カーディガン ボーダー 着こなし

カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方

カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方

カーディガン(ボーダー)・カットソー(白)・デニムカーゴパンツ・ブーツ(黒)

 

ボーダー柄カーディガンとデニムカーゴを合わせた着こなし画像

 

爽やかさと男らしさを感じさせる、デートにも合コンにもピッタリ、異性からの好感度が高いボーダー柄カーディガンのコーデがこちらです。アウターにボーダー柄カーディガン、インナーに爽やかさのある白カットソーを合わせ、ボトムスにサルエルカーゴパンツをチョイス。

 

足元は男度を上げるレースアップブーツでまとめています。カーディガンよりも丈が短いインナーを合わせることでゆったり感を演出しています。ネックレスをプラスしてもOKです。

 

 

カーディガン(ボーダー)・シャツ(白)・デニムパンツ(黒)・シューズ(赤)

 

ボーダー柄カーディガンと黒のデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

ボーダー柄カーディガンは合わせるアイテムによっては子供っぽい見た目になってしまう事がありますが、着こなしに困った時はこちらのコーデのように白×黒の配色で統一したりダメージ加工などの男らしいアイテムと合わせたりすると失敗が少ないです。

 

インナーはホワイトカットソーで清潔感を演出。シューズにサイドジップのショートブーツで凛々しく仕上げます。シューズはスニーカーでも良く似合います。スニーカーならよりカジュアルな仕上がりに。

 

 

カーディガン(ボーダー)・カットソー(白)・チノパン(ベージュ)・スニーカー(黒茶)

 

ボーダー柄カーディガンとチノパンを合わせた着こなし画像

 

アウターに3色ボーダーのカーディガン、ホワイトUネックカットソー、チノパン、トレッキングスニーカーでまとめたコーデです。インナーとチノパンで軽く爽やかな印象に仕上がっていますので、カフェや図書館、ドライブデートなど、ゆったりとすごす日にも着られるオフスタイルになっています。

 

よりカジュアルに仕上げたい時は、ボトムスにデニムカーゴパンツを。きれいめに仕上げたい時はシャツをインナーに合わせるとGOODです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ボーダー柄カーディガンをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

ベーシックな色のズボンにあわせてやや肌寒い程度の時、積極的に活用しています。ボーダー柄は女性の受けもいいです。ボーダーの色は落ち着いた色を選択するのが、赤っぽい色などで浮かないコツ、とわきまえております。三色になる時は、一色は白系を取り入れるなどすることで、くどさを感じさせないでむしろ爽やかな感じの印象を与えられるよう工夫しております。【男性 40代】

ボーダー柄カーディガンは、オリー色のパンツや、ベージュのチノパンに合わせて、カジュアルに着ています。また、七分袖のボーダーカーディガンも愛用しています。中にはブルーのシャツ(オックスフォード)や白いシャツ、Tシャツが多いです。若々しいイメージになるので、ポイントになる眼鏡等、特徴の有る物も合わせて身につけるようにしています。【男性 30代】

自分の持っているカーディガンのお気に入りは、ネイビーのシャドーボーダー柄で、袖や裾など縁が一段濃いネイビーで縁取りされているものです。白シャツとベージュのチノパンの組み合わせで、清潔感ばっちりの春ファッションになります。ボーダー柄は、はっきりしたボーダーよりも、濃淡で表すシャドーボーダーの方が好きです。【男性 30代】

 

好感のもてる男性のボーダー柄カーディガンの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ボーダー柄カーディガンは、シンプルすぎる着こなしだと地味になっちゃいます。配色が明るくて、きれいなカーディガンを選んだり、ボーダー柄に主張があるカーディガンを選ぶと良い感じ。白シャツとベーシックなボトムと合わせても「地味な事務員さん」にはならないですよ。ジャケットからちらっとボーダー柄が見えるのもおしゃれで良いですね。【女性 20代】

ボーダーが似合う男の人っておしゃれ上級者ってイメージ。ホワイト×ブルー系のボーダーだとさわやかで清潔感があっていいなあ、と思う。定番だから合わせやすいし。きちんとした雰囲気のアイテムとも合うし、サルエルとかちょっと個性的なボトムと合わせても浮かないのでいいと思う。太すぎたり、派手すぎる色のボーダーは子供っぽいからちょっと引いてしまうかも。【女性 30代】

ボーダーカーディガンは一枚でインパクトがあるので、その他はとことんシンプルにまとめた方が好感を持てます。下にシャツを着ればとことん正統派な印象になり、Tシャツを合わせればカジュアル路線になりそうです。下に着るのは無地が無難かもしれないですが、ものすごく小さなギンガムチェックなら合うかもしれないですね。そんな遊びのあるコーディネートをたまにはしてほしいかもしれません。【女性30代】

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 

カーディガン(ボーダー柄)の着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
半袖カーディガンの着こなし方
半袖カーディガンにVネックカットソーを合わせると爽やかカジュアルに仕上がります。グレーと白で上半身を配色すると重ね着でも重苦しくならずに済みます。ベージュのカラーパンツ、ブラックのレザーサンダルで完成です。
ボタンなしカーディガンの着こなし方
Uネックカットソー、カーゴパンツ、レースアップブーツのカジュアルスタイルも、ボタンなしカーディガンを軽く羽織れば程よいラフ感が出て大人の魅力UPです。軽く着ているのにオシャレを感じさせるコーディネートです。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(グレー)の着こなし方
グレーのカーディガンは、ホワイトシャツで清潔感を出しつつ、ブラウンのカーゴパンツ、黒のスウェードバブーシュシューズで暖かみのある大人カジュアルスタイルに仕上げます。通学や軽いお出掛けにもピッタリなコーデです。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのカーディガンは、白のインナー、ベージュのボトムス、ダークブラウンの靴でまとめます。シャツで爽やかさをプラス、シンプルなストレートパンツを合わせ、バブーシュシューズで大人っぽく仕上げます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+ジャケットの着こなし方
デザインにこだわったハイネックカーディガンはオシャレですが、上に羽織るジャケット選びが難しいもの。同じくスタンドカラー気味に羽織れるフード付きタイプのジャケットとと合わせれば、立体感あるコーデを楽しめます。
カーディガン+コートの着こなし方
カーディガンの上にコートを羽織るのは、秋冬のノーブルなコーディネートです。カーディガンの上品なスタイルを引き立てるには、コートもキレイめシルエットのアイテムをチョイスし、スマートに着こなすのがポイントです。
カーディガン+シャツの着こなし方
カーディガンのインナーに悩んでいるなら、断然シャツがおススメです。特に、シンプルで飾り気のないホワイトシャツは、どんなデザインのカーディガンとも好相性。落ち着いた大人のカジュアル感を引き立ててくれます。
カーディガン+カットソーの着こなし方
カジュアルになり過ぎなカーディガンとカットソーのコーデも、色遣いとレイヤードにこだわれば、スタイリッシュなオフスタイルを演出できます。シルエットの違いで全身のコーデにメリハリを加える、大人っぽい着こなしです。
カーディガン+Tシャツの着こなし方
カジュアルなデニムスタイルにさっとカーディガンを羽織るなら、インナーは断然白のTシャツがおススメです。シンプルかつスマートな色遣いが、爽やかなカーディガンコーデをだらしなくなる事なく決めてくれます。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カラーパンツの着こなし方
インパクト抜群の柄物カーディガンには、デニムでまとめた無難なスタイルより、カラーパンツでメリハリをつけるのがおススメです。トップスの魅力を最大限に引き出せる色遣いで、周囲とは一味違うオシャレ感を楽しめます。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP