カットソー カーディガン 着こなし

カーディガン+カットソーの着こなし方

カーディガンとカットソーを合わせる着こなし方

カーディガン(黒)・カットソー(グレー・ボーダー)・カーゴパンツ(カーキ)・ブーツ(茶)

 

カーディガンとカットソーを合わせた着こなし画像

 

カーディガンのインナーにカットソーを着ると、印象がカジュアルになり過ぎる事があります。そんな時は、カットソーの色遣いと、レイヤードにこだわってみます。

 

上品でスタイリッシュな印象のグレーのカットソーを、ボーダーやブラックのインナーとレイヤード。すっきりしたシルエットに、優しいカーディガンの印象がぴったりとはまります。写真のように、素材感の違うアイテムを重ねて、奥行きを出すのもおススメです。

 

 

カーディガン(黒)・カットソー(グレー)・タンクトップ(黒)・カーゴ(カーキ)・ブーツ(黒)

 

黒のカーディガンにグレーのカットソーとカーキのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

トップスにグレーのカットソーを着用、その上にブラックのカーディガンを羽織ることでモノクロの組み合わせに仕上げており、クールな雰囲気を醸し出します。

 

ボトムスは少し色味を変えてカーキのカーゴパンツを選び、足元はブラックのレザーミドルカットブールで引き締めています。Vネックで首元が開いている場合ネックレスなどのアクセサリーを付けることでスタイリッシュに決まります。

 

 

カーディガン(紺)・カットソー(白)・ダメージデニム(黒)・スニーカー(黒)

 

紺のカーディガンに白のカットソーと黒のデニムを合わせた着こなし画像

 

ブラックと違い、ネイビーのカーディガンは優しい印象を与えます。前を開いてトップスに着ている白カットソーを覗かせることで、スッキリとして見えます。

 

上半身は、ネイビー×白の組み合わせに対して、ボトムスにはあえてハードなダメージ加工のブラックデニムを持ってきており、ハズしファッションに仕上げています。足元のレザートレッキングスニーカーはブラックでデニムと統一感を出しています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーディガンとカットソーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

襟付きでボタンダウンのニット素材の細身のカーディガンでカラーはベージュがかったホワイトです。インナーのカットソーはネイビーカラー基調で細いベージュカラーのラインが入ったボーダー柄のものです。パンツはスリムフィットタイプのジーンズで若干色落ちしているものを合わせます。靴はブラックカラーのスニーカーです。【男性 30代】

カーディガンは一枚で着ても様になるような総柄を選びます(取り入れやすいのはヒョウ柄やゼブラなどアニマル柄なんだけど色目を押さえているようなモノ)インナーは白などのシンプルなカットソーを選びますが、首回りは広めのVネックや、Uネックを選びネックレスなどを足してやると顔周りの印象がコンパクトになり小顔に見えるのでおすすめです。【男性 20代】

前に町であずき色のジャケットを上手に着こなしている、同世代の男性を見ました。自分はあずき色の服は持っていないのですが、ここで挑戦してみます。あずき色のカーディガンをベースに考えてみます。カットソーはグレーの濃淡のボーダー。町で見たその人も、グレーのシャツと合わせていて、それがとてもおしゃれに見えたので。パンツは濃いグレーのチノパン。靴は、カーディガンより濃いあずき色か深い赤のスニーカーでどうでしょうか。あるいは、カーディガンとカットソーの色を逆にしてもいいかもしれません。その場合、パンツはベージュにします。こちらのパターンのほうが現実には合わせやすいかもしれません。【男性 30代】

地味めな色、黒や紺、もしくは白のカットソーをインナーにして、アウターのカーディガンは茶色などの暖色系の色のシンプルなもの。ボトムは暗めのジーンズでスッキリさせる。靴はフロントが大きめのマウンテンブーツ、色は茶色などの暖色系にしてカーディガンとコーディネートする感じにします。これにマフラーや手袋に赤などを取り入れるとよりオシャレになると思います。

ザックリとしたローゲージで着丈が長めのカーディガンに、綿素材のタートルネックのカットソーをインナーにあわせます。フリースなどの化学繊維のものは避けます。(脱ぎ着するときに静電気が発生しますので)着こなしとしては、ボタンをはめず、フワッと風にカーデをなびかせるイメージで軽やかに着たいものです。ボトムスは、カツラギのパンツもしくは、ジーンズでワイルドに【男性 50代】

 

好感のもてるカーディガンとカットソーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カーディガンとカットソーの組み合わせはかわいい感じがします。上にボリュームのある巻物を巻いていると、暖かそうだしかわいくていいですね。前を閉めたカーディガンの上からカーディガンを羽織ってうまく重ね着している人を見るとオシャレだな!という感じがします。シンプルな組み合わせなので、帽子やアクセサリーを上手く使ってアクセントを付けているとカッコいいですよね。【女性 20代】

細身のカーディガンに細身のカットソーを合わせるとかなり華奢な印象になるので、カットソーはタイトすぎないラインのものを選び、カーディガンも少しゆったりめ、またはざっくり素材のクルーネックのものを合わせると男性らしいコーディネートになると思います。クルーネックカーデの首元からかすかにカットソーがのぞくとおしゃれなので、ほとよく首元が詰まったクルーネックカットソーがおすすめ。【女性 30代】

カーディガンをカットソーと合わせるなら、カーディガンは個性とボリューム感のあるものを選んだ着こなしに好感が持てます。シンプルな襟が深めのカットソーに、コクーンニットや、ローゲージのミックスニットのカーディガンを合わせていると、大人っぽいのに可愛らしい感じも出ると思います。特に白系のボリュームカーディガンはシンプルカットソーと好相性に感じます。【女性 30代】

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーディガン+カットソーの着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
半袖カーディガンの着こなし方
半袖カーディガンにVネックカットソーを合わせると爽やかカジュアルに仕上がります。グレーと白で上半身を配色すると重ね着でも重苦しくならずに済みます。ベージュのカラーパンツ、ブラックのレザーサンダルで完成です。
ボタンなしカーディガンの着こなし方
Uネックカットソー、カーゴパンツ、レースアップブーツのカジュアルスタイルも、ボタンなしカーディガンを軽く羽織れば程よいラフ感が出て大人の魅力UPです。軽く着ているのにオシャレを感じさせるコーディネートです。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(グレー)の着こなし方
グレーのカーディガンは、ホワイトシャツで清潔感を出しつつ、ブラウンのカーゴパンツ、黒のスウェードバブーシュシューズで暖かみのある大人カジュアルスタイルに仕上げます。通学や軽いお出掛けにもピッタリなコーデです。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのカーディガンは、白のインナー、ベージュのボトムス、ダークブラウンの靴でまとめます。シャツで爽やかさをプラス、シンプルなストレートパンツを合わせ、バブーシュシューズで大人っぽく仕上げます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダー柄カーディガン、白のVネックカットソー、サルエルカーゴパンツで爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。レースアップブーツを合わせればさらに男らしさがUPします。ネックレスを合わせてもGOOD。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+ジャケットの着こなし方
デザインにこだわったハイネックカーディガンはオシャレですが、上に羽織るジャケット選びが難しいもの。同じくスタンドカラー気味に羽織れるフード付きタイプのジャケットとと合わせれば、立体感あるコーデを楽しめます。
カーディガン+コートの着こなし方
カーディガンの上にコートを羽織るのは、秋冬のノーブルなコーディネートです。カーディガンの上品なスタイルを引き立てるには、コートもキレイめシルエットのアイテムをチョイスし、スマートに着こなすのがポイントです。
カーディガン+シャツの着こなし方
カーディガンのインナーに悩んでいるなら、断然シャツがおススメです。特に、シンプルで飾り気のないホワイトシャツは、どんなデザインのカーディガンとも好相性。落ち着いた大人のカジュアル感を引き立ててくれます。
カーディガン+Tシャツの着こなし方
カジュアルなデニムスタイルにさっとカーディガンを羽織るなら、インナーは断然白のTシャツがおススメです。シンプルかつスマートな色遣いが、爽やかなカーディガンコーデをだらしなくなる事なく決めてくれます。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カラーパンツの着こなし方
インパクト抜群の柄物カーディガンには、デニムでまとめた無難なスタイルより、カラーパンツでメリハリをつけるのがおススメです。トップスの魅力を最大限に引き出せる色遣いで、周囲とは一味違うオシャレ感を楽しめます。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP