アジア 旅行 服装

アジアの海外へ行った時の服装 体験談

アジアへ行った時の服装についての体験談

アジア

このカテゴリでは、アジア地域に行く時の服装について迷っている方の参考材料になるよう、実際に行ったことがある方の体験談を募集し掲載しています。

 

アジア地域に行く予定のある方はぜひ確認してみてください。

 

※気温は「時間帯、天気、標高、場所、風速」などの影響で
変わることも視野に入れながら、服選びをしてみてください。

 

体験談一覧

中国の海南島へ行ったときの服装 体験談(3月)
緯度はベトナムと同じほどなので、非常に暖かい場所です。それで、私は下はジーンズで上は半そでのポロシャツで観光しました。実際に、現地で過ごしてみるとちょうど良かったです。
中国の海南島へ友人に会いに行った時の服装 体験談(11月)
現地につくと11月の後半なのに蒸し暑くてびっくりしました。特に、湿度はかなり高くそれだけで蒸し暑さを感じました。夜になると少し涼しく感じますが、日中は半そでで十分に過ごせます。
中国の山東省青島へ旅行に行った時の服装 体験談(11月)
市内の観光は主にバスで巡りました。私は青島は仙台よりも少し寒く感じました。それで、薄手のジャンバーよりももうちょっと厚手の防寒着の方が良かったと思います。
中国の上海へ観光で行った時の服装 体験談(11月)
上は半袖のポロシャツ、その上に薄手の防寒着で、下はジーンズを穿いて、さらに靴はスニーカーで行きました。現地の空港に着くと、自分の服装がちょうど良かったと思いました。
中国の上海と蘇州に観光旅行へ行った時の服装 体験談(7月)
服装については夏の上海は40℃くらいになるので上着は半袖でした。下着もジーパンや短パンを履いたりして動きやすい感じの服装を選びました。
中国の広州市へ観光に行った時の服装 体験談(1月)
そこまで気合を入れていく必要はありません。当日の私の服装は、長袖シャツの上に、ネルシャツを着て、さらにその上に半袖のダウンジャケットを着ました。下はジーンズで、靴はスニーカーです。
中国の広州長安へ出張に行った時の服装 体験談(8月)
長安インターを降りて滞在するホテルまでの道のりを眺めると、上半身裸の人の多いこと。妙にお腹がでているおじさん達が平然と裸で往来してました。カルチャーショックでした。
中国の北京へ友人に会いに行った時の服装 体験談(9月)
多少日本より涼しいかな、というくらいで問題はなかったのですが、昼夜の寒暖の差が結構大きく、夜外を出歩くにはちょっと肌寒い場面もありました。
中国のサンウェイ市へ出張に行った時の服装 体験談(11月)
サンウェイの町に着いて車を降りたら、もわっとした湿気に包まれ、気温はそれほど高くはありませんでしたが暑く感じました。ちょうど日本の梅雨時の晴れの日みたいな感じでした。なので半袖シャツで充分でした。
香港に観光旅行に行った時の服装 体験談(3月)
現地の人は日中は薄着で夜になると少し厚着をしていたので。私もその日の夜は、現地の人も見習ってコートではなく薄手のカーディガンを着ることで快適に過ごせました。
香港へ観光旅行に行った時の服装 体験談 (7月)
現地の女性は、半袖Tシャツに綿や麻のスカート、ショートパンツなど着ている人も多いですが、わたしにとっては、冷え対策の長袖のカーディガン、アームカバー、マスクなどが必需品でした。
香港のマカオにカジノに行った時の服装 体験談(7月)
どこでも冷房が強烈に効いてました。マカオではカジノにも行きましたが、カジノ内は20度を下回っていたようです。余りに寒くて、楽しみにしていたルーレットは集中できずに負けてしまいました。
香港へ出張に行った時の服装 体験談(12月)
香港の12月の気温は20度〜25度ぐらいです。時々半袖の人もいるぐらいです。ですので、町を歩いている人に、コートを着ているような人は誰もいません。
台湾の台北へ観光に行った時の服装 体験談(1月)
マフラーやストールなどちょっとした小物を持っていくと良いかもしれません。現地の人たちにとっては、1月は1年で一番寒いときなので、ダウンジャケットを着ている人もいました。
台湾の台北へ観光に行った時の服装 体験談(2月)
日本で言う春・秋ぐらいの気温です。なので、服装は下はデニム等のズボン、上は肌着を着てその上にシャツを1枚着用し、アウターには春・秋に着るようなやや厚めの長袖で大丈夫でした。
台湾の台北市へ観光旅行に行った時の服装 体験談(3月)
現地の方たちは、冬の厚手のコートにマフラー、手袋と、完全防寒の姿の方が多くみられました。1月から3月が一番寒いとのことでした!雨でも夜市は営業していたので、傘を差しながらですが、楽しく観光することができました。
台湾の台北市へ家族旅行に行った時の服装 体験談(7月)
普通の夏の格好で行きました。Tシャツにデニムだったり、ワンピースを着たり。日本と比べると、湿度も気温も高く、外を歩く時は日傘や帽子など日よけが必須です。
台湾嘉義県へ旅行に行った時の服装 体験談(10月)
最寄りの嘉義市街地は暖かく、Tシャツに薄手のショートパンツ、ビーチサンダルで十分でした。その服装のまま路線バスで行ったのですが
台湾へ新婚旅行に行った時の服装 体験談(11月)
日本では冬のさなかで関西国際空港まではコートを着ていましたが、台北に着いた時点で暑くて脱いでしまい、長袖シャツで過ごしました。そして南部の台南が本当に暑かったです。
タイのバンコクへ観光旅行に行った時の服装 体験談(4月)
外と建物内の温度差が非常に激しいのでスケジュールを確認して長袖のパーカーやトレーナー・カーディガン等を持って行けば良かったと思いました。
タイのバンコクへ水掛け祭りに行った時の服装 体験談(4月)
基本的には日本から持って行った涼しげな服で間違いはなかったのですが、現地で購入したエスニックパンツ、タイパンツが非常に気に入りました。
タイのバンコクへ観光旅行に行った時の服装 体験談(6月)
東南アジアを旅行する際に必需品は折りたたみの傘です。これがあれば日中の暑い時に歩く時は日傘として活躍しますし、スコールの時は雨傘になってくれます。
タイのバンコク近郊へ旅行に行った時の服装 体験談(8月)
熱い国に行くときは靴などは履きなれたものがいいですし、ひざや足の裏を痛めないように、サポーターをしたりすると楽に周れます。物価の安い国に行くときはむしろ汚い格好をしていった方が得します。
タイのバンコクへ観光旅行に行った時の服装 体験談(11月)
飛行機の中ではまだ冬という意識だったので、半そでにはならずに過ごしていました。タイに着いて、降りたらすごく暑かったです。ジメジメした空気で、すぐに半そでになりました。
タイのソンクラーへ遊びに行った時の服装 体験談(10月)
暑いです。雨が止んで、太陽が出てくると1時間ほどで、地面が乾き、何もなかったかのように通常の生活を皆さん送られます。服装としては雨が降っていないなら、半袖、半ズボンで十分です。しかし、気をつけたいのが、タイの暑い日差しです。
マレーシアのクアラルンプールへ仕事で行った時の服装 体験談(8月)
デパート全体がものすごく冷えているのです。入ってすぐに後悔しました。確かに、至る所にパーカーやジージャンのような長袖のものが売っているので、不思議に感じていましたが、よく理解できました。
マレーシアのクアラルンプールへ仕事で行ったときの服装 体験談(10月)
日差しが強くとても暑かったです。しかし外に出ているときはTシャツに短パンで十分なのですが、建物の中やバスや電車の中はエアコンがものすごく効いているためにとても寒く感じました。
マレーシアのボルネオ島へ観光に行った時の服装 体験談(11月)
年中寒い状態に設定されているそうです。マレーシア国内での服装と飛行機の中での服装は違うということを覚えておくと、いい旅行のスタートが切れると思います。
マレーシアへ海外出張した際の服装 体験談(12月)
日本との気温差は実に30℃を越えます。しかも大きいスーツケースとは別に、着ていた厚手のコートも手に持って歩かなければなりません。現地の人からも変な目で見られました。
インドネシアのジャカルタへ観光に行った時の服装 体験談(2月)
ショッピングモールはきんきんにエアコンが効いていますので、寒いくらいです。インドネシアは治安が安定はしていないので、ひったくりなども多いそうです。
インドネシアのバリ島へ観光に行った時の服装 体験談(4月)
太陽がでた日はとても暑く日本の真夏日を連想させるほど汗も沢山でたのを覚えています。暑いときは現地でタンクトップを購入してタンクトップで過ごすことも多くあったほどです。
インドネシアへ旅行に行った時の服装 体験談(11月)
リュックサックだと何度も何度もそのたびにカバンを肩から降ろさなくてはいけません。非常にめんどうです。またひったくりに合いやすい状況だと思います。
韓国のソウルへグルメ旅行へ行った時の服装 体験談(1月)
服装は、ユニクロのヒートテックのアンダーシャツに、薄手のセーター、そして、ユニクロのダウンジャケットの組み合わせがメインでした。大き目のストールも持って行きました。
韓国烏山市へ出張に行った時の服装 体験談(8月)
韓国のお客さんから聞いた話では夏はもの凄く暑く、逆に冬は凍えるほど寒いとのことでした。夜になって日が落ちると多少は涼しくなったのですが蒸していたせいかとても暑く感じてしまいました。
ネパールのカトマンドゥへ1人旅行に行った時の服装 体験談(8月)
日本(大阪)ほどジメジメとしている訳ではないので、Tシャツに短パンという姿でとても快適に過ごすことが出来ました。日本(大阪)ほどジメジメとしている訳ではないので、Tシャツに短パンという姿でとても快適に過ごすことが出来ました。
インドのバンガロールへ観光旅行に行った時の服装 体験談(1月)
チノパンと長袖シャツという定番スタイルで日中は良いものの、朝晩のあまりの寒さには凍えるようでした。風も強く吹いているので、よけいに体感温度が下がります。
ベトナムのハノイへ観光で海外旅行に行った時の服装 体験談(6月)
飛行機の中は寒いのが分かっていましたので、チノパンに長袖のシャツを着ていきました。そしてホテルで短パンに着替えて観光に行くという感じです。
カンボジアのシェムリアップへ観光に行った時の服装 体験談(2月)
道が悪く砂埃がひどいのでストールまたはマスクなどで口元を覆うようにしていました。ノースリーブ等露出の高い格好では観光できない場所もあったので肌を隠すためにもストールは便利でした。
カンボジアのシュムリアップへバックパックで行った時の服装 体験談(8月)
私は日本と同じ感覚の服装で白シャツや長ズボンも持っていきましたが、現地の人たちはほとんどが半袖はズボンであり、あまりにも小綺麗な格好ではかえって目立ってしまうと思います。
カンボジアのシェムリアップに行った時の服装 体験談(9月)
カフェなどは冷房が強いため、織物は必需品です。現地で有名なクロマーというスカーフのようなものが100円から300円程度売っているので、お土産もかねて買うのもいいかもしれません。
ブルネイへ仕事で行った時の服装 体験談(11月)
ブルネイを訪れる人で自分のようにほとんどの時間を公共の乗り物の中や建物の屋内で過ごす予定のある方は、むしろ寒さ対策をしていった方がよいと感じました。羽織ものの持参は必須です。
シンガポールへ観光旅行に行った時の服装 体験談(12月)
現地では真夏です。実際、到着して外に出たら、むーんとした熱気と蒸し暑さを感じました。すぐに着替えて夏スタイルにしました。Tシャツです。3日間滞在しました
シンガポールの観光旅行へ行った時の服装 体験談(7月)
日本の真夏と同じ格好で旅行に出かけました。現地は確かにとても暑いのですが、シンガポールは交通インフラが発達しており、移動は電車かタクシーを手ごろな値段で利用することができます。
シンガポールのダウンタウンコアに観光旅行へ行った時の服装 体験談(9月)
服装は、半袖半ズボンで心地よいくらいでした。観光ということで日によっては長い距離を歩くため、スニーカーでちょうど良かったです。現地で出会う方、観光客も半袖を着用している方がほとんどでした。しかし、移動の飛行機の機内がとても寒く、凍えるほどでした。
東南アジアへ一人旅行にいった時の服装 体験談(9月)
私ははじめベトナムに遊びに行きましたが予想通り気温の変化もなく特に過ごしやすかったです。ただ日本よりは体感的には暑いと感じましたので、特に厚着を持っていく必要などもないかと思いました。

着こなしガイド TOPページへ

 

アジアの海外へ行った時の服装 体験談記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP