カーディガン カラーパンツ

カーディガン+カラーパンツの着こなし方

カーディガンとカラーパンツを合わせる着こなし方

カーディガン(ジャガード)・カラーパンツ(黒)・シャツ(白)・シューズ(黒)

 

ジャガード柄カーディガンと黒のカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

ジャガードにストライプなど、柄物カーディガンは一枚羽織れば主役級の存在感です。せっかくのその魅力を引き立てるなら、カラーパンツとのコーディネートが断然おススメ。柄カーデの存在感を際立たせる、相性の良い色を選ぶのがポイントです。

 

他にも、グレーのカーディガンにはネイビーなカラーパンツでシックに、カーキのカーディガンにはベージュのカラーパンツなら柔らかにまとまります。黒やベージュのパンツなら、幅広いコーデに着回せるので便利です。

 

 

カーディガン(紺)・カラーパンツ(ベージュ)・シャツ(紺)・ブーツ(茶)

 

紺のカーディガンに紺のシャツとベージュのパンツを合わせた着こなし画像

 

ネイビーと中間色の組み合わせで甘さを抑えながらも優しい印象になるコーディネートです。ネイビーのカーディガンの下に着ているトップスは、同じくネイビーのボタンダウンシャツ。

 

同じ色なので統一感が出るものの、色の印象が違うためオシャレな印象を与えます。ボトムスにはベージュのパンツ。さらにブラウンのレースアップブーツを履くことで、上半身に重みを持ってきている分、優しい色で統一しています。

 

 

カーディガン(紺)・カラーパンツ(ベージュ)・シャツ(白)・シューズ(黒茶)

 

紺のカーディガンに白のシャツとベージュのパンツを合わせた着こなし画像

 

ネイビーのカーディガンと白いボタンダウンシャツの組み合わせは知的なイメージを持たせます。首元から襟を覗かせるきれいめコーデは、女性からの好感度も高くなりやすいです。

 

ボトムスには優しい色合いであるベージュのストレートパンツ、バブーシュシューズはダークブラウンでボトムスとの統一感を出しています。勉強会やセミナーに向いているコーディネートだと思われがちですが休日デートにも好印象です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーディガンとカラーパンツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

グレーのカーディガンにカラーパンツを合わせるならダークグリーン系のパンツに合わせてインナーには濃いグレーと黄色のチェック柄のシャツに合わせるとイギリス的なカラーになるので良く着ています。靴はハイカットのキャンパスシューズでナチュラルに合わせています。さらに黒ぶちの眼鏡があるとよりハマります。 【男性 30代】

上はSTUSSYの迷彩柄のカーディガンを着て中にはSTUSSYの黒のプリントTシャツを合わせます。カラーパンツはディッキーズのオレンジ色のモノを合わせます。靴はプーマの白のスニーカーを履いて、マフラーはユニックロで買ったグレーの無地のモノを巻きます。腰回りのアクセントに皮のウォレットチェーンを垂らすのが僕のお気に入りです。【男性 20代】

カーディガンはワッフルモックネックのボタンフロントの細身で生地が厚いものを着用します。カラーはネイビーで、できればボタンがベージュカラーのものを選びます。その下にはホワイトカラーのシャツを着用します。カラーパンツはライトブラウンでスリムフィットタイプのものを合わせます。靴はシンプルなデザインのホワイトカラーのスニーカーです。【男性 30代】

私がカーディガンとカラーパンツを着こなすなら、カーディガンの色は黒で、カラーパンツはボルドーの色を選びます。インナーには、白のカットソーや、白のシャツを合わせます。そして、足元には黒またはブラウンのレザーのブーツを履きます。足元に、レザーのブーツを合わせる事によって高級感が出ると思うので、この組み合わせで着こなします。【男性 20代】

カーディガンとカラーパンツの組み合わせは、結構やってます。カラーパンツというとなかなか履きづらいイメージですが、トップスと同系色に揃えて、あとは素材感に違いを出せば、何となくハマります。ウールのカーディガンなんかですと、デニムのカラーパンツがよく合います。また、カーディガンの下に白いシャツをきていれば、ブイゾーンの白がクッションになって、上下の色合わせが楽になります。

 

好感のもてるカーディガンとカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カーディガンとカラーパンツを着こなそうと思ったら結構な高度なおしゃれのセンスを要求されると思います。インパクトはありますが不愉快な結果になる可能性もあります。私が好感の持てるものは、カラーパンツをどれだけナチュラルに履けるのかだと思います。か、おもいっきり派手に合わせてしまうか中途半端なコーディネートが一番良くないかなと思います。【女性 30代】

ボトムがカラーパンツの場合、カラーパンツが明るい色ならば黒や紺、グレーなどといった、暗い色でボトムとトップスでメリハリがついていると好感を持ちます。その場合、カーディガンの下のインナーは白のTシャツでラフな着こなしがオシャレだと感じます。カラーパンツが暗い色の場合は、カーディガンはビビットなカラーやパステルカラーでも素敵だと思います! 【女性 20代】

カーディガンとカラーパンツを合わせる場合は、黒のパンツが大人っぽくてかっこいいと思います。カーディガンはアーガイルなどのがらもので、下にシャツを合わせる着こなしが最高です!以前そんな着こなしをしている男性をショッピングモールで見かけたのですが、すごくかっこ良かったです。大人のオシャレな男性の雰囲気が出ますよね【女性 20代】

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーディガン+カラーパンツの着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
半袖カーディガンの着こなし方
半袖カーディガンにVネックカットソーを合わせると爽やかカジュアルに仕上がります。グレーと白で上半身を配色すると重ね着でも重苦しくならずに済みます。ベージュのカラーパンツ、ブラックのレザーサンダルで完成です。
ボタンなしカーディガンの着こなし方
Uネックカットソー、カーゴパンツ、レースアップブーツのカジュアルスタイルも、ボタンなしカーディガンを軽く羽織れば程よいラフ感が出て大人の魅力UPです。軽く着ているのにオシャレを感じさせるコーディネートです。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(グレー)の着こなし方
グレーのカーディガンは、ホワイトシャツで清潔感を出しつつ、ブラウンのカーゴパンツ、黒のスウェードバブーシュシューズで暖かみのある大人カジュアルスタイルに仕上げます。通学や軽いお出掛けにもピッタリなコーデです。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのカーディガンは、白のインナー、ベージュのボトムス、ダークブラウンの靴でまとめます。シャツで爽やかさをプラス、シンプルなストレートパンツを合わせ、バブーシュシューズで大人っぽく仕上げます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダー柄カーディガン、白のVネックカットソー、サルエルカーゴパンツで爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。レースアップブーツを合わせればさらに男らしさがUPします。ネックレスを合わせてもGOOD。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+ジャケットの着こなし方
デザインにこだわったハイネックカーディガンはオシャレですが、上に羽織るジャケット選びが難しいもの。同じくスタンドカラー気味に羽織れるフード付きタイプのジャケットとと合わせれば、立体感あるコーデを楽しめます。
カーディガン+コートの着こなし方
カーディガンの上にコートを羽織るのは、秋冬のノーブルなコーディネートです。カーディガンの上品なスタイルを引き立てるには、コートもキレイめシルエットのアイテムをチョイスし、スマートに着こなすのがポイントです。
カーディガン+シャツの着こなし方
カーディガンのインナーに悩んでいるなら、断然シャツがおススメです。特に、シンプルで飾り気のないホワイトシャツは、どんなデザインのカーディガンとも好相性。落ち着いた大人のカジュアル感を引き立ててくれます。
カーディガン+カットソーの着こなし方
カジュアルになり過ぎなカーディガンとカットソーのコーデも、色遣いとレイヤードにこだわれば、スタイリッシュなオフスタイルを演出できます。シルエットの違いで全身のコーデにメリハリを加える、大人っぽい着こなしです。
カーディガン+Tシャツの着こなし方
カジュアルなデニムスタイルにさっとカーディガンを羽織るなら、インナーは断然白のTシャツがおススメです。シンプルかつスマートな色遣いが、爽やかなカーディガンコーデをだらしなくなる事なく決めてくれます。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP