁メガネをかけます。テ−ラードジャケットだとかなりかっちりとしてしまうので、ボトムスをサルエルにして崩しカジュアル感を出しました。また、カーディガンを差し色にアクセントにしています。【男性 30代】

今年これはいけるかも、と思ったことが一つ。友人がライトグリーンのカーディガンをホワイトシャツの上に羽織っていてその上にライトグレーの細身のチェックのジャケットをさらに羽織っていました。色落ちしていないスキニージーンズをはいて靴はダークブラウンのデッキシューズでした。自分が着こなしたわけではないのですがかなりいいと思いました。【男性 30代】

カーディガンとジャケットをあわせると、着太りすることがあります。したがってカーディガンはカシミアかラムの薄手のものがまちがいありません。ジャケットに隠れて表に出る面積は少ないので明るめの色をえらびます。紺のジャケット、グレーのパンツの時はスカイブルーを、グレー系ヘリンボーン等にはジャケットにはレモンイエローかワインレッドをあわせます。【男性 40代】

基本的には、ごわごわしたイメージがあり、あまり、自分自身では着ようとは思いません。着るとしたら、薄いベージュのジャケットか、濃い茶色系のジャケットをジャケットを着ます。カーディガンは白っぽいグレーや、白っぽい紫系のカーディガン。ジャケットは開いた状態。ボトムは青いデニム生地のぶかっとした感じのデニム。靴は黒のブーツ系。【男性 30代】

 

好感のもてるカーディガンとジャケットの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

今はタイトなラインで丈の短めのジャケットが人気なので、下に着るカーディガンは丈が長すぎず、ジャケットから少しだけ裾がのぞくようなものを選ぶのがおすすめです。地味な色のジャケットでも裾からきれいな色が少しのぞくと、ぐっとおしゃれな印象に。カーディガンの下にシャツを合わせれば、ちょっとしたお出かけ着としても使えそうです。【女性 30代】

ベーシックなジャケットのインナーに綺麗色や柄物のカーディガンを合わせていると、おおっ!と見てしまいます。暖かそうだしいいですよね。ただ、カーディガンの丈が長過ぎてジャケットから出てしまうとちょっとだらしない感じがするかも。サイズ選びが重要ですね。シンプルな無地のカーディガンなら、ミリタリーデザインのジャケットなど、ジャケットに遊びがあるものに合わせるとカッコいいです。【女性 20代】

ジャケットのインにカーディガンをもってくるコーディネートは、どうしても重く固くなりがちなので、長めシルエットの細身のテーラードのインに、薄手のカーディガンをさりげなく合わせて軽めに仕上げていると好感がもてます。ジャケットはあえてダークな色を選んで、カーディガンにはブリティッシュレッドやグリーンをあわせるとトレンド感も出ると思います。【女性 30代】

ジャケットの中にカーディガンってなんだか英国紳士みたいでとてもかっこがいいですよね。一方あまり両方のアイテムの色を地味にしすぎてしまうと、なんだかおじいちゃんみたいに見えてしまう危険性もあります。なので地味にするならブーツなどでぴっちりと決める、もしくはカーディガンの色を少し派手なものにするなどしていると好感がもてます。【女性 20代】

丈が短めのほどよくざっくりしたジャケットが素敵なので、そのいい感じのラインを生かすためにも、あまりざっくりしていないカーディガンを着るのがいいと思います。シングルボタンのジャケットならそのデザインを生かすために、Vネックの前開きのカーディガンを合わせるのが◯。カーディガンのVネックがジャケットのVから少し見えるようになるのがおしゃれです。【女性 30代】

メンズジャケットはなんといってもテーラードジャケットが好きですが、カーディガンと組み合わせるなら、スタンダードな黒かネイビーのテーラードに、Vネックカーデをインにもってきている着こなしが好きです。シャツはぜひ白で。ボトムスはストレートジーンズかスリムパンツ、少し崩すならクロップドをあわせてもいいと思います。クロップドならジャケットは長めシルエットが好感です。【女性 30代】

 

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーディガン+ジャケットの着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
半袖カーディガンの着こなし方
半袖カーディガンにVネックカットソーを合わせると爽やかカジュアルに仕上がります。グレーと白で上半身を配色すると重ね着でも重苦しくならずに済みます。ベージュのカラーパンツ、ブラックのレザーサンダルで完成です。
ボタンなしカーディガンの着こなし方
Uネックカットソー、カーゴパンツ、レースアップブーツのカジュアルスタイルも、ボタンなしカーディガンを軽く羽織れば程よいラフ感が出て大人の魅力UPです。軽く着ているのにオシャレを感じさせるコーディネートです。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(グレー)の着こなし方
グレーのカーディガンは、ホワイトシャツで清潔感を出しつつ、ブラウンのカーゴパンツ、黒のスウェードバブーシュシューズで暖かみのある大人カジュアルスタイルに仕上げます。通学や軽いお出掛けにもピッタリなコーデです。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのカーディガンは、白のインナー、ベージュのボトムス、ダークブラウンの靴でまとめます。シャツで爽やかさをプラス、シンプルなストレートパンツを合わせ、バブーシュシューズで大人っぽく仕上げます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダー柄カーディガン、白のVネックカットソー、サルエルカーゴパンツで爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。レースアップブーツを合わせればさらに男らしさがUPします。ネックレスを合わせてもGOOD。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+コートの着こなし方
カーディガンの上にコートを羽織るのは、秋冬のノーブルなコーディネートです。カーディガンの上品なスタイルを引き立てるには、コートもキレイめシルエットのアイテムをチョイスし、スマートに着こなすのがポイントです。
カーディガン+シャツの着こなし方
カーディガンのインナーに悩んでいるなら、断然シャツがおススメです。特に、シンプルで飾り気のないホワイトシャツは、どんなデザインのカーディガンとも好相性。落ち着いた大人のカジュアル感を引き立ててくれます。
カーディガン+カットソーの着こなし方
カジュアルになり過ぎなカーディガンとカットソーのコーデも、色遣いとレイヤードにこだわれば、スタイリッシュなオフスタイルを演出できます。シルエットの違いで全身のコーデにメリハリを加える、大人っぽい着こなしです。
カーディガン+Tシャツの着こなし方
カジュアルなデニムスタイルにさっとカーディガンを羽織るなら、インナーは断然白のTシャツがおススメです。シンプルかつスマートな色遣いが、爽やかなカーディガンコーデをだらしなくなる事なく決めてくれます。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カラーパンツの着こなし方
インパクト抜群の柄物カーディガンには、デニムでまとめた無難なスタイルより、カラーパンツでメリハリをつけるのがおススメです。トップスの魅力を最大限に引き出せる色遣いで、周囲とは一味違うオシャレ感を楽しめます。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP