カーディガン グレー 着こなし

カーディガン(グレー)の着こなし方

カーディガン(グレー)の着こなし方

カーディガン(グレー)・シャツ(白)・カーゴパンツ(茶)・シューズ(黒)

 

グレーカーディガンとブラウンのパンツを合わせた着こなし画像

 

白色のシャツ、ブラウンカーゴパンツにグレーのカーディガンを合わせ、足元は黒のスウェードバブーシュシューズでコーディネートしています。インナーの白色で清潔感を出しつつ、ダーク系のアイテムで配色することで暖かみのある、冬のキレイめスタイルに仕上がっています。

 

通学はもちろん、軽いデートやお出かけにもピッタリです。もう少し軽い印象に仕上げたいという場合は、ベージュのパンツ、ブラウンのシューズを合わせるとGOODです。

 

カーディガン(グレー)・シャツ(サックス)・カラーパンツ(ベージュ)・スニーカー(白)

 

 

グレーのカーディガンとサックスのシャツを合わせた着こなし画像

 

シャツ+カーディガンはどんなシーンでも外しの少ない組み合わせです。そこにベージュのカラーパンツをプラスすると誠実な雰囲気がアップ。職場での食事会や、親戚宅へ遊びに行く時など、真面目な印象に仕上げたい日にも使える着こなしです。

 

シューズはカジュアル感を出したい時には白のスニーカーで軽やかに決めます。また、大人っぽさを演出したい時にはブラウンまたは黒のレザーやスウェードといったカッチリめの靴を合わせると良いです。

 

 

カーディガン(グレー)・タンクトップ(黒)・デニムパンツ・ブーツ(黒)

 

グレーのカーディガンと深い色合いのデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

黒のタンクトップにデニムパンツを合わせたカジュアルスタイルに、グレーのカーディガンを羽織った着こなしです。グレーのカーディガンが程良いきれい感をプラス。嫌味のない大人っぽさを演出しています。

 

足元をレザーブーツで男らしくまとめれば完成です。全体をダークカラーでまとめているので、体型がスラリと見えるのでスリムに見せたい方に向いています。インナーは白色のシャツでもOKです。シャツなら清潔感がグッとUPし、キレイめカジュアルに仕上がります。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

グレーカーディガンをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

グレーのカーディガンは定番アイテムの割に着こなしが難しいアイテムという気がします。というのは、痩せている体型にはグレーのカーディガンが貧相な雰囲気を強調してしまうことが多くて、自分自身もそうなのですが、街中で春先によく見るグレーのカーディガンを上手に着こなせている人が少ないという印象を持っています。そもそもカーディガン自体が、実はある程度体格が良くないと弱々しい雰囲気を出しがちなアイテムなので、正直、日本人には難しいと思っています。とりあえずグレーのカーディガンで猫背は最悪なので、そこだけも最低限注意したほうが良いです。【男性 30代】

私がよくする着こなし方はグレーと言うことなので白のシャツなどの無地なものをチョイスしています。そのほうがグレーという色をより強調してくれてカジュアルに見えます。黒にグレーは似合わないですし、同じグレーも似合いません。グレーには白が一番似合うというのが結論です。カーディガンだとカジュアル系のファッションになりますので、お兄ちゃんという感じになります。【男性 20代】

会社の中で、スーツのジャケットを脱いでからグレーのカーディガンを着ています。ジャケットのままよりもリラックスできます。カーディガンの中はワイシャツで、下はスーツのパンツです。前のボタンを空けているときは特にダラーンとなりがちなので、なるべくサイズが大きすぎないものを選ぶようにしています。また、毛玉がたくさんついていても格好が悪いので手入れしています。【男性 30代】

グレーのカーディガンは着方によっては上品にもなりますし、失敗すると地味で年寄り臭くなるので注意しないといけません。グレーという中途半端な色だけにインナーのシャツなどは白を選ぶのが無難だと思います。白でなくても黒などグレーの色とはなれたモノトーンとコーディネイトの相性がよさそうです。中途半端な中間色と合わすと地味なグレーが強調されてしまいます。特に発色に鮮やかさがない鈍いような色とあわせないようにしたほうがいいです。【男性 40代】

私は最近グレーのカーディガンをよく着ています。着こなしはグレーのカーディガンの場合は、カーディガンの下に白いシャツをきます。あとはサックスブルーのシャツを合わせたりもしますね。白のTシャツを合わせても良いです。下は主にパンツを合わせますね。パンツの色はベージュ、キャメルを合わせることが多いです。ベージュ、キャメルは定番の色ですね。【男性 20代】

 

好感のもてる男性のグレーカーディガンの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ここ数年流行のピンクのシャツを着るなら、グレーのカーディガンがすごく合うと思います。その他水色や白、紺などのシャツもグレーによく合うと思います。またグレーはシャツだけでなく、カジュアルスタイルにもよく合うので、Tシャツを合わせるのもいいと思います。グレーと着古したブルージーンズの相性もいいので、ぜひ一緒に着てほしいと思います。【女性30代】

グレーカーディガンには白のインナーを合わせるのが定番ですよね。上品で、大人の男って感じがします。でもデート服にはちょっとつまらないかな、なんて思っちゃいますね。グレーカーディガンは大人しい印象なので、思いきって柄物のシャツを合わせるとオシャレだと思います。ベースの色がグレーだったら、柄物でも浮かないですよ。 小さ目の柄を選ぶのがポイントです。【女性 20代】

グレーカーディガンに合わせるなら、無難かもしれませんが、アンダーは黒い物だとすっきりして見えて印象がいいかな〜と思います。でも、ダークグレーのカーディガンに黒のアンダーって少し暗すぎる気もするので、シルバーのアクセサリー1つつけるだけで大分印象が違うんじゃないでしょうか。前は留めないで、ちょっと隙があるくらいが個人的に好きですね。【女性 20代】

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 

カーディガン(グレー)の着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


カーディガン(グレー)の着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
半袖カーディガンの着こなし方
半袖カーディガンにVネックカットソーを合わせると爽やかカジュアルに仕上がります。グレーと白で上半身を配色すると重ね着でも重苦しくならずに済みます。ベージュのカラーパンツ、ブラックのレザーサンダルで完成です。
ボタンなしカーディガンの着こなし方
Uネックカットソー、カーゴパンツ、レースアップブーツのカジュアルスタイルも、ボタンなしカーディガンを軽く羽織れば程よいラフ感が出て大人の魅力UPです。軽く着ているのにオシャレを感じさせるコーディネートです。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのカーディガンは、白のインナー、ベージュのボトムス、ダークブラウンの靴でまとめます。シャツで爽やかさをプラス、シンプルなストレートパンツを合わせ、バブーシュシューズで大人っぽく仕上げます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダー柄カーディガン、白のVネックカットソー、サルエルカーゴパンツで爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。レースアップブーツを合わせればさらに男らしさがUPします。ネックレスを合わせてもGOOD。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+ジャケットの着こなし方
デザインにこだわったハイネックカーディガンはオシャレですが、上に羽織るジャケット選びが難しいもの。同じくスタンドカラー気味に羽織れるフード付きタイプのジャケットとと合わせれば、立体感あるコーデを楽しめます。
カーディガン+コートの着こなし方
カーディガンの上にコートを羽織るのは、秋冬のノーブルなコーディネートです。カーディガンの上品なスタイルを引き立てるには、コートもキレイめシルエットのアイテムをチョイスし、スマートに着こなすのがポイントです。
カーディガン+シャツの着こなし方
カーディガンのインナーに悩んでいるなら、断然シャツがおススメです。特に、シンプルで飾り気のないホワイトシャツは、どんなデザインのカーディガンとも好相性。落ち着いた大人のカジュアル感を引き立ててくれます。
カーディガン+カットソーの着こなし方
カジュアルになり過ぎなカーディガンとカットソーのコーデも、色遣いとレイヤードにこだわれば、スタイリッシュなオフスタイルを演出できます。シルエットの違いで全身のコーデにメリハリを加える、大人っぽい着こなしです。
カーディガン+Tシャツの着こなし方
カジュアルなデニムスタイルにさっとカーディガンを羽織るなら、インナーは断然白のTシャツがおススメです。シンプルかつスマートな色遣いが、爽やかなカーディガンコーデをだらしなくなる事なく決めてくれます。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カラーパンツの着こなし方
インパクト抜群の柄物カーディガンには、デニムでまとめた無難なスタイルより、カラーパンツでメリハリをつけるのがおススメです。トップスの魅力を最大限に引き出せる色遣いで、周囲とは一味違うオシャレ感を楽しめます。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP