ネパール 服装 8月

ネパールのカトマンドゥへ1人旅行に行った時の服装 体験談(8月)

ネパールのカトマンドゥへ1人旅行に行った時の服装 体験談(8月10日)

2013年8月10日頃にネパールのカトマンドゥにある世界遺産のダルバール広場
を散策しに行ったとき、私はTシャツに短パン、スニーカー、そしてキャップをかぶり
サングラスをかけた状態で散策に挑みました。

 

8月のネパールは日中の気温が日本(大阪)と同じか少し低い位の気温で、
日本(大阪)ほどジメジメとしている訳ではないので、Tシャツに短パンという姿
でとても快適に過ごすことが出来ました。

 

道路に関しては舗装されていない箇所も非常に多く、足下がとても悪いので、
サンダル等で散策するのではなくスニーカーを履いて散策することをお勧めします。
私のおすすめはスニーカーの中でも靴底にエアーが入った物です。4日間町を
散策し続けましたが、まったくといって良い程足が疲れることはありませんでした。

 

8月のネパール散策にあたって服装で一つだけ注意した方が良いことは、8月の
ネパールはスコールが頻繁に降るので、レインコートや防水加工のされた薄手の
ジャンパーを携帯しておいた方良いということです。これさえ携帯していれば突然
のスコールでも楽しく散策を続けることが出来ます。

 

(31歳 男性 大阪府在住)

 

 

 

アジアへ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP