ソウル 服装 1月

韓国のソウルへグルメ旅行へ行った時の服装 体験談(1月)

韓国のソウルへグルメ旅行へ行った時の服装 体験談(1月)

1月20日頃、韓国のソウルに行きました。定例となっている、友人とのグルメ旅行です。毎年この時期に行くことが多いです。服装は、ユニクロのヒートテックのアンダーシャツに、薄手のセーター、そして、ユニクロのダウンジャケットの組み合わせがメインでした。大き目のストールも持って行きました。

 

旅行ですのでレストランで飲食することが多くなりますが、ソウルは辛くて熱い料理が多いので、厚手のニットを着込むと汗が出てきます。薄手で調節できるようにしておくとベストです。また、東大門などのファッションビルでも、十分に暖房が効いているため、小さくたたむことのできるユニクロのダウンは、とても便利です。

 

寒さが厳しいので、手袋・耳あてなどの防寒具はあったほうがよいのですが、よく落としてしまうので、エコバッグなど大き目のカバンがあると便利です。ソウルでは、焼肉やビビンバ、サムギョプサルなど食べるべき料理は多いですが、一番好きなのがタッハンマリです。鶏一匹という意味で、ニンニクたっぷりのスープでじゃがいもと一緒に、鶏丸ごと煮込んであります。

 

寒い季節にぴったりで、ほっかほかに温まりました。また、お買い物の楽しいソウルですが、現地のスーパーマーケットがおすすめです。お土産に喜ばれそうな食材やお菓子類がたくさん。選ぶのがとっても楽しいんです。

 

(43歳 女性 大阪府在住)

 

 

 

アジアへ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP