ボトムス 用語

ボトムス用語集

ボトムス用語集記事一覧

デニムパンツとは

デニムパンツとはデニム生地でできたパンツのことをデニムパンツと呼びます。一般的にはカジュアルファッションもしくは作業着として使われるため、ビジネスファッションには向いていないパンツです。加工方法も様々で「ダメージ加工、ヴィンテージ加工、ユーズド加工、ヒゲ加工、ペンキ加工」など多様な加工を施したデニム...

≫続きを読む

 

カーゴパンツとは

カーゴパンツとはもともとカーゴパンツは作業用のズボンで、貨物船で荷物の上げ下ろしをする人たちがはいていたズボンが原点です。カーゴ(cargo)は貨物を意味しています。カーゴパンツの着こなし方一覧はこちらカーゴパンツの特徴カーゴパンツの一番の特徴は、たくさんのポケットです。太もも部分、お尻、ひざ下など...

≫続きを読む

 

チノパンとは

チノパンとはチノパンとは、チノクロスという生地を用いたパンツ(ズボン)のことです。綿パンと呼ばれることもあります。色はカーキや生成り、茶色が最も多く、黒やネイビーなども見かけます。チノパンの着こなし方一覧はこちらチノパンの素材綿パンという別名が示すとおり綿が基本ですが、ポリエステルを混紡し、防水加工...

≫続きを読む

 

カラーパンツとは

カラーパンツとはカラーパンツとは、様々な色があるジーンズ仕立てのパンツで、カラーデニムと呼ぶこともあります。黒や白、ベージュといった落ちついた色も含みますが、オレンジなどの鮮やかな色もたくさんあります。カラーパンツの着こなし方一覧はこちらカラーパンツの素材ジーンズのように綾織の生地が多いですが、型崩...

≫続きを読む

 

ワークパンツとは

ワークパンツとはワークとは仕事、作業のことで、作業するときにはくパンツをワークパンツと呼びます。ファッションでは実用にも優れている丈夫なパンツを、まとめてワークパンツと言うことが多いです。ワークパンツの特徴ワークパンツは単に作業着ではなくファッションに用いられるアイテムですが、動きやすく丈夫なのが大...

≫続きを読む

 

サルエルパンツとは

サルエルパンツとは股下が深くてゆとりがあり、パンツの裾が絞られたデザインのパンツです。動きやすいメリットがあります。イスラム文化圏の民族衣装が原点と言われています。サルエルパンツの着こなし方一覧はこちらサルエルパンツの歴史もともとはイスラム文化圏の民族衣装のサルールが原点です。サルールはおむつの用に...

≫続きを読む

 

スキニーパンツとは

スキニーパンツとはスキニー(skinny)とは、痩せている、骨と皮という意味があります。スキニーパンツは体のラインにピッタリとフィットしたデザインのパンツです。スリムパンツよりもさらに細いシルエットです。スキニーパンツの素材スキニーパンツは肌に密着したデザインなので、デニムのように固い生地だと脱ぎ着...

≫続きを読む

 

ハーフパンツとは

ハーフパンツとは腿丈からひざ丈、およそ四分丈から六分丈のズボンをハーフパンツと呼びます。ハーフは半分と言う意味ですが、従来の半ズボンよりは長めです。ハーフパンツの街着化ハーフパンツは部屋着、スポーツのユニフォームなどで主に用いられてきましたが、近年はファッションとして、街歩き用の服になっています。男...

≫続きを読む

 

ショートパンツとは

ショートパンツとはショートパンツは短い丈のパンツのことです。ハーフ丈よりも短い丈を指しますが、ハーフパンツもショートパンツと呼ぶこともあります。ショートパンツとハーフパンツの違い一緒にされることも多いですが、ハーフパンツはほぼ腿が隠れるのに対し、ショートパンツは腿が露出します。メンズファッションとし...

≫続きを読む

 

イージーパンツとは

イージーパンツとはイージー(easy)は気楽という意味があり、気楽なパンツをイージーパンツと呼びます。股上が深く全体的にゆったり、ウエスト部分はゴム、紐になっています。裾は絞られていません。イージーパンツの素材イージーパンツには、綿で柔らかな感触の良い素材が向いていますが、あらゆる素材を用います。デ...

≫続きを読む

 

クロップドパンツとは

クロップドパンツとはクロップ(crop)とは、切り落とすという意味があります。長ズボンの裾をパツンと切り落としたようなデザインなので、クロップドパンツと呼ばれます。丈は六分丈から八分丈ぐらいです。クロップドパンツの着こなし方一覧はこちらクロップドパンツの特徴レディースだと裾を絞ったデザインが多いです...

≫続きを読む

 

アンクルパンツとは

アンクルパンツとはアンクル(ankle)とはくるぶしの意味で、くるぶし丈のパンツをアンクルパンツと呼びます。クロップドパンツの一種で、やや長めのクロップドパンツというイメージがあります。アンクルパンツの合わせ方クロップドパンツをいうとスネを露出する着こなしを想像しますが、アンクルパンツはくるぶし丈な...

≫続きを読む

 

レギンスとは

レギンスとはストレッチ素材で作られるボトムスで、足にピタッと密着しているのが特徴です。インナーとして用いることも多く、他のパンツの下から着ることも多いです。タイツの下が切られたようなデザインです。レギンスの素材ストッキングやタイツのような生地を使うことが多いです。化学繊維が多いですが、肌触りを重視し...

≫続きを読む

 

スラックスとは

スラックスとはスーツの下に着るようなパンツを、スラックスと呼びます。フルレングスで、パンツのラインはややゆったりとしています。スラック(slack)とは緩いという意味を持っています。スラックスの特徴ビジネスシーンだけではなく、フォーマル、制服などに用いられます。カジュアル服に比べて股上は深く、タック...

≫続きを読む

 

ジャージとは

ジャージとはジャージは伸縮性のあるニット生地を指す言葉ですが、ジャージ素材を使用したトレーニングウェアを指すことが多いです。伸縮性があるので体を動かしやすく、学校指定の体育着になることも多いです。ジャージの語源ジャージは、イギリス海峡にあるジャージー島が語源になっていると言われています。ジャージー島...

≫続きを読む

 

ブーツカットパンツとは

ブーツカットパンツとはブーツカットとは、ブーツを履くときに便利なようにシルエットを調整したものです。ひざから下の部分に余裕があるので、ブーツを下にして履いてもすっきりします。主にデニムパンツで採用されるシルエットです。ブーツカットチノパンの着こなしはこちらブーツカットの歴史ブーツカットは、元々カウボ...

≫続きを読む

 

シューカットパンツとは

シューカットパンツとはシューカットパンツは、ふくらはぎの後半部分から裾にかけて、パンツの幅がやや広がっているシルエットのパンツです。ブーツカットと似ていますが、その広がりはほんの少しなので、見た目はストレートにしか見えません。シューカットパンツのメリットブーツカットほど裾の幅が広がっていないので、ブ...

≫続きを読む

 

ストレートパンツとは

ストレートパンツとはひざ部分から裾に掛けてのラインがまっすぐに近いパンツを、ストレートパンツと呼びます。すべてのパンツの基本になっていて、微妙なラインの違いでスリムになったりブーツカットになったりします。ストレートパンツの移り変わりストレートパンツは定番中の定番なので、カジュアルファッションだけでは...

≫続きを読む

 

ローライズパンツとは

ローライズパンツとはローライズ(Lowrise)は、低層という意味があります。股上が浅いパンツを低い建物に例えて、ローライズパンツと呼びます。主にレディースファッションで見られますが、デニムを中心にメンズファッションでもローライズを取り入れています。ローライズパンツの特徴メンズのパンツは元々レディー...

≫続きを読む

 

テーパードパンツとは

テーパードパンツとはテーパードパンツは、裾に向かってシェイプされたシルエットのパンツを指します。スリムパンツは太もも部分も細くシェイプされていますが、テーパードパンツの場合はややゆとりがあるのが特徴です。チノパン、カラーパンツ、デニムと様々なパンツで見られます。テーパードパンツの特徴・メリットテーパ...

≫続きを読む

 

ストレッチパンツとは

ストレッチパンツとはストレッチパンツとは、生地に伸縮性のある素材を使用したパンツのことです。デニムやチノパンなど一見伸縮性が無いものでも、ストレッチ素材を使うことで足の曲げ伸ばしがしやすくなります。ストレッチパンツの素材ストレッチパンツに使用される素材は、ポリウレタン弾性繊維です。別名スパンデックス...

≫続きを読む

 

スウェットパンツとは

スウェットパンツとはスウェット生地を使用したパンツを、スウェットパンツと呼びます。吸汗性がいいのでスポーツや部屋着によく用いられていますが、カジュアルファッションでも幅広く使われます。スウェットパンツの特徴スウェットパンツは、スウェット生地を使っているというところが特徴です。裏面はパイル地になってお...

≫続きを読む

 

美脚パンツとは

美脚パンツとは美脚パンツとは、下半身のラインをキレイに見せてくれるパンツのことです。生地はストレッチ素材を使用することが多いです。美脚パンツの特徴美脚パンツは、様々なポイントで体のラインをカバーしてくれます。【お腹】股上のバランスが大事で、通常よりはやや浅めなのがポイントです。【ヒップ】ストレッチ素...

≫続きを読む

 

ノータックとは

ノータックとはタックはつまむという意味があり、布を織りこんだヒダを指します。つまり、ノータックとは、そのヒダが無いことを指します。主にパンツのウエスト部分に付けることが多いです。ノータックのメリット・デメリットノータックのウエスト部分はヒダがないので、スッキリとして見えます。タックがあるとヒップにゆ...

≫続きを読む

 

ツータックとは

ツータックとはツータックとは、2つタックが入った状態のことです。タックとは主に服のウエスト部分に入る、布を折ってつくったヒダのことです。パンツの場合は、ウエスト部分の前にツータックを入れます。ツータックパンツのメリット・デメリットツータックパンツは、太ももからヒップに掛けてゆとりができます。そのため...

≫続きを読む

 

センタープレスとは

センタープレスとはセンタープレスは、パンツの中央に入った折り目のことです。まっすぐに折り目が入ったパンツを、センタープレスパンツと呼びます。センタープレスパンツのメリット縦にまっすぐセンタープレスが入ったパンツを穿くと、縦のラインが強調されて脚長効果があります。そのメリットを活かし、最近ではクロップ...

≫続きを読む

 

テーパードとは

テーパードとはテーパード(tapered)とは、先に行くに連れ細くなっていくことです。主にパンツやシャツのデザインに使うことが多いです。テーパードパンツのメリットテーパードパンツの魅力は、何といっても足をすっきりと細く長く見せる点です。先細りが始まる位置をヒザよりも高くすれば、ヒザの位置が高くあるよ...

≫続きを読む

 

ショーツとは

ショーツとはショーツはshortsと書き、丈の短いボトムスを指す言葉です。アメリカではハーフパンツや半ズボンというイメージがありますが、日本ではパンツとほぼ同じ意味で使われます。また、もう一つ意味があり、女性用の下着を指す言葉でもあります。ショーツの種類ショーツと呼ばれる代表的なアイテムをピックアッ...

≫続きを読む

 

ダメージ加工とは

ダメージ加工とは生地に着古したようなダメージをわざと与える加工を、ダメージ加工と呼びます。穴やほつれなどが特徴で、主にデニム製品によく見られます。デニムはタテ糸がインディゴブルーなのに対し、横糸がまっさらなので、擦り切れたときに白い横糸が出てきます。その感じが独特の風合いを出すので、あえてダメージ加...

≫続きを読む

 

ヴィンテージ加工とは

ヴィンテージ加工とは新品のデニムやレザーなどを何十年もはき古したヴィンテージ品のように見せる技術を、ヴィンテージ加工と呼びます。ダメージ加工と良く似ていますが、穴やほつれなどを集中的に作りだすダメージ加工に比べ、ヴィンテージ加工は全体的に中古感を出すことが目的です。そのため、必ずしも穴があいていると...

≫続きを読む

 

ユーズド加工とは

ユーズド加工とはユーズドとは中古品のことで、中古品に見えるようにする技術を、ユーズド加工と呼びます。ヴィンテージ加工との明確な線引きはありませんが、ユーズドが単に中古を意味するのに対し、ヴィンテージは骨董品のような意味合いを持ちます。そのため、生地の質感だけではなく型も古いものを再現することがありま...

≫続きを読む

 

クラッシュ加工とは

クラッシュ加工とはクラッシュ(crash)には崩れる、砕けるという意味合いがある通り、服をわざと壊れたように見せる加工のことをクラッシュ加工と呼びます。主にジーンズ、デニムジャケットに施すことが多いですが、まれにニット製品でも見られます。主に10代から20代前半の男性に人気があります。クラッシュ加工...

≫続きを読む

 

バーナー加工とは

バーナー加工とはバーナー加工とは、バーナーを用いて衣服をあぶる技術のことです。デニムのような固い生地に用いることが多いです。ヴィンテージ加工によく用いられます。デニムのバーナー加工デニムを広げて、その表面をバーナーの火であぶります。火であぶることによって表面の毛羽立ちを取り除いたり、漂白したりするこ...

≫続きを読む

 

ヒゲ加工とは

ヒゲ加工とはデニム製品は曲げ伸ばししてシワができる部分が色落ちをしますが、その筋状の色落ちを作ることをヒゲ加工と呼びます。筋状の色落ちがヒゲのように見えることから、その名前が付きました。他の加工技術と組み合わせて、よりリアルなユーズド風ジーンズを作ります。ヒゲ加工をする場所ヒゲが多く出る場所は限られ...

≫続きを読む

 

ペンキ加工とは

ペンキ加工とは生地にペンキが飛び散ったような模様を付けることを、ペンキ加工と呼びます。ジーンズ以外にもデニムジャケット、ツナギなどに施すことが多いです。ペンキ加工のやり方ペンキ加工は、ペンキを筆に付けて振り下ろし、滴を飛び散らして行います。スプレーで吹き付けるようにすることもあります。工場で作ったも...

≫続きを読む

 

ウォッシュ加工とは

ウォッシュ加工とは人工的に洗うことで、色落ちや生地を柔らかくする加工をウォッシュ加工と呼びます。デニムの性質縫製されたばかりで何も加工をされていないデニムは、生デニムと呼びます。生デニムの状態では糊が付いていて固く、洗うと色落ちや縮みが生じます。そのため、はきやすくするためにウォッシュ加工を施してか...

≫続きを読む

 

ブラスト加工とは

ブラスト加工とは高圧で砂状の粒子を吹き付けることによって、デニムの色落ちを促す技術をブラスト加工と呼びます。サンドブラストと呼ぶこともあります。ヒゲ加工やバーナー加工など他の技術と組み合わせることによって、中古感をより表現します。ブラスト加工のやり方高圧で砂を拭き付けなくてはいけないため、特殊な装置...

≫続きを読む

 

レーザー加工とは

レーザー加工とは生地にレーザーを当てて、色落ちを促したり模様を浮きあがらせたりする加工技術を、レーザー加工と呼びます。レーザーを当てた部分は色が薄くなるので、その濃淡を活かして加工します。デニムのレーザー加工のやり方ブラスト加工と同じ仕組みで、レーザーを当てた部分の色が落ちるようになっています。レー...

≫続きを読む

 

ピグメント加工とは

ピグメント加工とは特殊な溶剤を使って前処理をした生地に、本来プリントに用いる顔料を使って染める技術をピグメント加工やピグメントダイと呼びます。比較的新しい染色技術で、繊維の奥まで浸透させず表面のみに色をのせます。そのため、洗いに掛けたときの色落ち感が絶妙なバランスで、まるでヴィンテージのような雰囲気...

≫続きを読む

 

ワッシャー加工とは

ワッシャー加工とはワッシャー加工は、生地にシワなど施す加工のことです。洗いざらしの生地のようなシワを付けることから、ワッシャー(ウォッシャー)という名前が付きました。あるいはデニムにおいて中古感を出すために施す洗い加工を指し、ストーンウォッシュやサンドウォッシュなど様々な種類があります。デニムのワッ...

≫続きを読む

 

ノンウォッシュとは

ノンウォッシュとはノンウォッシュ(non wash)とは、工場で生産された直後のまっさらな状態で、洗い加工されていないデニムのことです。生産する時に使った糊が付いた状態で、色も濃いインディゴブルーです。リジッドデニム、生デニム、ロウデニムと呼ぶこともあります。なぜノンウォッシュがいいのかノンウォッシ...

≫続きを読む

 

バイオウォッシュとは

バイオウォッシュとはバイオウォッシュは、セルラーゼという酵素を使って洗い加工をする方法です。セルラーゼは繊維(セルロース)を溶かす作用があるため、適度に洗いに掛けると繊維が柔らかくなります。特にデニムなどの綿素材によく用いられ、加工をわざと強く施して、古着っぽくみせることができます。バイオウォッシュ...

≫続きを読む

 

裾直しとは

裾直しとは裾直しとは、主にパンツやスカートの裾の丈を直す作業のことです。丈を短くしたいときは余分な部分を切ったり縫ったりして裾上げし、丈を長くしたいときは折り目をほどいて裾出しします。裾直しを頼む場所多くの場合、パンツを購入した店で裾直しを頼みます。しかし場合によっては店舗で受け付けていないこともあ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP