メンズ 冬 着こなし

あなたのメンズファッションの冬の着こなしを教えてください。『アンケート回答』

あなたのメンズファッションの冬の着こなしを教えてください。『アンケートの回答』

ベージュの細めのパンツにグレーのジャケットを合わせるのが、私の冬の着こなしの定番です。靴は白のスニーカーを履くことが多いですが黒の革靴を履くこともあります。ジャケットの下には色の薄いセーターを着ることが多いです。セーターはVネックのことが多いですが、タートルネックの時もあります。【男性 30代】

私の冬の着こなしは、アウターは黒のダッフルコートが多いです。それにブラウン系のマフラーを巻きます。インナーは白系のシャツに、グレーのカーディガンを着ています。パンツはベージュ色のパンツで、靴はキャメル色に近い色のブーツを履いています。【男性 20代】 

インナーはパンツを基本にして選んでいます。パンツ(ほとんどチノパン)がベージュなら茶系か青。パンツがモスグリーンなら薄めのグレーかサンドベージュ。靴は茶系です。一番こだわっているのはマフラー。手編みっぽくないウールのものがほとんどで、カーキ色のが多いですが、ほかに茶のリバーシブル(チェックと無地)、正月の初もうでには真っ赤なマフラーというのが、ここ数年の定番で、来年も「勝負マフラー」でお参りします。【男性 30代】

私の冬の着こなしの代表例は、白い無地の長袖カットソーの上に、ビームス発注のモンクレーの黒ウールのダウンジャケットを羽織り、ボトムはジョセフオムで購入したブラウンのウールパンツ、靴はアディダスのスタンスミスを合わせています。一見、普通に見えますが、見れば見るほどおしゃれ感が漂っている格好だと自負しています。【男性 30代】

ホワイトのVネックのTシャツ、その上にグレーの厚手パーカーを羽織り、さらにブラックのダウンベストを着用しています。ボトムは淡いブルーのデニムに、靴はブラックのブーツを履き全体的にシックな色合いでまとめています。全体の色味が抑え目な分、ダウンベストとブーツはレザーにし、素材の持つ光沢と風合いでアクセントを加えました。【男性 20代】

カーキ色とくにグリーンに近いカーキは以外とジーンズのブルーとの色彩の相性がいいので、その組み合わせを使います。例えば冬場には、中に濃い茶やオリーブのフルタートルネックのセーターアウターにジーンズ素材のシャツまたはジャンパーを着る組み合わせです。 春・秋はカーキのパンツの上にあまり脱色していないきちんとしたブルーのジーンズ素材のシャツを着て、きちんとベルトをします。【男性 40代】

インナーは普段着ているようなシャツですが、だいたいその上にカーディガンを着ています。アウターはダウンジャケットを着ることが多いですね。このダウンとカーディガンの色がかぶらないように気をつけています。ボトムは普段と変わらないカーゴパンツで、靴はマウンテンブーツにする割合が多くなります。【男性 20代】

ブラックのコーデュロイのジャケット、明るいカラーのニット(グリーン、ホワイト)、グレーのストレートパンツ、明るめのブラウンのスエードの靴、このスタイルが今の自分の中でのフェイバリットです。全体的に細身のものを好んで着用します。【男性 30代】

インナーは、ヒートテックの上に長袖のシャツを着ています。冬はどちらかというと機能性重視です。アウターはボトムによって変えています。ボトムがジーンズのときは赤いブルゾンを、ボトムが細身のカーゴパンツのときはグレーのPコートを着ています。上下どちらともゆったりか、引き締まるかを統一したほうがかっこよく見えるからです。【男性 20代】

メンズのロングコートを愛用しているのですけれどもスーツの上から着用したり、たたんで手に持つことになりますので、出来るだけシンプルな感じのものを選ぶのを心がけています。昔はトレンチコートなどを、あえて着古した感じにして着ていたのですが、時代に合わなくなってきた気がしてきたので、結局、バルカラーコートにおちつきました。【男性 30代】

基本的にカジュアルな服装が多いので、Tシャツにカーディガン、アウターはPコートが多いですが、たまにミリタリーのモッズコート。ボトムスはゆとりのあるデニムかワークパンツです。柄物はあまり身につけず、気分によって色を変えています。そこまで派手な色はなく、あっても差し色程度に濃い目のピンクや紫を入れ、ベースは黒・茶・グレー・カーキ・ベージュ。帽子はほぼ黒かグレーのニット帽で靴はスニーカーかブーツです。【男性 30代】

一番この季節に多いのは、ボトムスはチノパンか、サルエルパンツで、トップスがフェイクレザーのジャケットか、薄めの色合いのGジャンです。本革のレザージャケットもいいのですが、重さもあるし、硬いのであまり着ません【男性 20代】

黒ニット帽をかぶり、大きめのグレーチェック柄のボア付パーカー、中は黒色の長そでTシャツ(柄はあったりなかったり)、茶色のウォームパンツ、靴はグレーにオレンジ紐と底にオレンジデザインのハイキングシューズ【男性 30代】

お気に入りのコートがナイロン素材の黒いものなのですが、ボトムもこの時期は黒系統のものが多いです。さらに、普段被っている帽子も黒系です。そのため、インナーと靴はできるだけ明るい色になるように心がけています。【男性 30代】

私が今年の冬にする着こなし方は、インナーは紺のボーダーのシャツだったり、白のシャツが多く、それに合わせて、黒のピーコートや赤のダウンジャケットを着たりします。ボトムは主に、チノパンかジーンズを履くことが多く、靴は白のスニーカーか黒のブーツを履いたりします。【男性 20代】

ブラックのMA-1フライトジャケットのコーディネートで注意しているのはやはりサイズ感です。もともとMA-1フライトジャケット自体がボリューム感があるアウターのため、なるべくジャストサイズよりもやや小さめのものを選ぶようにして、シルエットをコンパクトにドカジャンのような野暮ったさがでないように心がけます。また合わせるパンツについても基本的にはスキニーデニムを合わせる事で全体のシルエットにメリハリを付けます。インナーについてはパーカーを合わせる事が多いです。これはジャケット自体の首回りのアクセントがほとんどないため、パーカーなどでほどよくボリューム感を持たせてやる事で視線が顔に集まる事でスタイルをよく見せてくれることと、小顔効果が図れるためです【男性 20代】

昨年から使用しているモッズコートがお気に入りなので、このコートを合わせたコーディネートになります。モッズコートに合わせて、インナーは気分によってチェックのセーターやシャツ、ボトムスはチノパンやジーンズ、そして足下はブラックレザーと言った感じです。【男性 30代】

冬の着こなしの定番にしているのはベルベット素材のトレンチコートにブラウンと白と黒のマルチストライプのマフラーです。ボトムやインナーは茶色のカラージーンズやグレーのスラックスなど何でも合います。ダウンジャケットは流行っていて誰でも着ていますがトレンチだとちょっとクラッシクな感じで個性が出せていると思います。【男性 40代】

インナーは黒系のTシャツです。そしてアウターはチェック柄のネルシャツ(3000円程度で綿製、ポリエステルの裏地があるものが好みです。)ボトムはオーソドックスなデニムパンツ、靴はブラウンの皮のトレッキングシューズ、これにネックウォーマーとニット帽の組み合わせです。お洒落には疎いのですがとにかくアクティブに見えるように気を付けています。 【男性 40代】

インナーはタートルで、アウターはダウンジャケットです。ボトムスは冬ですけどチノ系のパンツ。靴は編み上げのブーツを履きます。色は全体に暖色系でまとめます。価格は一つ当たり5千円くらい。ダウンのみ2万くらいですね。

 

着こなしガイド 【 トップページへ 】

このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたのメンズファッションの冬の着こなしを教えてください。『アンケート回答』関連ページ一覧

センスのいい服装の男性の具体的な着こなしとは?『アンケート回答』
男のセンスのいい服装とは、いったいどういった着こなしになっている人なのか、複数の男性と女性に簡単なアンケートを実施した結果を載せています。ファッションブランドや生地の質以外にも、もっと優先するべきことがあります。
ダサい服装の男の具体的な着こなしとは?『アンケート回答』
男のダサい服装について、いったいどういった着こなしをイメージしているのかを複数の男性と女性に簡単なアンケートを実施した結果を載せています。見た目がよかった高い服を買ったからと言って、ダサくなるかは本人次第です。服を買う前には是非アンケート結果をチャックしてみてください。選ぶべきものが見えてきます。
無難な服装の男の具体的な着こなしとは?『アンケート回答』
男の無難な服装とは、いったいどういった着こなしをイメージしているのか、約20名の男性、約7名の女性に簡単なアンケートを実施した結果を載せています。
部屋着はどんな服装をしていますか?『アンケート回答』
男の部屋着はみんなどんなものを着ているの?というちょっとした疑問の解決のするため、20名の男性と10名の女性に簡単なアンケートを実施した結果を載せています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP