台湾 服装 10月

台湾嘉義県へ旅行に行った時の服装 体験談(10月)

台湾嘉義県へ旅行に行った時の服装 体験談(10月10日)

10月10日頃に台湾嘉義県・阿里山国家風景区にある阿里山森林鉄路
に乗車するために行ったときのことです。

 

最寄りの嘉義市街地は暖かく、Tシャツに薄手のショートパンツ、ビーチサンダルで
十分でした。その服装のまま路線バスで行ったのですが、ホテルエリアがある阿里山
站付近は標高2,170mと、富士山でいうと5合目付近の標高で、電光掲示板では
19℃と想像していた以上に気温が低く、かなり寒さを感じました。

 

バスから下車するなりダウンを着込み、急いで宿泊先のホテルを探しました。
チェックイン後に、持参した長袖の登山服と靴に着替えました。現地では服を購入
できるような店は見当たりませんでしたが、早朝5時くらいには、鉄道の阿里山火車站
前に屋台の車が出店していて、帽子やジャケットを購入することができるようでした。

 

(34歳 男性 東京都在住)

 

 

 

アジアへ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP