コート インナー カーディガン

カーディガン+コートの着こなし方

カーディガンとコートを合わせる着こなし方

カーディガン(黒)・コート(黒)・シャツ(白)・チノパン(ベージュ)・シューズ(黒)

 

黒のカーディガンと黒のコートを合わせた着こなし画像

 

シャツにカーディガン、チノパンのコーデは、秋冬のキレイめカジュアルには欠かせません。シンプルかつ上品な印象の強いカーディガンに合うコートは、ピーコートやテーラードと言った、ノーブルなアイテム。

 

柔らかな厚みを持つシンプルなデザインを、さりげなく羽織るのがポイントです。フロントを開けてカーディガンのネックラインを見せる事で、オフカジュアルをさらに品良く引き立てる事ができます。色はマットな黒やグレーが、合わせやすくておススメです。

 

 

・カーディガン(チャコール)・コート(ベージュ)・デニム(インディゴ)・ブーツ(黒)

 

ベージュのコートにチャコールのカーディガンとデニムを合わせた着こなし画像

 

一見合わせるのが難しそうなベージュのコートをオシャレに取り入れたコーディネートです。チャコールのカーディガンの下にはボタンダウンシャツのを着ています。

 

デニムはストレッチタイプにスキニーでタイトなラインを出しています。足元はブラックのレースアップブーツ。膨張色と言われるベージュですがボタンを開けて寒色のIラインを意識するとオシャレに着こなすことが出来ます。

 

 

カーディガン(ジャガード)・コート(モカ)・シャツ(白)・デニム(グレー)・シューズ(赤)

 

モカのコートにグレーのカーディガンと赤いシューズを合わせた着こなし画像

 

オシャレなアイテムを少し着崩すことでカジュアルに仕上げた着こなしです。トップスは、白いボタンダウンシャツにグレーのカーディガンという優等生な組み合わせです。

 

ボトムスは大胆にもダメージデニムでカジュアル感を出しています。色はグレーでカーディガンと合わせています。モカのコートのジッパー開けて軽さを出しバブーシュシューズは差し色の赤でインパクトを持たせています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーディガンとコートをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カーディガンとコートの組み合わせは冬の定番のコーディネートですよね。カーディガンに合わせるならコートはピーコート、ダッフルコート、もしくはトレンチコートなんかが良いのではないのでしょうか。コートの色は黒なんかが無難ですね。コートの色が黒だとカーディガンはグレー系、ブラウン系なんでもいいと思います。フェアアイルもいいですね。シャツにネクタイをつけてもオシャレですね。【男性 20代】

カーディガンに直接コートを羽織ることは少ないかと思いますが、もし私がその着こなしをするとしたら、カーディガンはブイネックではなく、ハイカラーのものを選択します。ハイカラーのカーディガンならどんなコートとも相性が良く、見た目にもおかしくないと思います。ただ、奇抜さはないので、おとなしめのオシャレです。【男性 30代】

コートはブラックカラーで少し光沢がある細めのシングルタイプのものを羽織ります。カーディガンはライトグリーンカラーでVゾーンの深い細身のものでその下にホワイトカラーのシャツを着ます。ボトムスはスリムフィットタイプのジーンズで色落ちの少ないきれい目のものを合わせます。靴はホワイトカラーのシンプルなデザインのものを履きます。 【男性 30代】

ボルドーカラーのカーディガン、インナーは白のボタンダウンシャツ、アウターはシングルのPコート、色は黒かネイビー、いずれも柄は無地、靴は白いスニーカーかダークブラウン、黒のブーツ。小物で黒ぶちめがねやハット。コートがステンカラーの場合はダークブラウン系を合わせます。その場合靴は革素材のもので。【男性 30代】

私は無地やドットの襟付きのシャツをよく着るのでカーディガンやコートはその上に合わせます。グレーのPコートと襟付きのシャツならどんな組み合わせでもしっくり来ますよ。カーディガンはたまに原色のもので差し色にしたりします。ボトムズはデニムでもチノパンでも無難ですね。チノパンだとすこしかしこまった感じの大人っぽい印象になります。【男性 10代後半】

 

好感のもてるカーディガンとコートの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

タイトなキルティングのダウンコートにカーディガン、ウールの帽子に巻物の組み合わせは、真冬のデートでもヌクヌク遊べそうで良いです。モッズコートに合わせるなら、ザックリとしたガウンみたいな襟付きのカーディガンにカットソー、デニムがワイルドな感じでカッコいいです。ダッフルコートとシャツにカーディガン、ウールのパンツの王道コーディネイトはかわいい感じの男性に是非やって欲しいです。【女性 20代】

コートのインナーにカーディガンを合わせるなら、王道ですが、ピーコートとVネックカーディガンの着こなしが好きです。カーディガンの下に質のいい白シャツを重ねていたら完璧。小物は、トラッド系でマフラーからレザーシューズまであわせてもいいし、ニット帽、マフラー、スニーカーやエンジニアブーツで崩してもいいコーディネートだと思います。【女性 30代】

最近は細身のデザインのコートが主流なので、下には薄手のカーディガンを合わせたほうがいいと思います。そうすると、コートを着た時のラインがキレイになると思います。ただし、冬場は寒いので、カシミアやメリノウールなど、薄手でも上質で暖かい素材のものを選んできちんと防寒対策をするのがおすすめです。【女性 30代】

 

カーディガンの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カーディガン+コートの着こなし方関連ページ一覧

5分袖カーディガンの着こなし方
5分袖カーディガンはカジュアルアイテムとの相性も抜群です。インナーにレイヤードタンクトップ、ボトムスにデニムパンツ、足元にサンダルを合わせればちょっとしたアウトドアにもピッタリなコーディネートの完成です。
7分袖カーディガンの着こなし方
トップス1枚ではちょっと寂しいという時に重宝するのが7分袖カーディガンです。白シャツ、カラーパンツという組み合わせに7分袖カーディガンを羽織るだけでOKです。シンプルなので、アクセサリーをプラスしても良く合います。
テーラードカーディガンの着こなし方
テーラードカーディガンは程良いラフさをプラスできるアイテムなので、ホワイトシャツ、ブーツなどのキレイめアイテムでまとめるとバランス良く仕上がります。また、茶色系の靴を合わせると地味にならずに済みます。
ロングカーディガンの着こなし方
ロング丈のカーディガンは、男らしさを感じさせるアイテムでコーディネートするとGOOD。インナーに黒Vネックとボーダーのアンサンブル、デニムパンツ、バブーシュシューズで、男の色気が漂う大人ラフスタイルの完成です。
半袖カーディガンの着こなし方
半袖カーディガンにVネックカットソーを合わせると爽やかカジュアルに仕上がります。グレーと白で上半身を配色すると重ね着でも重苦しくならずに済みます。ベージュのカラーパンツ、ブラックのレザーサンダルで完成です。
ボタンなしカーディガンの着こなし方
Uネックカットソー、カーゴパンツ、レースアップブーツのカジュアルスタイルも、ボタンなしカーディガンを軽く羽織れば程よいラフ感が出て大人の魅力UPです。軽く着ているのにオシャレを感じさせるコーディネートです。
フード付きカーディガンの着こなし方
フード付きパーカー、ボタンダウンシャツ、クロップドパンツ、トレッキングブーツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。黒×白×ベージュでまとめると清潔感もプラス、デートにも使えるコーデです。
カーディガン(黒)の着こなし方
黒のカーディガンは前締めでキレイめに着るのはもちろん、デニムと合わせて軽く前開けで着るとカッコよく決まります。インナーにUネックカットソー、足元にバブーシュシューズ、ネックレスとベルトでオシャレに仕上げます。
カーディガン(グレー)の着こなし方
グレーのカーディガンは、ホワイトシャツで清潔感を出しつつ、ブラウンのカーゴパンツ、黒のスウェードバブーシュシューズで暖かみのある大人カジュアルスタイルに仕上げます。通学や軽いお出掛けにもピッタリなコーデです。
カーディガン(ライトグレー)の着こなし方
スキニーパンツにゆったりとしたライトグレーのカーディガンを羽織れば、カジュアルながら知的さを感じさせるスタイルに仕上がります。インナーはニットアンサンブルで暖かく、バブーシュシューズを大人っぽく合わせます。
カーディガン(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのカーディガンは、白のインナー、ベージュのボトムス、ダークブラウンの靴でまとめます。シャツで爽やかさをプラス、シンプルなストレートパンツを合わせ、バブーシュシューズで大人っぽく仕上げます。
カーディガン(キャメル)の着こなし方
上品な大人っぽさを感じさせてくれるキャメルカラーのカーディガンは、濃い色のアイテムと組み合わせるとキレイに仕上がります。黒のインナーとデニムパンツ、足元に黒のシューズを合わせれば大人コーデの完成です。
カーディガン(アーガイル柄)の着こなし方
それだけで大人っぽさが演出されるアーガイル柄カーディガンはシンプルコーデに軽く羽織るだけでOK。白シャツとの相性も良いのでビジネスシーンにもピッタリです。また、白シャツ、デニムパンツでカジュアルにも決まります。
カーディガン(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダー柄カーディガン、白のVネックカットソー、サルエルカーゴパンツで爽やかカジュアルスタイルに仕上がります。レースアップブーツを合わせればさらに男らしさがUPします。ネックレスを合わせてもGOOD。
カーディガン(ジャガード柄)の着こなし方
アウターにジャガード柄カーディガン、インナーにホワイトシャツ、デニムパンツ、バブーシュシューズで外しのない大人カジュアルスタイルが完成します。男らしくラフに決めたい時はVネックをインナーに合わせるとGOOD。
カーディガン+ジャケットの着こなし方
デザインにこだわったハイネックカーディガンはオシャレですが、上に羽織るジャケット選びが難しいもの。同じくスタンドカラー気味に羽織れるフード付きタイプのジャケットとと合わせれば、立体感あるコーデを楽しめます。
カーディガン+シャツの着こなし方
カーディガンのインナーに悩んでいるなら、断然シャツがおススメです。特に、シンプルで飾り気のないホワイトシャツは、どんなデザインのカーディガンとも好相性。落ち着いた大人のカジュアル感を引き立ててくれます。
カーディガン+カットソーの着こなし方
カジュアルになり過ぎなカーディガンとカットソーのコーデも、色遣いとレイヤードにこだわれば、スタイリッシュなオフスタイルを演出できます。シルエットの違いで全身のコーデにメリハリを加える、大人っぽい着こなしです。
カーディガン+Tシャツの着こなし方
カジュアルなデニムスタイルにさっとカーディガンを羽織るなら、インナーは断然白のTシャツがおススメです。シンプルかつスマートな色遣いが、爽やかなカーディガンコーデをだらしなくなる事なく決めてくれます。
カーディガン+デニムパンツの着こなし方
襟付きカーディガンに合わせるボトムに悩んでいるなら、マットなカラーのデニムスタイルがおススメです。ルーズになりがちなカーディガンとデニムのコーデも、これならノーブルに、キレイ目に決まります。
カーディガン+カラーパンツの着こなし方
インパクト抜群の柄物カーディガンには、デニムでまとめた無難なスタイルより、カラーパンツでメリハリをつけるのがおススメです。トップスの魅力を最大限に引き出せる色遣いで、周囲とは一味違うオシャレ感を楽しめます。
カーディガン+カーゴパンツの着こなし方
男らしい黒ボーダーのカーディガンに合わせるなら、カーゴパンツでスパイシーさをプラスしてあげるのがおススメです。優しい雰囲気の中にもタフな印象が光る、セクシーな大人の余裕を持ったオフスタイルの出来上がりです。
カーディガン+チノパンの着こなし方
クラッシックなカーディガンの魅力を生かせるボトムと言えば、やっぱりチノパンです。キレイめカジュアルの代表格、アーガイル柄のカーディガンもスッキリと決まり、上品で落ち着きのあるオフスタイルを演出します。
カーディガン+サルエルパンツの着こなし方
ざっくりとして存在感のあるカーディガンも、サルエルパンツとコーディネートすれば一気にイマドキなオシャレな雰囲気に変わります。緩いシルエットは黒やグレーのタイトカラーで引き締めてあげるのがポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP