マウンテンブーツ 赤

マウンテンブーツ(赤)に合わせる着こなし方

マウンテンブーツ(赤)に合わせる着こなし方

マウンテンブーツ(赤)・半袖シャツ(白)・カットソー(黒)・カーゴパンツ(カーキ)

 

赤のマウンテンブーツにドット柄のシャツを合わせた着こなし画像

 

白のドット柄シャツはきれいめな可愛い印象を持ちますが、その分ボトムスを男性らしくワイルドした着こなしです。特徴のある独特な着こなし方で、片方の白シャツの袖口からカットソーを出し、ボトムスも片方のふくらはぎがあえて見えるように着こなしています。

 

「なんで片方だけ?」と謎に思う人が続出する個性的な着こなし方で一部の若者が取り入れています。ブーツはカーキのパンツと相性がよいワインレッドのブーツがお勧めです。

 

 

マウンテンブーツ(赤)・半袖シャツ(白)・Tシャツ(グレー)・チノパン(ベージュ)

 

赤のマウンテンブーツにベージュのパンツを合わせた着こなし画像

 

ベージュのパンツに赤いブーツは、赤いブーツが主役になります。赤いブーツは白のトップスと合わせやすく挿し色にもなり、トップスの白とグレーの明るさを適度に抑えてくれます。

 

写真ではわかりにくいですが、このコーディネートもシャツがドット柄になっており、ボタンダウンで清潔感があるシャツを選んでいます。袖が少し出るくらいのTシャツを選ぶのもポイントで、二の腕が適度に隠れてくれます。

 

 

マウンテンブーツ(赤)・シャツ(白)・クロップドパンツ(サックス)・ストール(黒)

 

赤のマウンテンブーツにクロップドパンツを合わせた着こなし画像

 

ブーツの赤を際立たせるなら、クロップドパンツはライトな色がオススメです。パンツの裏地はドット柄となっており、ロールアップして組み合わせればフェミニンな印象をもちながら、遊び心やかわいらしさが現われます。

 

トップスの白シャツの明るさを、黒のストールと赤のブーツが押さえ、ストールのグラデーションが爽やかさを強調しています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

赤のマウンテンブーツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

トップスには白シャツを持ってきて、ボトムスにはジーンズを組み合わせます。ジーンズのフロント側の裾を少しブーツにインしてジーンズの足下にクッション性をもたせてあげます。これにより足下にボリューム感が出て全体的なバランスがよくなります。シャツとジーンズはタイトなサイズを選択します。ちなみにジーンズはブルーでもブラックでもOKです。赤のマウンテンブーツということで、結構インパクトがあるのでトップスは柄ものではなくシンプルなデザインがマッチするでしょう。小物は腕時計がシャツの隙間からチラっと見えるとカッコイイですね。【男性 20代】

私が赤のマウンテンブーツを着こなすとしたら、足元にボリュームがあるので全体的なバランスがスッキリとして見える様にタイトなアイテムを意識して使います。下から合わせていくと存在感のあるブーツにはスリムフィットまでいかなくてもテーパード気味の足のラインにそってすっきりして見えるパンツを選びます。カラーはブラック。トップスは今の季節だったら、シンプルにTシャツ一枚ですね、その場合はTシャツもサイズ感にはこだわって適度に体にフィットするものです。【男性 40代】

赤のマウンテンブーツと聞いて私なら迷わず濃い目のデニムをくるぶしくらいまでロールアップしてあわせます。トップスにはタータンチェックのネルシャツでインナーにはあえて無地の白色カットソーで、時計はダイバー仕様のステンレスの時計をチョイスします。あと、首周りにはシンプルなストールを巻き全体的にすっきりとまとめます。【男性 30代】

メッセンジャーを意識したようなファッションに仕上げます。まずトップスには細身で7分袖、Uネックのカットソーを合わせます。カラーはカーキです。ボトムスはベージュカラーのカーゴパンツで、多少ゆとりがあるものの股上があまり深くないものを合わせます。赤のマウンテンブーツの中にカーゴパンツをしまうことはせず、何気なくそれが見えるようにします。【男性 30代】

赤のマウンテンブーツのコーディネートとする場合には、ウエスタン系のハット(茶色系統)のものを使いおしゃれ感を出すことにより、派手な色である、赤のマウンテンブーツから目線をそらすことにより、全体のバランスが良くなります。また、服には、はおりものを使いジーンズにはダメージを使うと、雰囲気が良くなります。【男性 10代】

 

好感のもてる赤のマウンテンブーツに合わせた着こなし方は?【女性へアンケート】

 

赤のマウンテンブーツに合うボトムスは、細身のジーンズだと思います。裾のダブつき感が良い感じになると思います。色は濃い目のモノですね。トップスは白系のシャツで。これで色合わせは完璧だと思いますが、もう1点色を追加するならブラウン系が良いと思います。シューズ、ジャケット、あとはバッグですね。どれかでブラウンのアイテムを加えて欲しいです。【女性 30代】

赤のマウンテンブーツの好きだなと思う着こなしは、ブーツを目出させた方がいいと思うので、洋服はシンプルな方がいいと思います。出来れば、トップスはピッタリしたTシャツを着てボトムは細めのデニムにすればブーツのデザインは、かなり活かされると思います。あと、色は出来ればブラック系でアクセサリーはシルバーのネックレスをさらりと身につけていると良いと思います。【女性 30代】

ブーツに限らず赤を上手にファッションに取り入れるのはとても難しいように感じます。それが靴、しかもブーツとなったら余計難しさを感じます。それを上手に取り入れている人はとても交換が持てます。カーキ色のカーゴパンツなどにさりげなく赤のマウンテンブーツを合わせたりすると、ちょっと買い物で沢山歩くデートなども安心して楽しめるなと感じます。

 

ブーツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マウンテンブーツ(赤)に合わせる着こなし方関連ページ一覧

レザーブーツ(赤)に合わせる着こなし方
定番のレザーハイカットブーツも、シックなワインカラーを選べばコーディネートに色気が増します。赤のレザーブーツを履きこなすコツは、トップスやボトムスはハード目にまとめる事。男らしい濃色コーデが、足元の印象を引き立てます。
レザーブーツ(ブラウン)に合わせる着こなし方
メンズファッションの定番、ハイカットレザーブーツは、デニムやチノパンなど、幅広いボトムスと合わせられます。中でも上品なブラウンは、シャツやカーディガンとのキレイ目コーディネートにぴったりです。
レザーブーツ(黒)に合わせる着こなし方
タフな印象の強いハイカットブーツも、ツヤ感のあるレザー素材なら、上品さもプラスできておススメです。パーカーやカットソー主体のカジュアルコーデと合わせれば、足元から大人っぽい落ち着きが光ります。
レザーブーツ(キャメル)に合わせる着こなし方
品質の良さを感じさせる、本革のキャメルレザーブーツは、カジュアルスタイルに大人っぽさをプラスするのに持って来いのアイテムです。定番のデニムとのコーディネートでも、その存在感で周囲の視線を引きつけます。
マウンテンブーツ(黒)に合わせる着こなし方
黒のマウンテンブーツは、ごついシルエットで男らしさ全開。足元の個性を生かしてハードに見せるだけでなく、大人っぽくスマートに履きこなすコツは、キレイ目スタイルとのコーディネートです。
マウンテンブーツ(ブラウン)に合わせる着こなし方
男らしい足元を演出するマウンテンブーツは、一足は持っておきたいマストアイテムのひとつ。ブラウンのマウンテンブーツをタフに見せるには、靴の個性を生かすため、細身のコーディネートに合わせるのがおススメです。
マウンテンブーツ(グレー)に合わせる着こなし方
ハードな印象のあるマウンテンブーツも、グレーならば上品なタウンユースに早変わり。落ち着いた質感を生かして、シャツやチノパンなどのキレイめアイテムと合わせる事で、大人っぽい品格漂うカジュアルスタイルが完成します。
マウンテンブーツ(チェック柄)に合わせる着こなし方
マウンテンブーツをもっとオシャレに履き回したい時には、チェック柄のアイテムがおススメです。どっしりしたシルエットながら、洗練された印象のあるチェックマウンテンブーツは、どんなコーディネートともぴったりマッチします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP